ジーン・レディング(Gene Redding)ー"Blood Brothers "

ジーン・レディング
(Gene Redding)
Etta Jamesに見出されたインディアナ出身の男性シンガーGene Reddingの74年作。
ランバート&ポッターが設立したHavenレーベルからの第一弾。
プロデュースも務める二人のペンによる全9曲は、すべてシングルカット。
エド・グリーン(Dr)、ウィルトン・フェルダー(B)、ラリー・カールトン(G)、ベン・ベネイ(G)といった鉄壁のバックアップ陣の手による堅実なプレイが主役の歌声を華麗にサポート。ピアノの躍動感とギターワークの装飾にシド・シャープのストリングスが豪華に化学反応する「This Heart」は、情感溢れるジーンの歌声も一層チカラがみなぎるハイライト。

1974年
Gene Redding/Blood Brother
01 - Blood Brothers
02 - Once A Fool
03 - I Can See The Lovelight
04 - (We've Got) More Than It Takes
05 - This Heart
06 - I Can't Get Arrested
07 - Gotta Find A Way (To Keep You Lovin' Me)
08 - What Good Is A Love Song
09 - Easy For You To Say
 
4曲目「(We've Got) More Than It Takes」や8曲目「What Good Is A Love Song」は気持ちよくさえなる。

 
Blood Brothers


I Can See The Lovelight


(We've Got) More Than It Takes


.................................................................................................................
1974年
Gene Redding / Blood Brother
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック