ザ・フローターズ(The Floaters )- "Float On"1977年

ザ・フローターズ
(The Floaters)
ミシガン州デトロイトで68年に結成
James Mitchell(Lead Singer) が中心に76年に結成されたR&Bプロジェクト・ヴォーカルグループ。活動は78年に終了。
Paul Mitchell、Larry Cunningham、Charles Clark、Ralph Mitchell、James Mitchellの5人組。
リードボーカル「Charles Clark」,及び「Paul Mitchell:James Mitchellの兄弟」,「Larry Cunningham」,「Jonathan Murray」がデビューアルバム録音メンバー。「Ralph Mitchell」はカバー撮影のみで録音には参加していません。
「James Mitchell」,「Marvin Willis」は共に元「Detroit Emeralds」のメンバーですが、ここではプロデューサー,ソングライターとして活動。
..............................................................................................................................................................................

The Floaters のヒット曲&代表作でもある~77年不滅の名曲「Float On」、世界的大ヒット曲。日本でもスマッシュヒットしたスウィート・ソウル名曲、。R&Bチャート、英国ではNo.1。アメリカではポップ・チャートでも2位。LPバージョンは約12分にも及ぶ。・・・良くある恋愛をテーマにした作品、ソウルファンの中でも賛否両論ある作品。(詩の内容がバカバカしいという評価も)。やはり、11分49秒という~この長い12分ぐらいのアルバムフルヴァージョンにされている事で、名曲となった!当然、他のサウンドも重要な音を創り上げている・・・、デトロイト出身の白人ジャズピアニスト= Gary Schunkのシンセの音・音色と共に、白人ジャズサックス&フルート奏者=Larry Nozeroの奏でるフルートの音色が、不滅の名曲「 Float On 」に創り上げた!!アフロ・アメリカン=黒人が創り上げたソウルの影には・・・白人のミュージシャン・エンジニアなどの才能が融合して創られているのも歴史的史実である!!それが、クワイエット・ストームサウンドと呼ばれる~メロウな音程・メロディー構成、落ち着いたリズム・ゆったりとしたテンポが特徴!!因みに、メロウでアダルトで都会的なソウルを「クワイエット・ストーム」と言われていますが、これはスモーキー・ロビンソンのアルバム・タイトルから来てる。

(1975)
The Floaters
" Float on"
1. Everything Happens For A Reason
(A. Ingram, J. Mitchell )
2. Float On (Long Version)
(A. Ingram, J. Mitchell, M. Willis )
3. Got To Find A Way
4. I Am So Glad I Took My Time
5. I Bet You Get The One You Love
6. No Stronger Love
7. Take One Step At A Time
8. You Don't Have To Say You Love Me

The Floaters
Larry Cunningham (Cancer, tenor vocals)
James Mitchell (Leo, baritone vocals)
Paul Mitchell (Leo, baritone vocals)
Ralph Mitchell - not related (Aquarius, tenor vocals)
Charles Clark (Libra, tenor vocals).

Backing Vocals – Brandy, James Mitchel
Bass – Guy Hutson
Congas – Lorenzo Brown
Drums – Buster Marbury
Guitar – Kenny Goodman
Guitar, Sitar – Dennis Coffey
Piano, Electric Piano – Brimstone Ingram
Bells, Vibraphone – Jack Brokensha
Clarinet, Synthesizer – Gary Schunk
Saxophone , Flute – Larry Nozero
Trumpet – Marvin Willis
Producer – James Mitchell , Marvin Willis

The Floaters -Float On [Long Version]

...................................................................................................................................................

1978年の2ndアルバム"Magic"からのカット

Floaters - Let's try love (one more time)

..........................................................................................................................................................

Larry Cunningham of The Floaters
ラリー・カニンガム(フローターズ) 2019年1月10日に死去。ご冥福をお祈りいたします。
....................................................................................................................................................................................
【輸入盤CD】【ネコポス100円】Floaters / Float On (フローターズ) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】【ネコポス100円】Floaters / Float On (フローターズ) - あめりかん・ぱい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック