Lori Jacobsー" Free "1973

Lori Jacobs
73年当時、ミシガン在住
女性シンガー&ソングライター
詳しい経歴などは不明
ジャケットに書かれた解説を読む限りでは、当時の彼女の本職は高校の教師。フォークとソウルが合体したような少しかすれた魅力的な低音で律儀な感じの歌を聴かせます。全曲自作曲ですが、楽曲も粒ぞろい。レコーディングはマッスル・ショールズで行われており、バッキングには勿論マッスル・ショールズの達人達がフルメンバーで参加しており、ソウルフルで渋~い演奏を聴かせてくれています。ストリングスやホーンも取り入れてはいますが、演奏はシンプルな印象。
BARRY BECKETT:Piano,Organ
ROGER HAWKINS:Drums,Percussion
DAVID HOOD:Bass
PETE CARR:Rhythm & Lead Guitar
以上お馴染みのメンバーがしっかりと支えている。特にラストのタイトル曲でもある「Free」は素晴らしい名曲。因みに彼女はこの後、78年にも超マイナー・レーベルと言うより殆ど自主制作ですが2作目もリリース。聴いたことなし、他のミュージシャンにも楽曲を提供しているようです。

1973年
Lori Jacobs
"Free "
A1 Crack of Dawn (I'll Be Gone)
A2 I've Never Been a Fool Like This Before
A3 Heavy Thinking
A4 Wouldn't It Be Something
A5 Constant Disappointment
B1 Your Love
B2 My Lovin' Man
B3 Hung Up
B4 My Own Way Home
B5 Free

Producer, Arranged By – Peter Tevis

guitar, piano, vocals, writer – Lori Jacobs
Arranged By [Strings] – Ralph Ferraro (2)
Backing Vocals – Clydie King (tracks: A4), Jessica Smith (tracks: A4), Venetta Fields (tracks: A4)
Bass – David Hood
Drums, Percussion – Roger Hawkins
Electric Piano, Organ, Clavinet – Clayton Ivey
Flute, Saxophone – Harvey Thompson
Guitar – Rick Ruskin
Guitar [Rhythm And Lead] – Pete Carr
Piano, Organ – Barry Beckett
Rhythm Guitar – Jimmy Johnson (4)
Trumpet – Harrison Calloway

Crack Of Dawn (I'll Be Gone)


Never Been A Fool Like This Before


Constant Disappointment

..............................................................................................................................................
Free / Lori Jacobs (1973)
画像

"Lori Jacobsー" Free "1973" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント