ボブ・ベネット(Bob Bennett)-"Matters of The Heart"1982

ボブ・ベネット
(Bob Bennett)
1955年3月21日生まれ
カリフォルニア州 ダウニー出身
ギタリスト/シンガーソングライター
彼の独特のバリトンの声、キリスト教の歌詞、フォークにインスパイアされたギターの演奏で知られています。9歳でギターを取得して、ハイスクールでロックンロール・バンドを結成。1979年のフォークスタイルのデビュー作「 First Things First」をリリース。 1990年にビルボード誌のトップ・コンテンポラリー・キリスト教のチャートで30位 。1990年代初めにキリスト教のラジオ・チャートで1位。ボブ・ベネットの音楽は、CCM(contemporary Christian music)というジャンルに分類されるようです。
.............................................................................................................

1982年にリリースされた、ボブ・ベネット(Bob Bennett)のセカンド・アルバム『マター・オブ・ザ・ハート(Matters of The Heart)』を紹介。

アコースティックなサウンドをメインに奥行きのある作品を聞かせるSSW。80年代の音を柔軟に取り入れながら、しっかりと芯のある歌を聴かせてくれます。

1982
Matters of The Heart ~Bob Bennett
01. Matters of the Heart(03:30)
02. Falling Stars(03:06)
03. Mountain Cathedrals(04:54)
04. 1951(03:07)
05. A Song About Baseball(03:20)
06. Madness Dancing(03:17)
07. Together All Alone(02:47)
08. Beggar(03:55)
09. Come and See(02:50)
10. Heart of the Matter(06:11)

Producer/Jonathan David Brown

Personnel
Bob Bennett – acoustic guitar, vocals, composer
Steve Swinford – acoustic guitar (track 3)
Hadley Hockensmith – electric guitar
Don Gerber – banjo
Mark Davis – hammer dulcimer
John Patitucci – acoustic and electric bass
Keith Edwards – drums
John Ferraro – drums
Alex MacDougall – percussion
Roby Duke – background vocals
Kelly Willard – background vocals
Jonathan David Brown – producer, recording, mixing
Smitty Price – keyboards, charts, track arrangements

Matters of the Heart


Mountain Cathedrals


1951


Madness Dancing


A Song About Baseball

...................................................................................................................
Matters of The Heart ~Bob Bennett
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック