ヘッドハンターズ(Headhunters)-"Survival of the Fittest"197

ヘッドハンターズ
(Headhunters)
1975年に米国で結成されたジャズ・ファンクバンド。
「Herbie Hancock/ハービー・ハンコック」の1973年のアルバム「Head Hunters/ヘッド・ハンターズ」に因み、同録音参加メンバーが中心となり1975年「Survival Of The Fittest/サヴァイヴァル・オブ・ザ・フィッテスト」、1977年「Straight From The Gate/ストレイト・フロム・ザ・ゲイト」のアルバム2枚をリリース、1988年に活動を再開(以降数回再結成)しています。その後リユニオンして『Return of the Headhunters』(1998年)、『Evolution Revolution』(2003年)、『On Top - Live In Europe』(2008年)といったアルバムをリリース。
メンバー
マルチ・ミュージシャン,ボーカル「Bennie Maupin/ベニー・モウピン」
ギター「DeWayne McKnight:Blackbird McKnight/ディウェイン・マックナイト:ブラックバード・マックナイト」
ベース「Paul Jackson/ポール・ジャクソン」
パーカッション「Bill Summers/ビル・サマーズ」
ドラム「Mike Clark/マイク・クラーク」
が結成メンバーとして参加
..................................................................................................................................................................

1975年、初アルバム「Survival Of The Fittest/サヴァイヴァル・オブ・ザ・フィッテスト」では「David Robinson」,「Herbie Hancock/ハービー・ハンコック」が共同プロデュース、究極はジャズ・ファンク名曲あるいはHip-Hop定番ブレイクとしても人気のある、1曲目の“God Made Me Funky”。Jamiroquai(ジャミロクワイ)やToo Poetic(トゥー・ポエティック)等、数多くのアーティストにカバー/サンプリングされてきたこの曲では、ベースのPaul Jackson(ポール・ジャクソン)がリードヴォーカルをとり、ゲストでPointer Sisters(ポインター・シスターズ)がバックヴォーカルを担当している。“God Made Me Funky”にドス黒感を与えているのは何と言ってもドラムのMike Clark(マイク・クラーク)だ。リズムボックスのように細かくタイトにリズムを刻みながら、とんでもないほどのグルーヴを出している。
アフリカン・リズムで高揚する「Here And Now」 、エレクトリック・マイルス的な展開が魅力の「Daffy's Dance」、コズミック&スピリチュアルな「Rima」、ダーク&へヴィなファンク「If You've Got It, You'll Get It」あたりも聴き応え十分。

1975
Headhunters,
"Survival of the Fittest"
SIDE-A
1. God Make Me Funky
2. Mugic
3. Here And Now

SIDE-B
1. Daffy's Dance
2. Rima
3. If You've Got It, You'll Get It

Producer: David Rubinson, Herbie Hancock

Blackbyrd McKnight - electric guitar, vocals
Bennie Maupin - saxophones, vocals, saxello, clarinets, flutes, lyricon, piano
Paul Jackson - bass guitar, vocals
Mike Clark - drums, vocals
Bill Summers - percussion, vocals
Joyce Jackson - alto flute
Zak Diouf, Baba Duru Oshun and Harvey Mason, Sr. - percussion

ゲスト参加
Harvey Mason(per)
Pointer Sisters(vo)
Joyce Jackson(fl)等

God Make Me Funky

ジャズ・ファンク名曲。Mike Clarkのドラム・ブレイクから始まり、そこにBill SummersのパーカッションとBlackbyrd McKnightのギター、さらにはPaul Jacksonのベース&ヴォーカルが重なっていくイントロが格好良すぎです。Bennie Maupinのテナー・ソロも快調です。Pointer Sistersがバック・コーラスで参加

Mugic


Here and now


Daffy's Dance


If You've Got It, You'll Get It



この作品の方が、ハービー・ハンコックの“Head Hunters”よりも、ポップさには欠けるものの、もっと黒く、ファンクさを増しており、バンドとしてのグルーヴも凄い。
...................................................................................................................................................................

サヴァイヴァル・オブ・ザ・フィッテスト
BMG JAPAN
2008-09-24
ザ・ヘッドハンターズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サヴァイヴァル・オブ・ザ・フィッテスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ストレイト・フロム・ザ・ゲイト
BMG JAPAN
2008-09-24
ザ・ヘッドハンターズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ストレイト・フロム・ザ・ゲイト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Return of the Headhunters
Universal Import
2005-06-07
Headhunters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Return of the Headhunters の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Evolution Revolution
Basin Street Records
2003-04-15
Headhunters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Evolution Revolution の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



On Top - Live In Europe
bhm
2008-06-27
Headhunters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by On Top - Live In Europe の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Headhunters
Colum
2011-02-18
Herbie Hancock

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Headhunters の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック