ジェス・ローデン(Jess Roden)ー1974年、1977年

ジェス・ローデン
(Jess Roden)
1947年生まれ
英国ウスターシャ出身
ブリティッシュ・ロック・シンガー/ブルー・アイド・ソウル・シンガー/ギタリスト
参加ユニット⇒ アラン・ブラウン (1966年~ 1969年)、 Butts Band、 Bronco (1969年 ~1972年)
ファンクに精通した英国シンガーは当時希少であり、(The Alan Bown Set/アラン・ボウン・セット)を皮切りに複数のグループで活躍。黒人音楽に影響を受けたヴォーカル・スタイルを得意とし、70年代には、フランキー・ミラーと共に、ブルー・アイド・ソウルの歌手として知られた人でした。 活動歴は古ぃ。1967年にThe Alan Bown Setのシンガーとしてデビュー、1968年にはグループを脱退。その後結成したBroncoで『Country Home』(1970年)、『Ace of Sunlight』(1971年)という2枚のアルバムをリリース。さらにDoorsの残党John Densmore、Robby Kriegerらが結成したThe Butts Bandのメンバーとして活動していた時期もありました。1974年にアラン・トゥーサン・プロデュースのアルバム『ジェス・ローデン』はソロでの発表となったが、その後スティーブ・ウェブ(g)らを加え、76年に『ユー・キープ・ユアー・ハンド・オン』を発表し、シャウトの効いたヴォーカルを披露。77年に解散、ローデンは再びソロ活動を行なう。さらにジェス・ローデン・バンドを結成し、ライヴ盤を含め3枚のアルバムを制作したが大きな成功は得られなかった。77年にツトム・ヤマシタの" Goo Too" に参加、その後ニューヨークに渡りソロアルバムを発表、80年代の中頃までにザ・リヴィッツ、セヴン・ウィンドウズ名義でアルバムを制作。、95年に、ジェス・ローデン&ザ・ヒューマンズとして、アルバムをリリース。
.................................................................................................................

The Jess Roden Bandとは
ジェス・ローデン(vo)が、R&Bバンドのアラン・ボウン・セット、カントリー・ロック・バンドのブロンコなどを経て結成したR&Bグループ。74年の『ジェス・ローデン』はソロでの発表となったが、その後スティーブ・ウェブ(g)らを加え、76年に『ユー・キープ・ユアー・ハンド・オン』を発表し、シャウトの効いたヴォーカルを披露。77年に解散、ローデンは再びソロ活動を行なう。
..................................................................................................................

"Jess Roden / Jess Roden" (1974 Island)
1974年発表の1stソロ。このアルバムは、全8曲中、ニューオリンズ録音(Toussaintプロデュース、バックは彼とMeters!)とロンドン録音が半々。収録曲はBarry Mannらによるポップ・スタンダード"On Broadway"を除いてすべてJessのオリジナル。ニューオリンズR&Bの朴訥なファンキーさと、Jessの伸びやかな男気ボーカルもはまってて、1曲目"Reason to change"から心躍り、体が動きます。それから、忘れちゃいけない、ロンドン録音の方もスバラシイ。(9)にはフリーのサイモン・カークが参加している。けっこうメロウ。

1974
"Jess Roden"
1. Reason to Change
2. I'm on Your Side
3. Feelin' Easy
4. Sad Story
5. Under Suspicion
6. On Broadway
7. Ferry Cross
8. Trouble in the Mind
9. What the Hell

Producer/Allen Toussaint
Chris Blackwell

Jess Roden - Vocals, Guitar, Drums, Bass
Guitars - Leo Nocentelli - Steve Webb / Bruce Robertson
Keyboards - Allen Toussaint, Art Neville, Ray Davies / John Bundrick / Mike Weaver
Bass - George Porter / Mickey Feat / John Cartwright / Rat Donaldson
Drums - Joseph Modeleste / Richard Bailey / Peter Hunt / Simon Kirke
Percussion - Alan Sharp
The New Orleans Horns: Saxophone - George Lee, Ronnie Taylor - Trombone, Chris Oower Flute - Steve Gregory

Reason To Change


On Broadway

Barry Mannのスタンダードをカブァー

I'm On Your Side


What The Hell

Ds: Simon Kirke
P, Organ: John (Rabbit) Bundrick
Kbd: Mick Weaver
B: Pat Donaldson

.....................................................................................................................................
参考
イギリスでは同時期にロバート・パーマーも同じIslandレーベルから"Sneakin' Sally Through the Alley"を発表したのだけど、こちらもAllen Toussaintが絡んだ1枚。
.........................................................................................................................................

The Jess Roden Bandとして、『Keep Your Hat On』(1976年)、『Play It Dirty, Play It Class』(1976年)、『Blowin'』(1977年)といったアルバムをレコーディングしています。その後、The Jess Roden Bandを解散させたJessは単独で渡米し、Joel Dornプロデュース、L. Leon Pendarvisアレンジの下にN.Y.で1977年に制作されたのが本作『The Player Not the Game』で、ソロとしては2作目。N.Y.の一流セッション・ミュージシャン達のバッキングによる都会的なブルーアイド・ソウル作品に仕上がっています。都会的なメロウ・サウンドに合わせるようにJess Rodenのヴォーカルも抑えてトーンでソフトリーな歌声を聴かせてくれます。


1977
"The PlayerNot The Game"
1. Misty Roses
2. Sensation
3. Lonely Avenue
4. The Quiet Sound Of You And I
5. The Hardest Blow
6. Drinking Again
7. Woman Across The Water
8. In Me Tonight

Backing Vocals– Arnold McCuller, Benny Diggs, Delores Hall, Jess Roden, Michael Lee Gray*
Bass– Anthony Jackson, Francisco Centeno, Milt Hinton
Drums– Buddy Williams, Gary Mure
Guitar– Charlie Brown (7), Clifford Morris*, Franklin Micare, Jeff Mironov, John Tropea, Lance Quinn
Keyboards– Rob Mounsey, Shirley Scott
Percussion– Erroll "Crusher" Bennett*, Rubens Bassini
Saxophone– Harold Vick, Scott Hamilton
Vibraphone– David Carey

Producer– Joel Dorn

Misty Roses

USフォーク・シンガーのTim Hardin作品をカヴァー
Leon Pendarvis : Piano
Rob Mounsey : Fender Rhodes & A.R.P. 2600
Gary Mure : Drums
Anthony Jackson : Bass
David Carey : Vibes
Scott Hamilton : Tenor Saxophone
Cliff Morris : Electric Guitar
Charlie Brown : Acoustic Guitar

The Hardest Blow

Jess Roden BandのメンバーであったJohn Cartwrightの作品。感動的なロック・バラード
John Tropea, Cliff Morris & Franklin Micare : Acoustic Guitars
Erroll Bennett : Percussion
Leon Pendarvis : Piano
Rob Mounsey : Fender Rhodes
Harold Vick : Tenor Saxophone
Francisco Centeno : Bass
Milt Hinson : Acoustic Bass
Gary Mure : Drums

..........................................................................................................................................

おまけ

Jess Roden Band /Me and Crystal Eye

From the album 'Play it Dirty, Play it Class.'1976
................................................................................................................................................

ファースト・ステップ+1(紙ジャケット仕様)
ユニバーサル ミュージック
2013-11-13
ジェス・ローデン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ファースト・ステップ+1(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



愛の狩人
ユニバーサル ミュージック
2014-05-21
ジェス・ローデン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 愛の狩人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Jess Roden / Best of
実力派ホワイト・ソウル・シンガー、74年~80年のベスト、全18曲
70年代のブリティッシュ・ロック・シーンを支えたイブシ銀のブルー・アイド・ソウル・シンガー、ジェス・ローデンのベスト・アルバム。、ポール・ロジャース、スティーヴ・ウィンウッド、ロバート・パーマーあたりの系譜に並ぶ実力派で、イアン・ギラン脱退後のディープ・パープルでは、ポール・ロジャースと共に第3期のヴォーカル候補に挙げられたことも。実は結構華麗なキャリアの持ち主。
グループやレーベルに恵まれていれば、Paul Rodgersばりにメジャーになっていてもおかしくはない実力の名シンガー。太くソウルフルなシャウトが堪能できる好編集盤です。ブルース~スワンプ~AORまで、芳醇なサウンドも聴き所。

The Best Of
Lemon
2009-06-23
Jess Roden

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Best Of の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Play It Dirty
Edsel Records UK
1998-06-09
Jess Roden

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Play It Dirty の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Jess Roden & the Humans
Line
2005-09-20
Jess Roden

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jess Roden & the Humans の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック