スティーヴ・ポーカロ(Steve Porcaro)-"Someday/Somehow"2016

スティーヴ・ポーカロ
(Steve Porcaro)
本名、スティーヴン・マクスウェル・ポーカロ
1957年9月2日生まれ
コネチカット州 ハートフォード出身
ミュージシャン/キーボード奏者
ジェフ・ ポーカロ、マイク・ポーカロの兄たちとともにTOTOのメンバーとして有名。1978年に兄やスティーヴ・ルカサーらとTOTOを結成。世界的なヒットを放つポップ・グループの一員として活躍。1986年の『ファーレンハイト』をもって脱退、以降もセッション・ミュージシャンとして作品や期間限定の再結成ツアーに参加。また、数多くのアーティストの作品や映画音楽など手掛ける。
........................................................................................................................
スティーブの兄は、若くして亡くなった故Jeff Porcaro(ジェフ・ポーカロ)、そして治療法のないALSという難病にかかり何年も何年も苦しんだ末、1992年(満38歳没)亡くなった、次男の敏腕ベーシスト、Mike Porcaro(マイク・ポーカロ)である。この3兄弟、3人ともが、カリスマ的なミュージシャン。
............................................................................................................................

2016年アルバム
TOTOのキーボード奏者スティーヴ・ポーカロ(Steve Porcaro)が初ソロ・アルバム『Someday/Somehow』
スティーブは1983年頃から制作を行っていたらしく、作品全体が80年代のAORサウンドそのもの。しかも非常にアダルト・コンテンポラルで耳にやさしく心地よいサウンドで全編が貫かれている。プレスリリースによれば、収録曲「Back To You」はもともと、1983年にTOTOのメンバーと一緒にレコーディングした楽曲で、亡くなったスティーヴの兄弟2人、ジェフ・ポーカロ(Jeff Porcaro)とマイク・ポーカロ(Mike Porcaro)も参加しているとのこと。スティーヴは7曲でリード・ヴォーカルを担当、また「Swing Street」「Night Of Our Own」ではマイケル・マクドナルド(Michael McDonald)がヴォーカルを担当。ほか、ジェイミー・キメットが「She’s So Sky」と「Face Of A Girl」を、マイケル・シェアウッドが「Make Up」を、マヴゥート・カーペンターが「Painting By Numbers」を歌っているようです。また長年のコラボレーターであるマーク・ボニーラ(Marc Bonilla)、そしてTOTOのメンバーであるスティーヴ・ルカサー(Steve Lukather)、レニー・カストロ、シャノン・フォレストもアルバムに参加。

(輸入盤)
2016
Steve Porcaro
"Someday/Somehow"(CD)
01 - Ready Or Not(Steve Porcaro, Michael Sherwood & Jamie Kimmett)
02 - Loved By A Fool(Steve Porcaro & Michael Sherwood)
03 - Someday/Somehow(Steve Porcaro & Michael Sherwood)
04 - Swing Street(Steve Porcaro & Michael Sherwood)
05 - She's So Shy(Steve Porcaro, Michael Sherwood & Jamie Kimmett)
06 - Back To You(Steve Porcaro)
07 - Face Of A Girl(Steve Porcaro, Michael Sherwood & Jamie Kimmett)
08 - To No One(Steve Porcaro & Michael Sherwood)
09 - Make Up(Steve Porcaro & Michael Sherwood)
10 - She's The One(Steve Porcaro & Michael Sherwood)
11 - Night Of Our Own(Steve Porcaro, Michael Sherwood & Jamie Kimmett)
12 - Painting By Numbers(Steve Porcaro, Michael Sherwood & Robinson)
13 - More Than I Can Take(Steve Porcaro)

Produced by Steve Porcaro
Co-Produced by Michael Sherwood
Recorded at Porcara Musica, Valley Village, California
Engineered by Forrest Riege, Ryan Johnson & Mike Ging
Mixed & Mastered by John Paterno
Strings :
Songa Lee, Marisa Kuney & Darrin McCann :Violin
Timothy Loo : Cello
Strings Recorded by David Davis at TudorTones Studios, Valley Village
Horns :
Carl Saunders : Trumpet
Scott Whiitfield : Trombone
Chuck Manning : Sax


Steve Porcaro (Chant/Claviers)
Jamie Kimmett(Chant;)
Jeff Porcaro(Batterie;),
Lenny Castro(Batterie;)
Mabvuto Carpenter(Chant;)
Marc Bonilla (Guitares;)
Michael McDonald(Chant)
Michael Sherwood(Chant)
Mike Porcaro(Basse;)
Shannon Forrest(Batterie;)
Steve Lukather(Guitares;)
ほか

02. Loved By A Foo

Drums – Robin Dimaggio
Percussion – Lenny Castro
Recorded By – Ed Cherney
Written-By, Backing Vocals – Michael Sherwood
Written-By, Lead Vocals – Steve Porcaro

06 -Back To You

ドラムの故ジェフ、ベースの故マイクと3兄弟でのセッションが実現して貴重な音源だと思う

マイケル・マクドナルドのヴォーカル。全編に流れるストリングスとアコギのアルペジオが細かい
11. NIght of Our Own

Lead Vocal: Michael McDonald
Drums: Rick Marotta (Steely Dan)
Guitars: Steve Lukather(TOTO)
Acoustic Guitar: Jimmy Haun
Percussion: Lenny Castro
Synths: John Van Tongeren
Backing Vocals: JJamie Kimmett, Steve Porcaro

13. More Than I Can Take

Written-By, Piano, Vocals – Steve Porcaro

...............................................................................................................................................

Someday / Somehow
Porcara Musica
2016-06-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Someday / Somehow の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック