アイ・シャル・ビー・リリースト(I Shall Be Released)

アイ・シャル・ビー・リリースト(I Shall Be Released)
この曲は、「Bob Dylan/ボブ・ディラン」が(The Band/ザ・バンド)に提供した曲。1967年に作者「Bob Dylan/ボブ・ディラン」が録音した楽曲をカヴァー。「Bob Dylan/ボブ・ディラン」録音の正式公開は1971年になり、同録音参加バンドもあった「Band/バンド」が1968年の(The Band/ザ・バン)ドのデビューアルバム「Music From Big Pink/ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」に収録、同曲の初公開ヴァージョンとなっています。「Bob Dylan/ボブ・ディラン」自身のオリジナルはもちろん、ニーナ・シモン、ベット・ミドラー、アニマルズやアーロン・ネヴィルなどさまざまカヴァーバージョンがある名曲。歌詞もディランらしく難解なものとなっています。監獄か収容所のような所に閉じ込められた人間が開放されることを願っているといった内容のようですが・・・・・・・・・・・・・・・。The Bandのリチャード・マニュエルのファルセットの歌声が時に少し掠れ気味の感じで郷愁を誘い一層物悲しく聴こえます。(The Band/ザ・バンド)の解散コンサート「The Last Waltz/ラスト・ワルツ」でも最後の曲がこれでした。

リリース1968
★The Band: I Shall Be Released

1968年のザ・バンドのデビューアルバム「Music From Big Pink/ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」に収録
Richard Manuel: Lead Vocal & Piano
Levon Helm: Back Vocal & Drums
Rick Danko: Back Vocal & Bass
Robbie Robertson: Acoustic Guitar
Garth Hudson: Lowrey Organ

John Simon , Producer

★Bob Dylan - I Shall Be Released

1971年の『グレーテスト・ヒット第2集 (アルバム)』に収録

★1976年The Bandの解散コンサート「The Last Waltz/ラスト・ワルツ」での最後の曲
I Shall Be Released - Bob Dylan and The Band - (The Last Waltz)1976

Accordion, Organ, Saxophone: Garth Hudson
Background Vocals: Bobby Charles
Background Vocals: Dr. John
Background Vocals: Eric Clapton
Background Vocals: Joni Mitchell
Background Vocals: Neil Diamond
Background Vocals: Neil Young
Background Vocals: Ronnie Hawkins
Background Vocals: Van Morrison
Drums, Mandolin: Levon Helm
Drums: Ringo Starr
Electric Guitar: Paul Butterfield
Guitar, Vocals: Bob Dylan
Guitar: Eric Clapton
Guitar, Piano, Vocals: Robbie Robertson
Keyboards, Piano, Vocals: Richard Manuel
Solo Guitar: Ron Wood
Composer: Bob Dylan
..................................................................................................................................

さまざまなカヴァーバージョンから3人のアーティストをビックアップしました。

★Joe Cocker I Shall Be Released (Live at Woodstock 1969)

アルバム: With a Little Help from My Friends
リリース: 1969年


ジャズ歌手。ボブ・ディランのこの曲をカバー
★Nina Simone - I Shall Be Released

アルバム: トゥ・ラヴ・サムバディ
リリース: 1969年

1972
★The Youngbloods - I Shall Be Released

アルバム: High on a Ridgetop
リリース: 1972年

I shall be released
         作詞、作曲はボブ・ディラン

They say ev'rything can be replaced
Yet ev'ry distance is not near
So I remember ev'ry face
Of ev'ry man who put me here
I see my light come shining
From the west unto the east
Any day now, any day now
I shall be released

They say ev'ry man needs protection
They say ev'ry man must fall
Yet I swear I see my reflection
Some place so high above this wall
I see my light come shining
From the west unto the east
Any day now, any day now
I shall be released

Standing next to me in this lonely crowd
Is a man who swears he's not to blame
All day long I hear him shout so loud
Crying out that he was framed
I see my light come shining
From the west unto the east
Any day now, any day now
I shall be released
................................................................................................................................................

日本ではザ・ディランIIが「男らしいってわかるかい」という邦題の日本語詩をつけたカヴァーで話題になりましたが、独断で邦人アーティストを2人ピックアップしました。

中山 容氏の訳で岡林信康氏の歌った「I Shall Be Released」

★岡林信康の「I Shall Be Released」

アルバム: 1973PM9:00→1974AM3:00
リリース: 2006年

I Shall Be Released by Bob Dylan 
(西山 容訳詞 岡林信康歌
バック 加藤和彦 中川イサト)       

1.何時だって何かに包まれ いつだって何かを奪われ
 でもかすかな影が 囲いを超えて
 日はきっと西から東にひかるのだ  
 もう間近 それだけでいいだろう  

2.何時だってとやかくいう 何時だって川は流れ 
 でもみんな身を守り たまらないだろう 
 水はきっと溢れて 低きにつくのだ 
 もう間近 それだけでいいだろう 

3.何時だって外は雲 何時だって転ぶもの 
 でも一筋の光が 道を創り  渡り鳥ゆっくりと 
 渡るだけだ あ~もう間 近 それだけでいいだろう    

    I see my light come shining
    From the west unto the east.
    Any day now, any day now,
     I shall be released
    (英語の箇所は数度繰り返し)


最後に・・・・・・・・。
ロック・ミュージシャンの忌野清志郎氏も日本語でカバーしていたのが有名(発売禁止にした某レコード会社への怒り、憤りをカタチにしたもの)。
★Kiyoshiro Imawano - I shall be released(1988 LIVE)

金子マリのソウルフルなバック・コーラス、言うことナシ…。
アーティスト: RCサクセション
アルバム: コブラの悩み
リリース: 1988年

作詞/忌野清志郎 作曲/ボブ・ディラン

「アイ・シャル・ビー・リリースト」

頭の悪い奴らが 圧力をかけてくる 呆れてもものも言えねえ
またしてもものが言えない 
権力を振り回す奴らが またわがままを言う
おれを黙らせようとしたが かえって宣伝になってしまったとさ

陽はまた昇るだろう このさびれた国にも
いつの日にか いつの日にか 自由に歌えるさ
はめられて消されたくない 好きな歌をうたって
いろんな所にいって 見てきたものをうたうだけさ

陽はまた昇るだろう このさびれた国にも
でたらめな国にも
いつの日にか いつの日にか  自由に歌えるさ
頭のイカれた奴らが 世の中を動かして
この俺の見る夢を 力で押さえつける

陽はまた昇るだろう 東の島にも 
いつの日にか いつの日にか
自由を歌えるさ

陽はまた昇るだろう このさびれた国にも
いつの日にか いつの日にか
自由を・・・
........................................................................................................................................................

The Band バンド / Music From Big Pink + 9 【SHM-CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルロックフォーマットSHM-CDレーベルユニバーサル発売日2016年06月22日商品番


楽天市場



Bob Dylan's Greatest Hits Volume II
Columbia
2009-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック