ドウェイン・フォード(Dwayne Ford)--"Needless Freaking"1982

ドウェイン・フォード
(Dwayne Ford)
1953年生まれ
カナダのエドモントン出身
シンガー・ソングライター/キーボード奏者/プロデューサー
高校生の頃にはプロ級の腕前を身につけて、自身のバンド、ベアフットを結成。アルバム・デビュー。バンド解散後は裏方として映画音楽の世界で活躍、多くのアーティストと共演・共同プロデュースを行うようになる。80年代に入り、同じカナダ出身で旧知の仲であったD.フォスターと活発に交流。それにともなってTotoの面々やらドノヴァンやらジェイ・グレイドンやらやたらと豪華なメンバーと繋がっていく。1981年にはD.フォスターの後押しもあって、ソロ・デビュー。そして、フォスターの全面バックアップのもとに仕上がったアルバムがこの「Needless freaking」。ソロ名義アルバムはソニー系から5枚リリースされているのだが、当時、日本でリリースされたのはこの「Needless freaking」だけとなっている。このソロ・デビュー作は、D.フォスターとJ・グレイドンがAORの一大傑作『ロマンティック/エアプレイ』を発表した直後のAOR黄金期ともいえる1981年、D.フォスターをプロデューサーに迎え、J.ポーカロ、S.ルカサーらTOTO一派を中心にトップ・ミュージシャンを従え制作され、発売当時日本では高い評価を受けたものでした。このアルバムの魅力はD.フォスターというより、参加しているTOTOのスティーブルカサーとジェフポーカロが全快にハードロックしている点。TOTOでいえば「ハイドラ」~「ターンバック」の頃ハイドラは1981年発表ですから、本作と同じ時期。世界的にはまったくヒットしませんでしたが、当時LPは日本用にジャケットが変更されるなど、日本では特に人気が高いAOR作品として知られている。
.......................................................................................................................................................................
1981年、D.フォスターをプロデューサーに迎え、J.ポーカロ、S.ルカサーらTOTO一派を中心にトップ・ミュージシャンを従え制作された、非常に純度の高いAORらしい作品。このアルバムでは全8曲中、6曲でD.フォスターがプロデュースを行っています。もともと、このアルバムの以前から二人の繋がりありl、1977年に同じくD.フォスターがプロデュースしたアルバム「The Keane Brothers」に収められたヒット曲「Sherry」は、何とDwayne Fordの作曲。

当時、私はレコード店で当然のごとくまずこのジャケット写真を見て手が止まってしまいました。それから、後ろのクレジットを見て納得・・・購入という感じでした。

1982
Dwayne Ford
"Needless Freaking"
1. Lovin' And Losin' You
2. Am I Ever Gonna Find Your Love
3. Stranger In Paradise
4. The Harricane
5. Midnight Ride
6. There's A Life In Me
7. The American Blues
8. The Best Will Survive

Producer-Dwayne Ford/David Foste/Ken Friesen

Musicians:
Dwayne Ford : Acoustic Piano, Fender Rhodes, Hammond Organ, Prophet5 & OBX Oberheim Synthesizer
David Foster : Fender Rhodes
Mike Baird, Jeff Porcaro & Barry Keane : Drums
Neil Stubenhaus, Mike Porcaro & Dennis Pendrith : Bass
Steve Lukather, Mike Francis, Jay Graydon & David Bendeth : Guitars
Earl Seymour : Tenor Saxophone
Dwayne Ford : Lead vocals
Background vocals (Arranged by Dwayne Ford) : Dwayne Ford & Patricia Gallant

1. Lovin' And Losin' You

Bass-Mike Porcaro
Drums-Jeffrey Porcaro
Guitar-Steve Lukather
Keyboards-Dwayne Ford

2 Am I Ever Gonna Find Your Love

Mike Baird : Drums
Neil Stubenhaus : Bass
Steve Lukather : Guitar
David Foster : Fender Rhodes
Dwayne Ford : Keyboards
David Bendeth : Guitar

3. Stranger In Paradise

Bass-Mike Porcaro
Drums-Jeffrey Porcaro
Guitar-Steve Lukather
Keyboards-Dwayne Ford
Sax-Earl Seymour

4. The Harricane

Bass-Mike Porcaro
Drums-Jeffrey Porcaro
Guitar-Steve Lukather
Keyboards-Dwayne Ford
Sax-Earl Seymour

5. Midnight Ride

Bass-Mike Porcaro
Drums-Jeffrey Porcaro
Guitar-Steve Lukather
Keyboards-Dwayne Ford
Keyboards-David Foster
Sa- Earl Seymour

6. There's A Life In Me

Bass-Dennis Pendeth
Drums-Barry Keane
Guitar-Mike Francis
Keyboards-Dwayne Ford

7. The American Blues

Bass-Dennis Pendeth
Drums-Barry Keane
Guitar-Mike Francis
Keyboards-Dwayne Ford
Sax-Earl Seymour

8.The Best Will Survive

エアプレイのグレイドン様参加 
Bass-Neil Stubenhaus
Drums-Mike Baird
Guitar-Steve Lukather
Guitar-Jay Graydon
Keyboards-Dwayne Ford
Keyboards-David Foste
..................................................................................................................................
Dwayne Ford / Stranger In Paradise 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
Dwayne Ford / Stranger In Paradise 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック