追悼、グレッグ・オールマン(Gregg Allman)2011年、1973年

グレッグ・オールマン
(Gregg Allman)
2017年5月27日にGregg Allman(グレッグ・オールマン)が69歳でこの世を去りました。公式サイト(https://www.greggallman.com/)によると、ジョージア州のサバンナの自宅で安らかに眠ったそうです。肝臓ガンの合併症のためだそう。

本名、グレゴリー・ルノワール・オールマン(Gregory Lenoir Allman')
1947年12月8日生まれ
テネシー州ナッシュヴィル出身
アメリカ合衆国のミュージシャン。サザンロックのバンド、オールマン・ブラザーズ・バンドのボーカリスト兼オルガンプレイヤーとしてよく知られる。同バンドのギタリスト、デュアン・オールマンは彼の兄。1960年代後半に、ギタリストで兄のデュアン・オールマンとともにオールマン・ブラザーズ・バンドを結成。1971年にニューヨークで録音したライブアルバム「At Fillmore East」がヒットし、ビルボードのアルバム・チャートで13位を記録。しかしながら、アルバムの発売から間もなく、兄のデュアン・オールマンがオートバイ事故で死亡。さらに翌年、バンドのベーシストを務めたベリー・オークリー(Berry Oakley)もオートバイ事故で他界。困難に見舞われながらも、最終的に、アルバムは100万枚以上のセールスを記録、バンドはサザンロックの代表格として、確固たる地位を築いた。1975年には歌手で女優のシェール(Cher)と結婚したが、1979年に破局を迎えた。1995年に、オールマンブラザーズバンドはグラミー賞で最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞を獲得。同年、ロックの殿堂入りを果たした。2012年には、レコーディング・アカデミーから特別功労賞を授与された。2017年、グレッグは6月より演奏活動を再開する予定であったが、3月に全てのショーやツアーのキャンセルを発表。健康状態が危ぶまれていたが、惜しくも2017年5月27日ジョージア州のサバンナの自宅で死去、享年69歳。
余談ですが、オールマン・ブラザースは偉大なるバンド(アメリカの3大バンド(ザ・バンド、デッド)と言われた)でしたが、なぜか不幸の影が付きまといますが・・・・・・・・・・。デュアンの事故に続き、ベリー・オークリー(b)がやはりバイク事故で亡くなります。そして今年のブッチ・トラックスの自殺と。そしてグレック・オールマンが亡くなりました。
...............................................................................................................................

初めて、ライヴ盤「At Fillmore East」を聴いた時は、ラジオでした、スライドギターとソウルフルなヴォーカルとキーボードがめちゃカッコよかった。こんなバンドがあったんだ!?と。レコ屋で「A」の箱に「The Allman Brothers Band」の名前を見かけていたのを、と記憶してて。
それから、「At Fillmore East」をきっかけに、「Eat a Peach」、「The Allman Brothers Band」(1stアルバム)、グレッグ・オールマンのソロアルバム「Laid back」と・・・・・・・・・・。オールマン・ブラザーズは、曲だけでなく、69年デビュー当時、南部で白人と黒人がコラボするのもご法度の時代に、一緒にバンドを組んで活動することは、衝撃的でした。

これまでメンバーの死を乗り越え、解散と再結成を繰り返しながら、綿々と続いてきたオールマン・ブラザーズ・バンドの長い歴史も、いよいよ終止符が打たれることになりそうだと覚悟はしていましたが、実際にグレッグ・オールマンの訃報に・・・・・・・・・・その喪失感は半端てありません。1970年代のサザンロックを代表するグループであることはもちろん、オールマン・ブラザーズ・バンド自身が築いた栄光はもちろん、後続へ与えた影響も計り知れません。テデスキ・トラックス・バンドやガヴァメント・ミュール、マーカス・キング・バンドなどなど。ブルースをベースにした南部系ロック・バンドは全て、オールマン・ブラザーズ・バンドの影響下にあると言っても過言ではない。グレッグ・オールマンの、あの土っぽく、ざらついた歌声を、もう2度と聴くことが出来ない・・・・・。

スタジオアルバムは14年振り7作目のソロ作品"Low Country Blues"。Tボーン・バーネット( T-Bone Burnett )がプロデュースし、ドイル・ブラムホールⅡ( Doyle Bramhall Ⅱ)、ドクター・ジョン( Dr. John )が参加しています。

2011
Gregg Allman
"Low Country Blues"
1 Floating Bridge (Sleepy John Estes)
2 Little By Little (Junior Wells)
3 Devil Got My Woman (Skip James)
4 I Can’t Be Satisfied (Muddy Waters)
5 Blind Man (Bobby Bland)
6 Just Another Rider (Gregg Allman & Warren Haynes)
7 Please Accept My Love (BB King)
8 I Believe I’ll Go Back Home (Traditional)
9 Tears Tears Tears (Amos Milburn)
10 My Love is Your Love (Samuel Maghett)
11 Checking On My Baby (Otis Rush)
12 Rolling Stone (Traditional)

Personnei
Gregg Allman – vocals, B3, acoustic guitar
Jay Bellerose – drums, percussion
Dennis Crouch – double bass
Doyle Bramhall II – guitar
T Bone Burnett – guitar on songs 1, 4, 6, 7, 8, 11
Dr. John – piano
Hadley Hawkensmith – guitar on "Floating Bridge"
Colin Linden – dobro on "Devil Got My Woman", "Rolling Stone"
Lester Lovitt – trumpet on "Blind Man"
Daniel Fornero – trumpet on "Blind Man"
Joseph Sublett – tenor sax on songs 5, 6, 7, 9, 11
Thomas Peterson – baritone sax on songs 5, 6, 7, 9, 11
Jim Thompson – tenor sax on songs 5, 6, 7, 9, 11
Darrell Leonard – horn arrangements on songs 5, 6, 7, 9, 11, bass trumpet on 6, 7, 9, 11 trumpet on 7, 9, 11
Vincent Esquer – guitar on "Just Another Rider"
Mike Compton – mandolin, background vocals on "I Believe I'll go Back Home"
Judith Hill – background vocals on "My Love Is Your Love"
Alfie Silas-Durio – background vocals on "My Love Is Your Love"
Tata Vega – background vocals on "My Love Is Your Love"
Jean Witherspoon – background vocals on "My Love Is Your Love"
Bill Maxwell - background vocals arrangements on "My Love Is Your Love"

Other credits
T Bone Burnett – Producer
Ivy Skoff – Production Coordination
Gavin Lurssen – Mastering
Mike Piersante – Engineer, Mixing
Vanessa Parr – 2nd Engineer
Zachary Dawes – 2nd Engineer
Kyle Ford – 2nd Engineer
Jason Wormer – Editing
Emile Kelman – Editing
Paul Ackling – Guitar technician
Danny Clinch – Photography
Larissa Collins – Art Direction, Design

Floating Bridge


Devil Got My Woman


Just Another Rider


Please Accept My Love


My Love Is Your Love


Rolling Stone


....................................................................................................................................

グレッグの1973年、最初のソロアルバム『Laid Back』は当たりました。それまでのオールマン・ブラザースのブルース色はなくなり、ゆったりとした雰囲気でジャクソン・ブラウンの曲なども取り上げ、レイドバックという言葉が大流行になり、音楽業界以外でも使われるほどでした。クラプトンなどもこぞってレイドバックしました。

1973
Gregg Allman
" Laid Back"
1. Midnight Rider
2. Queen Of Hearts
3. Please Call Home
4. Don't Mess Up A Good Thing
5. These Days
6. Multi-Colored Lady
7. All My Friends
8. Will The Circle Be Unbroken

Personnel
Gregg Allman – vocals, organ, acoustic guitar
Bill Stewart – drums
Chuck Leavell – acoustic and electric pianos, vibes
Tommy Talton – acoustic, electric and slide guitars, dobro and tambourine
Scott Boyer – acoustic, electric and steel guitars, electric piano
David Brown – bass
Buzz Feiten – guitar
Charlie Hayward – bass
Paul Hornsby – organ, keyboards, clavinet
Jai Johanny Johanson – percussion, conga
Carl Hall – background vocals
Hilda Harris – background vocals
Cissy Houston – background vocals
Emily Houston – background vocals
June McGruder – background vocals
Helene Miles – background vocals
Linda November – background vocals
Eileen Gilbert – background vocals
Maretha Stewart – background vocals
Albertine Robinson – background vocals
Jim Nalls – guitar
David "Fathead" Newman – saxophone
Johnny Sandlin – bass
Butch Trucks – percussion, cabasa
Ed Freeman – strings
Max Cahn – violin
Tony Posk – violin

"Laid Back" - Full Album



..........................................................................................................................

おまけ

The Allman Brothers Band - One Way Out - Eat A Peach (1972)

Duane Allman- Lead and Slide Guitar
Dicky Betts-Lead Guitar
Berry Oakley-Bass
Butch Trucks-Drums
Jaimoe Johnson-Drums
Gregg Allman-Organ-Vocals


"Statesboro Blues" with Taj Mahal and Gregg Allman


............................................................................................................................................

グレッグ・オールマンのご逝去、心よりご冥福をお祈りいたします。
............................................................................................................................................

Low Country Blues
Rounder / Umgd
2011-01-18
Gregg Allman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Low Country Blues の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



レイド・バック
ユニバーサル ミュージック
2016-06-22
グレッグ・オールマン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レイド・バック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



グレッグ・オールマン・ツアー(紙ジャケット仕様)
ユニバーサル ミュージック
2016-10-26
グレッグ・オールマン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グレッグ・オールマン・ツアー(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



オール・マイ・フレンズ
ユニバーサル ミュージック
2014-06-04
グレッグ・オールマン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オール・マイ・フレンズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Gregg Allman Live: Back To Macon, Ga (2CD+Blu-Ray)
ROUNDER
2015-08-07
Gregg Allman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Gregg Allman Live: Back To Macon, Ga (2CD+Blu-Ray) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






The Best of Gregg Allman
Imports
Gregg Allman

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Best of Gregg Allman の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック