ポンデロッサ・ツインズ・プラス・ワン(Ponderosa Twins Plus One) 

ポンデロッサ・ツインズ・プラス・ワン
(Ponderosa Twins Plus One) 
オハイオ州 クリーブランド出身
ジャクソン・ファイヴやファイヴ・ステアステップスなどをはじめに、70年代当時ブームであったキッズ・グループ。オハイオはクリーヴランド、同胞であるオージェイズのボビー・マッセーによって見出された2組の双子とRICKY SPICERという少年の5人組編成のグループ。

メンバー:
リッキー・スパイサー、 アルフレッド・ペラム、
アルバン・ペラム、 キース・ガードナー、 カーク・ガードナー

ポンデロッサ・ツインズ・プラス・ワンの71年産レアLPが初CD化!
同レーベルのモーメンツやホワットノウツなどのツアーに参加という経歴を持つ。キッズ・グループとして売り出していた為に、いくつかヒットを持ちながらも短命に終わった。最近ではカニエ・ウエストのアルバム『YEEZUS』で(6)がサンプリングされている。 ジャクソン・ファイヴを意識したポップで可愛らしさを押し出した楽曲がもちろん目立つが、少しディープなスタイルのミッド~スロウも難なくこなすところがニクい。サム・クックのカヴァー(7)などにも挑戦し、いい味を出している。ボーナストラックにはシングル・オンリーの音源を搭載、最高の形でのCD化です
(メーカー資料より)

このポンデローサ・ツインズのアルバムは全曲が若さと甘さとションベン臭さが入り交じったような絶妙の味。エンターティメント性は勝てなくとも、曲の良さはジャクソン5に勝ってます。

2 + 2 + 1 = Ponderosa Twins Plus One(1972)
1."Love You While You Wait" (Burton)
2."Hey Girl"(Chuck Brown, Bobby Dukes)
3."Turn Around You Fool" (Burton)
4."Touchdown"(Dukes, Massey)
5."That's What I'll Do"(Burton)
6."Bound"(Dukes, Massey)Billboard 47位(1971)
7."You Send Me" (Sam Cooke)Billboard 23位(1971)
8."Take Me Back"(Burton)
9."Like The Big Boys" (Brown)
10."Dad, I Love Her" (Burton)
11."I Remember You"(Dukes, Andrew Hamilton, Massey)
12."Mama's Little Baby"(Burton)

Ponderosa Twins Plus One
Alfred Pelham
Alvin Pelham
Keith Gardner
Kirk Gardner
Ricky Spicer

Technical personnel Bobby Massey - production
Michael Burton - arrangement

Hey Girl


Bound

Billboard 47位(1971)

You Send Me

Billboard 23位(1971)
.....................................................................................................................
2+2+1=Pondersosa Twins Plus One - Ponderosa Twins Plus One
2+2+1=Pondersosa Twins Plus One - Ponderosa Twins Plus One

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック