レジー・ヤング(Reggie Young)

レジー・ヤング
(Reggie Young)
1936年12月12日生まれ
ミズーリ州カルザーズヴィル出身
アメリカン・ギター奏者/メンフィス・セッションのリード・ギターリスト。
ハン・ヴァール・ソロ・ギタリスト、アメリカン・サウンド・スタジオ・バンド(オッ・カラ・ザ・メンフィス・ボーイズ )。
ビリー・ブラック率いる楽団などを経て、ハイ・レコード専属のセッション・ギタリストを務め、60年代半ばから72年の閉鎖までメンフィスのアメリカン・サウンド・スタジオ専属バンドの中心的メンバーとして活躍。その後アメリカン・サウンド・スタジオの再建をめざしてアトランタにスタジオを設立しようとして夢果たせず、バンドは解散となりレジーはナッシュビルに移りセッション・マンとしてトップの地位を確立。これまでにサポートしてきた他のアーティストはエルヴィス・プレスリー、J.J. ケイル、ニール・ダイアモンド、アリサ・フランクリン、ダスティ・スプリングフィールド、ジミー・ブッフェ、チャーリー・プライド、ペリー・コモ、ドリー・パートン、コンウエイ・トゥイッティ、ハイウエイメンなど実に多彩。

艶やかなトーン、最小の音数で最大の感動をもたらすフレージングは匠の技。
..........................................................................................................................................................

2017
Reggie Young/Forever young
マッスル・ショールズのベテラン・セッション・ギターリストとして有名なレジー・ヤングが初のソロ・アルバム「フォーエヴァー・ヤング」をリリース。
ここから(メーカー資料より抜粋)
ELVIS PRESLEYからDUSTY SPRINGFIELDまで数々の大物ミュージシャンのセッションに立ち会い名作の誕生に貢献、THE BOX TOPSの"THE LETTER"やJ.J. CALEの"COCAINE"、WILLIE NELSONの"ALWAYS ON MY MIND"に、近年ではDAN PENNのデモ音源集『SOMETHING ABOUT THE NIGHT』楽曲にも参加、72年JOHN PRINEのカントリー・フォーク・ロックの傑作でありデビュー作『JOHN PRINE』などでも知られるメンフィスの伝説的セッション・マンREGGIE YOUNG。ERIC CLAPTONも近年の自伝で「REGGIE YOUNGは俺の出会ったベスト・ギタリストのひとり」と評したレイドバック・ギター・レジェンドです。
満を持しすぎた80歳にして初のソロ・アルバムが登場です。収録曲は潔く7曲と控えめですが、アメリカン・ミュージックの背骨ともいえるサウンドをピュアに届けてくれます。CLAYTON IVEYやDAVID HOOD、JIM HORNなどナッシュビル、マッスル・ショールズのオールスター人脈を駆使してのアラバマ録音。これぞ南部サウンドといった名演盤です
ここまで(メーカー資料より抜粋)

全曲クールなインストです。

2017
Reggie Young/Forever young
1.Coming Home To Leipers Fork
2.Memphis Grease
3.Soul Love
4.Seagrove Place
5.It's About Time
6.Exit 209
7.Jennifer

Guitar, Producer, Written-By – Reggie Young

Memphis Grease


Soul Love


Seagrove Place


Exit 209


Jennifer


........................................................................................................................
ここから、レジー・ヤングが参加している作品を抜粋しました。
...................................................................................................................

ウィリー・ネルソンが1982年にカバー。Billboard HOT 100 で5位、アルバム「Always On My Mind」に収録

1982
Willie Nelson - Always On My Mind(Billboard HOT 100 で5位)

Backing Vocals – Gary Talley
Bass – Mike Leech
Drums – Gene Chrisman
Guitar – Grady Martin, Reggie Young, Willie Nelson
Guitar, Backing Vocals – Chips Moman, Johnny Christopher
Harmonica – Mickey Raphael
Keyboards – Bobby Emmons
Keyboards, Backing Vocals – Bobby Wood, Toni Wine
Saxophone – John Marett

エルヴィスが1972年にカバー(Billboard HOT 100 20位)。多くのアーティストにカバーされ続けている名曲(Brenda Lee 、John Wesley やPet Shop Boysなど)

★ウィリー・ネルソン(Willie Nelson、1933年生)はテキサス州出身のカントリー・シンガーソングライター。俳優もこなす。
......................................................................

コカインというとエリック・クラプトンというイメージですが、この曲はクラプトンのオリジナルではありません。オリジナルはJ.J Caleで1976年の曲

1976
J.J. Cale - Cocaine

J. J. Cale – vocals, guitar, piano
Kenny Buttrey – drums
Reggie Young – rhythm guitar
Doug Bartenfeld – guitar
Don Tweedy – ARP

★J.J.ケイル(JJ Cale J.J. Cale 本名:John Weldon Cale)は1938年12月5日 - 2013年7月26日 、アメリカ南中部オクラホマ州オクラホマシティ出身のグラミー賞を獲得したアメリカ人のシンガーソングライターシンガー、ソングライター、ギター&マルチプレイヤー。
..........................................................................................................

Drift Away (ドリフト・アウェイ / 邦題「明日なきさすらい」)
これまで、ロッド・スチュアート、ローリング・ストーンズ、ドゥービー・ブラザーズ(こちらは、タイトルが「Give me the beat, boys」)などなど多くのアーティストにカバーされ続けている。オリジナルはJohn Henry Kurtz(ジョン・ヘンリー・クルツ/1972年)

1973年
Dobie gray- drift away(全米ビルボードチャート5位)

Acoustic Guitar, Electric Guitar – Troy Seals
Acoustic Guitar, Electric Guitar, Banjo – Reggie Young
Bass, Arranged By [Strings] – Mike Leech
Drums, Percussion – Kenny Malone
Guitar [Pedal Steel] – Weldon Myrick
Keyboards – David Briggs(
Vocals – Dobie Gray
アルバム: Drift Away
リリース: 1973年

★ドビー・グレー (1940年7月26日 - 2011年12月6日) は、アメリカのブルース歌手
...............................................................................................................

デトロイト出身のスウィート~甘茶ソウル、ヴォーカル・グループ、ザ・ダイナミクスの1969年のアルバムThe Dynamicsの「First Landing」から

The Dynamics- Ain't No Love At All

このギターを聴いてください!
..............................................................................................................

エルヴィス・プレスリーが1969年に発表したシングル。
作詞・作曲はマーク・ジェイムズ(Mark James)。ジェイムズが1968年に発表したシングル曲のカヴァーである。1969年11月1日付のBillboard Hot 100で1位を獲得

Elvis Presley - Suspicious Minds (Audio)

Elvis Presley – vocals
String and horn arrangements - Glen Spreen
Reggie Young – electric guitar
Bobby Emmons – organ
Mike Leech – bass
Gene Chrisman – drums

Overdubbed
Wayne Jackson, Dick Steff, R.F. Taylor – trumpets
Ed Logan, Jack Hale, Gerald Richardson – trombones
Donna Thatcher – backing vocals
アルバム: エルヴィス・オン・ステージVol.3
リリース: 1969年
...........................................................................................................

おまけ

Stephen Housden & Reggie Young

.....................................................................

参加作品の一部

Elvis Presley - «Suspicious Minds,» «Kentucky Rain,» «In the Ghetto,» «Don't Cry Daddy» og «I've Got A Thing About You Baby»
J.J. Cale - «Cajun Moon» og «Cocaine»
Dusty Springfield - Dusty in Memphis med hitsongen «Son of a Preacher Man»
The Box Tops - «The Letter», «Cry Like a Baby»
Dobie Gray - «Drift Away»
The Highwaymen - «Highwayman» og «Desperados Waiting for a Train»
Willie Nelson - «Always On My Mind»
B.J. Thomas - «Hooked On A Feeling» «Hey, Won't You Play Another Somebody Done Somebody Wrong Song»
Neil Diamond - «Sweet Caroline»
Herbie Mann - Memphis Underground (1969)
Sandy Posey - Born a Woman og Single Girl
...................................................................................................

FOREVER YOUNG
ACE
2017-05-26
REGGIE YOUNG

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FOREVER YOUNG の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



好きにならずにいられない?シンフォニック・エルヴィス
ダブリューイーエー・ジャパン
1996-08-10
メンフィス交響楽団

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 好きにならずにいられない?シンフォニック・エルヴィス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"レジー・ヤング(Reggie Young)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント