ニック・デカロ(Nick DeCaro)-1969年~1992年

ニック・デカロ
(Nick DeCaro)
1938年生まれ
オハイオ州出身.
1992年心臓病のため 他界 享年56歳.
1960年代後半からプロデューサー&セッション・ミュージシャンとして以外にも アレンジャー、ソングライター、ミュージシャン、ボーカリスト 。
主に米国ロサンゼルスを中心に活動。
1960年代中頃~後半にかけて、 A&M, ワーナー/リプリーズ での サンド・パイパーズ、ロジャー・ニコルス、クリス・モンテス、クロディーヌ・ロンジェ、ハーパース・ビザール … などの作品に、編曲家として活躍。
1970年代には、バーブラ・ストライザンド、ドゥービー・ブラザーズ、ライ・クーダー、ランディ・ニューマン、ジェイムズ・テイラー、レオン・ラッセル、ゴードン・ライトフット、アーロ・ガスリー、リッキー・リー・ジョーンズ、ベン・シドラン、ジーン・パーソンズ、クリス・クリストファースン、ヘレン・レディら、ジャンル問わず、数多くのアーティストの作品に参加。1976年にはアレンジャーとしてマイケル・フランクスのデビュー・アルバム『The Art Of Tea』を担当。このアルバムはプロデューサー(トミー・リプーマ)とエンジニア(アル・シュミット)も『Italian Graffiti』と共通。1980年代から90年代初頭にかけては、グレン・フライ、グレン・キャンベル、ジョニー・キャッシュといったベテラン達がストリングス・アレンジャーやアコーディオン奏者として起用、日本人アーティストの作品にも参加。また、日本のレコード会社からソロ・アルバムを2枚制作する。
................................................................................................................................................

1969年にA&M から 「Happy Heart」( 主にオーケストラでのインスト作品が収録されている )
全11曲中2曲だけ彼のヴォーカルを聴く事が出来ます。特にその内の1曲「I'm Gonna Make You Love Me」は、他のどのヴァージョンよりも素晴らしい出来だと思います。ちなみにもう1曲は Beach Boys の「Caroline, No」。

Nick De Caro And Orchestra
"Happy Heart"
1.Happy Heart
2.Lullaby From Rosemary's Baby
3.Hey Jude
4.I'll Forget You
5.Love Is All
6.Quiet Sunday
7.Ob-La-Di, Ob-La-Da
8.I'm Gonna Make You Love Me
9.Amy's Theme
10.Caroline, No
11.If I Only Had Time

I'm Gonna Make You Love Me


Caroline, No

ビーチボーイズ・カバー
...............................................................................................................................

1974年にはブルー・サムから「Italian Graffiti」 の ソロ・アルバム

当ブログで以前、ニック・デカロのアルバム「Italian Graffiti」を紹介
           ↓     ↓
http://51036951.at.webry.info/201409/article_3.html
...............................................................................................................................

日本からの呼びかけで 1990年に「Love Storm 」、1991年に「Private Ocean 」 の2枚のアルバムをリリース。
.............................................................................................................................

1990年のソロアルバム「Love Storm 」は、9曲中、ニックのオリジナルが2曲。残りが山下達郎のカバー曲。

1990
"Love Storm "
1.Love Storm(Sprinkler)
2.Touch Me Lightly
3.Silent Night, Lonely Night(Christmas Eve)
4.Every Night
5.Great Communicator(For Tats)
6.Theme From Big Wave
7.Only With You
8.The Girl In White
9.Love Magic

Producede By Niel Oda
Engineered By Al Schmit

Nick De Caro(vo,key)
David.T,Walker(g)
Dean Parks(g)
Neil Larsen(key)
Neil Stubenhaus(b)
Harvey Mason(dr)
John Robinson(dr)
Alex Acuna(perc)
Eric Malienthal(sax)
Joel C Peskin(sax)
Denise DE Caro(vo)

Silent Night, Lonely Night(Christmas Eve)


Every Night


Theme From Big Wave


Love Magic


...................................................................................................................................

最後のオリジナル・アルバム、1991年の「Private Ocean」

1991
"Private Ocean"
1 - Nevertheless (Bert Kalmer & Harry Ruby)
2 - Well Of Loneliness (Nick DeCaro)
3 - Saying "Hello" (Nick DeCaro)
4 - Up All Night (Nick DeCaro)
5 - Bound To Please (Nick DeCaro)
6 - Give Me A Sign (Nick DeCaro)
7 - Mad About You Blues (Dick Charles, Lawrence W. Marks Jr.)
8 - Play The Game (Nick DeCaro)
9 - Reach Out (I Won't Be There) (Nick DeCaro)

Producers : Tetsu Hoshika & Nick DeCaro
Guitars : Michael Landau, Dean Parks
Bass : Jimmy Haslip, Abraham Laboriel
Keyboards : Nick DeCaro, Neil Larsen
Drums : Taka Numazawa, John "JR" Robinson
Percussion : Alex Acuna
Harmonica : Tommy Morgan
Strings : Sid Page
Vocals : Denise DeCaro, Nick DeCaro
Background vocals : Nick DeCaro

Well Of Loneliness (Nick DeCaro)


Saying Hello


Reach Out (I Won't Be There)

......................................................................................................................................

1992年に発売されたNICK DeCARO"In Loving Memory of NICK DeCARO"追悼盤とも言えるベスト盤を紹介。AORの原点と言える『ITALIAN GRAFFITI』(1974年)を含め、『LOVE STORM』、『PRIVATE OCEAN』の3枚から選ばれた11曲が収録。このアルバムを聴くと、NICK DeCAROという人がいかに優れたアレンジの才能を持っていたかを再認識出来ます。

『In Loving Memory of NICK DeCARO』(1992年)
01. WELL OF LONELINESS
02. REACH OUT (I WON'T BE THERE)
03. PLAY THE GAME
04. NEVERTHELESS
05. TOUCH ME LIGHTLY
06. EVERY NIGHT
07. GREAT COMMUNICATOR
08. ONLY WITH YOU
09. TEA FOR TWO
10. ANGIE GIRL
11. UNDER THE JAMAICAN MOON

Under The Jamaican Moon (1974)

作詞:Stephen Bishop,Leah Kunkel
作曲:Stephen Bishop,Leah Kunkel
編曲:Nick DeCaro

Bass – Wilton Felder
Conductor – Harry Bluestone
Drums – Harvey Mason, Paul Humphrey
Engineer, Mixed By – Al Schmitt
Guitar – Arthur Adams, David T. Walker
Keyboards, Arranged By, Vocals – Nick DeCaro
Mastered By – Arnie Acosta
Producer – Nick DeCaro, Tommy LiPuma

この曲はステファン・ビショップとリア・カンケルの共作ですが、彼らもそれぞれこの曲を発表しています。
............................................................................................................................................................
アルバム・ガイド
Happy Heart (1969)
Italian Graffiti (1974)
Love Storm (1990)
Private Ocean (1991)
............................................................................................................................................................

ハッピー・ハート
ユニバーサル ミュージック
2014-11-19
ニック・デカロ&オーケストラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハッピー・ハート の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ラブ・ストーム(紙ジャケット仕様)
ビクターエンタテインメント
2008-06-18
ニック・デカロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラブ・ストーム(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



プライベイト・オーシャン(紙ジャケット仕様)
ビクターエンタテインメント
2008-06-18
ニック・デカロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プライベイト・オーシャン(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



In Loving Memory of NICK DeCARO
画像




イタリアン・グラフィティ
USMジャパン
ニック・デカロ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イタリアン・グラフィティ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



【新品】【本】AOR AGE Vol.12 特集=ニック・デカロ/ビル・チャンプリン/ネッド・ドヒニー/アレッシー・ブラザーズ 中田利樹/著
ドラマ楽天市場店
■ISBN:9784401647057★日時指定・銀行振込をお受けできない商品になりますタイトル【新


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ニック・デカロ(Nick DeCaro)ー"Italian Graffiti"

    Excerpt: ニック・デカロ (Nick DeCaro) 1938年生まれ、 オハイオ州出身 1992年心臓病のため 他界 享年56歳. 1960年代後半からプロデューサー&セッション・ミュージシャンと.. Weblog: JAMES TERRA racked: 2015-05-28 12:01