JAMES TERRA

アクセスカウンタ

zoom RSS クリス・レア(Chris Rea)-1978年、1986年、1989年

<<   作成日時 : 2018/10/09 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クリス・レア
(Chris Rea)
本名:Christopher Anton Rea,
1951年3月4日生まれ
イングランド北東部ミドルズブラ出身
シンガーソングライター/プロデューサー
マルチプレイヤー(ギター・キーボード・ベース・ドラムなど)として活動。ハスキーボイスとスライドギターで知られる。
1973年ローカルバンド「マグダリーン/Magdalene」に参加、1974年にワーナー系列マグネット・レコードと契約。同74年シングル「So Much Love / Born To Lose」でデビューしますが不発。1975年「Beautiful Loners」に参加、タレント・コンテストには優勝しますがデビューには至らず77年に解散。再び1978年ワーナー系列マグネット・レコードからソロシンガーとして初の自己名義のアルバム「何がベニーに起こったか?/Whatever Happened to Benny Santini?」発表。86年には8枚目のアルバム「オン・ザ・ビーチ」をヒット。89年に『ロード・トゥ・ヘル』、91年に『オーベルジュ』、92年に『ゴッズ・グレイト・バナナ・スキン』、93年に『エスプレッソ・ロジック』、96年に『ラ・パッショーネ』、00年に『ブルー・カフェ』、03年に『ストウニー・ロード』。1974年以来となる再デビューシングル「Fool (If You Think It's Over)」が米国で12位(A/C:1位),英国30位、初アルバム「Whatever Happened To Benny Santini?」が米国で49位を記録。70年代末は米国で先行評価され、80年代以降は英国でもスマッシュヒットを続け安定した活動をしています。2010年1月現在で米国6曲,英国39曲がチャートイン、米国A/Cチャート及びメインストリームロックチャートで各々1位1曲、英国でトップ10ヒット1曲を記録しています。他に英国では「Chris Rea & Shirley Bassey」のコラボクレジットで「Disco La Passione」が41位を記録。因みに、ディープパープル加入前のデヴィッドカヴァーデイルと活動してたことも・・・・・・・。
.............................................................................................................................................................
今回、1978年デビュー・アルバム「何がベニーに起こったか?/Whatever Happened to Benny Santini?」、1986年の8枚目のアルバム「オン・ザ・ビーチ」、1989年のアルバム「The Road To Hell」の3枚紹介します。
............................................................................................................................................................

1978年にリリースしたデビュー・アルバム「何がベニーに起こったか?/Whatever Happened to Benny Santini?」。
英国中の腕利きミュージシャンを集め、プロデューサーにエルトン・ジョンで名を上げたガス・ダッジョン氏を起用。
「何がベニーに起こったか?/Whatever Happened to Benny Santini?」からのファースト・シングルで彼のキャリア上、全英チャートで30位、全米チャートでも12位を記録。最大のヒット曲,1978年の初期の大傑作シングル「Fool(If you think it's over)」でグラミーの新人賞を獲得。ウエストコーストロックを彷彿させるようなロックンロールあり、バラードあり、アコースティックありというアルバム。この時まだ20代とは思えない。いい意味で。

1978
Chris Rea
"Whatever Happened to Benny Santini?"
1.Whatever Happened to Benny Santini?/何がベニーに起ったか?
2.The Closer You Get/クローサー・ユー・ゲット
3.Because of You.../君のために
4.Dancing with Charlie/チャーリーとダンスを
5.Bows and Bangles/リボンと指輪
6.Fool (If You Think It's Over)/フール
7.Three Angels/3人の天使たち
8.Just One of Those Days/あの頃
9.Standing in Your Doorway/ドアにたって
10.Fires of Spring/春の嵐

Producer Gus Dudgeon

Personnel
Chris Rea - vocals, guitar, keyboards, synthesizer
Robert Ahwai - guitar
Eddie Guy - guitar
Paul Keogh - guitar
Phil Curtis - bass
Pat Donaldson - bass
Dave Markee - bass
Eoghan O'Neill - bass
Rod Argent - keyboards, electric piano
Kevin Leach - keyboards
Max Middleton - keyboards
Pete Wingfield - keyboards, piano

Whatever Happened to Benny Santini?


The Closer You Get


Because Of You


"Fool If You Think Is Over"

これも素晴らしいAOR
.................................................................................................................................

Chris Reaの8枚目のアルバム、86年作「オン・ザ・ビーチ」。表題曲のシングルは日本でも大ヒット。シングル曲「オン・ザ・ビーチ」は2つのバージョンがあって、88年に大ヒットを飛ばしたアップテンポバージョンと、本作収録のオリジナルバージョンがあります。また、スライドギターで泥臭いブルースが得意…。声が味わい深くて何度も聴いてしまう。

1986
Chris Rea
"On the Beach"
1. On The Beach(UK #57)
2. Little Blonde Plaits
3. Giverny
4. Lucky Day
5. Just Passing Through
6. It's All Gone(UK #69)
7. Hello Friend(UK #79)
8. Two Roads
9. Light Of Hope
10. Auf Immer Und Ewig

Producer Chris Rea, David Richards

Personnel
Chris Rea – vocals, guitars, keyboards, piano, fretless bass, bits
Max Middleton – piano, Rhodes
Kevin Leach – keyboards
Eoghan O'Neill – bass
Dave Mattacks – drums
Adrian Rea – drums
Martin Ditcham – percussion
Robert Awhai – guitars

On The Beach(UK #57)

オリジナルバージョン

Giverny

Chris Reaの低音ハスキー・ヴォーカルの魅力を堪能。個人的に気に入ってる

Lucky Day

トロピカルなテイストの仕上がり

Light Of Hope



Auf Immer Und Ewig

ドイツ映画『Auf Immer und Ewig(邦題:永遠の想い)』のサントラ用に書かれた曲
.......................................................................................................................

Chris Rea "The Road To Hell" (1989)
"The Road To Hell"" が初めてイギリスのチャートを制覇したアルバムであり、シングル・カットの "The Road To He (part2)" もトップ10に食い込み、自身の最高位を記録。各国でもヒットを記録し、クリスレアの名を不動の地位まで築いた。日本であまりヒットしていないが・・・・。ヨーロッパ臭さ満載のロックは名盤の名盤。事実ヨーロッパで爆発的ヒットを記録。

1989
Chris Rea
"The Road To Hell"
1. The Road To Hell Part 1
2. The Road To Hell Part 2
3. You Must Be Evil
4. Texas
5. Looking For A Rainbow
6. Your Warm And Tender Love
7. Daytona
8. That's What They Always Say
9. I Just Wanna Be With You
10. Tell Me There's A Heaven

Producer Jon Kelly, Chris Rea

Personnel
Chris Rea — vocals, guitar, keyboards, producer
Robert Ahwai — guitar
Eoghan O'Neill — bass
Kevin Leach — keyboards
Max Middleton — piano, string arrangements (cut 10)
Martin Ditcham — drums, percussion
Linda Taylor, Karen Boddington, Carol Kenyon — additional vocals

The Road to Hell


Texas


Looking For A Rainbow


I Just Wanna Be With You



この楽曲に歌詞を抜粋してみました。
Tell Me There's A Heaven(天国があるか教えてください.)


歌詞
The little girl she said to me
What are these things that I can see
Each night when I come home from school
When mama calls me in for tea
On every night a baby dies
And every night a mama cries
What makes those men do what they do
To make that person black and blue

Grandpa says they're happy now
They sit with God in paradise
With angels wings and still somehow
It makes me feel
Like ice

Tell me there's a heaven
Tell that it's true
Tell me that there's a heaven
Where all those people go
Tell me that they're happy now
Papa tell me that it's so

So do I tell her that it's true
That there's a place for me and you
Where hungry children smile and say
We wouldn't have no other way
That every painful crack of bone
Is a step along the way
That every wrong done is a game plan
To that great and joyful day

And I'm looking at the father and the son
And I'm looking at the mother and the daughter
And I'm watching them in tears in pain
And I'm watching them suffer
Don't tell that little girl
Tell me

Tell me there's a heaven
Tell that it's true
Tell me that there's a heaven
Where all those people go
Tell me that they're happy now
Papa tell me that it's so
...............................................................................................................................

PS

クリス・レアの2006年のツアーから収録されたライヴ盤

Chris Rea - The Road to Hell & Back - The Farewell Tour 2006 (Live)

Track List:
01. Jazzy Blue
02. That's The Way It Goes
03. Where The Blues Come From
04. Josephine
05. Work Gang
06. Head Out On The Highway
07. Easy Rider
08. 'Til The Morning
09. Stony Road
10. KKK Blues
11. Julia
12. Stainsby Girls
13. Somewhere Between Highway 61 & 49
14. I Can Hear Your Heart Beat
15. The Road To Hell
16. On The Beach
17. Let's Dance
Bonus Track:
18. Fool (If You Think It's Over)
.............................................................................................................................................

Chris Reaのアルバムの紹介

Whatever Happened to Benny Santini? (1978)
Deltics (1979)
Tennis (1980)
Chris Rea (1982)
Water Sign (1983)
Wired to the Moon (1984)
Shamrock Diaries (1985)
On the Beach (1986)
Dancing with Strangers (1987)
The Road to Hell (1989)
Auberge (1991)
God's Great Banana Skin (1992)
Espresso Logic (1993)
The Blue Cafe (1998)
The Road to Hell: Part 2 (1999)
King of the Beach (2000)
Dancing Down the Stony Road (2002)
Blue Street (Five Guitars) (2003)
The Blue Jukebox (2004)
Blue Guitars (2005)
Road to Hell & Back (2006)
The Return of the Fabulous Hofner Blue Notes (2008)

.................................................................................................................................................

WHATEVER HAPPENED TO BENNY SANTINI ?
Wea International
1989-05-17
Handel

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



輸入盤 CHRIS REA / ON THE BEACH [CD]
ぐるぐる王国DS 楽天市場店
詳しい納期他、ご注文時はお支払・送料・返品のページをご確認くださいCHRIS REA / ON TH


楽天市場



輸入盤 CHRIS REA / ROAD TO HELL [CD]
ぐるぐる王国DS 楽天市場店
詳しい納期他、ご注文時はお支払・送料・返品のページをご確認ください発売日1989/11/6CHRIS


楽天市場



Road To Hell & Back
Polyd
2006-10-20
Chris Rea

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリス・レア(Chris Rea)-1978年、1986年、1989年 JAMES TERRA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる