ギター・スリム(Guitar Slim)-"The Things That I Used To Do"

ギター・スリム
(Guitar Slim)
誕生名「Eddie Lee Jones」
通称「Eddie Jones」
1926年12月10日生まれ
ミシシッピ州 グリーンウッド出身
1959年2月7日ニューヨーク市にて死去(肺炎)。
ブルース・シンガー,ギタリスト
ゴスペル・シンガーから、後にブルース・シンガーに移行(1950年前後からステージ名「Guitar Slim」を使用)。
1950年、第二次大戦での徴兵を終了後にルイジアナ州New Orleansを拠点に活動。ギターとアンプを100メートル以上のコードで繋ぎ、観客の間を演奏して歩くなど派手なパフォーマンスでも人気を博す。1951年セッション・ミュージシャンとして Imperialと契約し初の録音参加、4曲を吹き込んでいます。1952年には ナッシュヴィルの Bulletに吹き込み、「Feeling Sad」を発表。同曲は「Ray Charles/レイ・チャールズ」がカバーしますが、1953年に、ギター・スリムは Specialtyと契約。更に「Ray Charles」は翌53年に「Guitar Slim」の作詞作曲した「Things That I Used To Do」のプロデュース・アレンジを担当。「Things That I Used To Do」は同53年にスペシャリティ・レコードからリリースされ、翌54年にR&Bチャートで14週連続1位の記録。ブルース・スタンダードとして後に多数アーティストにカバーされています。その後、 Louisiana州 Thibodeauxに移籍。「Sufferin’ mind」、「The Story Of My Life」を発表しますが、成功には至らず、ついに Art Rupeも彼との契約を解除。そこで彼は即座に Atlanticの子会社 Atcoと契約(1958年)、「It Hurts To Love Someone」や「Down Through The Years」をリリース。1959年、気管支炎により死亡、この時の彼はまだ 32才。
.................................................................................................................................................................

1954年R&B部門で1位をマークした最大のヒット曲「The Things That I Used to Do」。ブルースのスタンダード曲として多くのアーティストにカヴァー親しまれてきた。ジェイムズ・ブラウン、アルバート・コリンズ、マディ・ウォーターズ、ジュニア・パーカー、フレディ・キング、チャック・ベリー、ビッグ・ジョー・ターナー、バディ・ガイ、ジミ・ヘンドリクス、スティービー・レイ・ヴォーン、グレイトフル・デッド、ジョン・メイヤーなどなど。つまりは、ブルース・スタンダードのひとつとなったのだ。これほど愛された曲もないのではないだろうか、惹きつける何かがある。レコーディングは1953年、有名なニューオリンズのマタッサズ・J&Mスタジオ。さらにこの時のセッションには若き日のレイ・チャールズが参加。それが今までにないR&B色の強いどこにもないブルースの誕生となったようだ。(メーカー・インフォメーションより)

テキサス系のギターとゴスペル的な唱法というGuitar Slimのスタイルは、1950年代ということを考えれば有り得るスタイルですが、バックがニュー・オリンス・サウンドというところが異色。

1953年
Guitar Slim
"The Things That I Used To Do"
A1. The Things That I Used To Do 3:00
A2. Bad Luck Blues 2:55
A3. Well, I Done Got Over It 2:28
A4. Something To Remember You By 3:17
A5. Trouble Don't Last 2:56
A6. Guitar Slim 2:17
B1. The Story Of My Life 2:59
B2. I Got Sumpin' For You 2:03
B3. Reap What You Sow 2:44
B4. Our Only Child 2:04
B5. A Letter To My Girl Friend 1:50
B6. Sufferin' Mind 2:28

A1. The Things That I Used To Do

レイ・チャールズはこの「Things That I Used To Do」を編曲し、バックのピアノを弾くというサウンド・プロデュサー役で参加。これが見事に功を奏し、曲はR&Bチャートの1位に輝き、ミリオン・セラーを達成。「出たとこ勝負的セッション」のスリルが、この4分足らずの曲の中につまっている。

A5. Trouble Don't Last


A6.I'm Guitar Slim


B1.The Story Of My Life

ギター・ソロ、ディストーションなんてエフェクターがない時代のこの歪み具合・・・・・・・・・。

B3. Reap What You Sow

.....................................................................................................................................
Guitar Slim / Things That I Used To Do (紙ジャケット) 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
Guitar Slim / Things That I Used To Do (紙ジャケット) 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

Guitar Slim / Sufferin' Mind 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
Guitar Slim / Sufferin' Mind 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

Things That I Used to Do - Guitar Slim
Things That I Used to Do - Guitar Slim

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック