ホルヘ・カルデロン( Jorge Calderon)-"City Music"1976

ホルヘ・カルデロン
( Jorge Calderon)
サンファン(プエルトリコ)出身
プエルトリコのミュージシャン
アメリカ西海岸のセッション・ギタリスト、ソングライター、レコードのプロデューサー
ホルヘ・カルデロンは、元々からサンファン(プエルトリコ)出身、アメリカのあるマルチプレイヤー、ソングライターとレコードのプロデューサー最高と彼のコラボレーションで知られるウォーレン・ジヴォン (Warren Zevon)とバッキンガムニックス。彼は1972年にパーカッショニストとしてバッキンガムニックスと仕事を始めました。1975年に解散するまでバンドとツアーを行った。後にフリートウッド・マックと協力し、「キス・アンド・ラン」の曲を録音および作曲した。この曲は2004年にリマスターされたTuskでリリースされました。彼は、My Ride's Hereを除いて、ウォーレン・ジヴォン (Warren Zevon)の1976年以降のすべてのアルバムに参加。さらに、彼はZevonの最終アルバム"The Wind"をプロデュースし、その上で多くのトラックを共同執筆し、Warren Zevonトリビュートアルバム Enjoy Every Sandwich:Songs of WarrenZevonも共同執筆しました。さらにThe Wind (Warren Zevon album)で、彼はベース、アコースティックギター、様々なパーカッション、エレキギターだけでなく、提供するバックグラウンドボーカルもマルチ的に果たしています。1978年に作られたアルバム「City Music」が唯一の自己名義作です。
2018年9月、カルデロンは、ライ・クーダー、デヴィッド・リンドレー、ジム・ケルトナー、ヴァン・ダイク・パークスなどをフィーチャーしたニューアルバムBlue Rhythm Highway on InsideRecordingsをリリース。トラックには、「Blue City」、「Down by the Breadfruit Trees」、「Sky Blue Chevrolet」、「DeeperBlue」が含まれます。
........................................................................................................
76年に発表した唯一のソロ作。
アルバム「City Music」が、1999年にワーナー【名盤探険隊】で初CD化されて、2010年CD再発されて入手しやすくなりました。ホルヘは当時、花開いていたウエストコースト系の多くのアルバムに参加していたセッション・ミュージシャンで、その後デヴィッド・リンドレーのベーシストしても行動を共にしています。本作はプリAORの名作としてその筋の方には超有名作。一般のシンガーソングライター作品として聴いても一級品の出来だと思います。レコーディングにはWaddy Wachtel(g)、Willie Weeks(b)、Paul Stallworth(b)、William Smith(key)、Andy Newmark(ds)、James Gadsun(ds)、Jim Keltner(ds)、Hoppy Hodges(ds)、Victor Feldman(vib、mlb、per)、Bobbye Hall(per)、Valerie Carter(back vo)、Yvonne Rankin(back vo)、Nick DeCaro等のミュージシャンが参加。

1976
Jorge Calderon
" City Music"
A1 City Music
A2 At The Beehive
Written-By Jorge Calderon, Judi Pulver
A3 Bangkok Panama Pawnshop
Adapted By Jorge Calderon Written-By Dan Cassidy
A4 Dreaming As One
Written-By David Palmer, William Smith
A5 Diggin' And Doubtin'
B1 Kiss And Run
B2 All The Faces
Producer Keith Olsen Written-By Jorge Calderon, Judi Pulver
B3 What You Wanna Hear
B4 Trying Too Hard
B5 Friends Again / Sawning Song

Producer- Russ Titelman
Producer (7), Enginee-Keith Olsen

Jorge Calderon - Guitar (1-10), Vocals, Bass (3), Bells (2), Percussion (7), Tambourine (3), Background Vocals (1, 2, 3, 4, 8, 9), Harmony Vocals (6, 7)
Valerie Carter - Background Vocals (2, 3, 4,)
Tesse Coen - Congas (9), Background Vocals (1, 9)
Mayuto Correa - Percussion (1)
Nick DeCaro - Strings Synthesizer
Victor Feldman - Cabasa (4), Congas (3), Cowbell (3), Marimba (8), Percussion (2), Shaker (8), Vibraphone (4)
James Gadson - Drums (2, 3, 4, 8)
Gary “Hoppy” Hodges - Drums (1, 5, 6, 9, 10)
Jim Keltner - Drums (7)
Bobby Lyle - Clavinet (5)
Steve Madaio - Horns (1, 3, 5)
Andy Newmark - Drums (2)
Paul Paydos - Guiro (3), Percussion (2)
Bobbye Hall Porter - Percussion (10)
Yvonne Rankin - Background Vocals (1, 9)
Pat Rizzo - Horns (1, 3, 5)
William D. "Smitty" Smith - Electric Piano (7), Keyboards (8), Organ (1, 2, 6, 9), Piano (4), Harmony Vocals (5)
Paul Stallworth - Background Vocals (3, 4), Bass (5, 7)
Russ Titelman - Percussion (2)
Waddy Wachtel - Lead and Slide Guitar (1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 10), Organ (4), Background Vocals (2, 8), Shaker (1)
Willie Weeks - Bass (1, 2, 4, 6, 8, 9, 10)

A1 City Music


A2 At The Beehive

Written-By Jorge Calderon, Judi Pulve

A3 Bangkok Panama Pawnshop

Adapted By Jorge Calderon Written-By Dan Cassidy

A4 Dreaming As One

David Palmer('元Steely Dan)とWilliam Smithの共作

A5 Diggin' And Doubtin'

ファンキー・ロック

B1 Kiss And Run

Waddy WachtelのスライドとWilliam Smithのオルガン。Buddy Miles『All The Faces Of Buddy Miles』に収録。

B2 All The Faces

Producer Keith Olsen Written-By Jorge Calderon, Judi Pulver。シンガーソングライターJudi Pulverとの共作。本曲のみKeith Olsenがプロデュース
この曲はBuddy Miles『All The Faces Of Buddy Miles』で取り上げられています。

B3 What You Wanna Hear


B4 Trying Too Hard


B5 Friends Again/Sawning Song

Nick DeCaroがアレンジ
.......................................................................................................
【国内盤CD】ホルヘ・カルデロン / シティ・ミュージック - あめりかん・ぱい
【国内盤CD】ホルヘ・カルデロン / シティ・ミュージック - あめりかん・ぱい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント