ウォルター"ウルフマン"ワシントン(Walter "Wolfman" Washington)-1988年、1998年、2018年

ウォルター"ウルフマン"ワシントン
(Walter "Wolfman" Washington)
1943年12月21日 生まれ
ニューオリンズ出身
ブルース・ギタリスト/シンガー
ヴォーカル&ギター、バックバンド・ロードマスターズを率いる。
1960年代初期からニューオーリンズの音楽シーンで活躍しているギタリスト、シンガー。
ゴスペル・ソウル・ファンク・ジャズ・等々、さまざまな音楽の影響を受けていて、ギターフレージングは、チョーキング少な目でちょっとジャズ風味あり、バックも含めて演奏はファンキーで、ヴォーカル・曲はソウルフルなサウンドを特長。10代からミュージシャンとしてのキャリアをスタート。リー・ドーシー、ジョニー・アダムス、アーマ・トーマスといった彼の地を代表するアーティスト達のバック・ミュージシャンとして腕を磨き、その後独立。70年代後半からは自身のバンド、ザ・ロードマスターズを率い、ライヴを行うようになり、1981年にヘルプ・ミーに初録音し、ソロ・アルバムもリリース。1998年には「Bullseye Blues」がヒット。2007年、同じくニューオーリンズのミュージシャンであるジョー・クラウン(org.)、ラッセル・バティストJr. (ds.)とトリオを組み、ニューオーリンズのクラブ、メイプル・リーフで活動。2008年にアルバムDoin' the Funky Thingをリリース。同年クラウン、バティストとのライブ盤Krown, Washington, Batiste / Live at the Maple Leafもリリース。代表作は1991年の「Wolf at the Door」など。1992年、1999年に来日。
ちょっとジャジーでルースなゴズペル・ファンク系のサウンドにのって土臭い、癒し系の味わい深いR&Bも織り交ぜたサウンドを聴かせてくれる。
.......................................................................................................................................................

1988年に、Rounderから3枚目のソロアルバムをリリース。

1988
Walter Wolfman Washington
"Out of the Dark"
1.You Can Stay But the Noise Must Go
2.On the Prowl
3.Steal Away
4.Out of the Dark
5.Ain't That Loving You
6.Feel So Bad
7.Nobody's Fault But Mine
8.Save Your Love for Me

Producer: Scott Billington

Walter "Wolfman" Washington (vocals, guitar)
Bill "Foots" Samuel (alto, tenor & baritone saxophones)
Tom Fitzpatrick (tenor saxophone)
Terry Tullos (trumpet, flugelhorn)
James Spells (trumpet)
Ernie Gautreau (valve trombone)
Jon Cleary (piano, synthesizer)
Kermit "Champ" Young (Hammond B-3 organ)
Jack Cruz (bass)
Wilbert "Junkyard Dog" Arnold (drums, background vocals).

You Can Stay But the Noise Must Go

written by Johnny "Guitar" Watson.

Feel So Bad


Nobody's Fault But Mine

Composer Lyricist: Otis Redding

Save Your Love For Me

Composer Lyricist: Buddy Johnson
...................................................................................................

ウォルター・”ウルフマン”・ワシントンの1998年のファンキーな作品 『Funk Is in the House』。強烈なファンクビートでせまってくるウルフマン。ギターはしっかりいつものナチュラルなトーンでそこは変わっていません。この作品は、ウォルター・”ウルフマン”・ワシントンが自身のバンド「ロードマスターズ」を率いて制作。この作品、文句なしのお薦めです!

1998
Walter 'Wolfman' Washington
"Funk Is in the House"
1. Trials and Tribulations
2. Funkyard
3. I Stand Accused
4. Mary Ann
5. Please Come Back to Me
6. Wolf Funk
7. When the Answer Is Clear
8. Close the Door
9. Big Easy, The
10. I'm in Love
11. Funk Is in the House
12. Cousin Joe

7. When the Answer Is Clear

ミドルテンポのR&B曲

6. Wolf Funk

ニックネームの「ウルフ」を冠した曲名通りにファンキーなインスト・ナンバー。ギターソロではブルース系のギタリストがあまり弾くことのないジャズ系の奏法「オクターブ奏法」。

11. Funk Is in the House

お得意のファンキーなインスト・ナンバー
.........................................................................................

ANTI-レコーズと契約、移籍第一弾となる1998年のアルバム 『Funk Is in the House』から約10年ぶりのアルバム。ギャラクティックのベン・エルマンがプロデュースを手掛け、アーマ・トーマス、イヴァン・ネヴィル、ジョン・クリアリーといった、やはりニューオーリンズを代表するアーティストたちがゲストとして参加。
(ここからメーカー資料)➡「Lost Mind」、「Save Your Love For Me」、「What A Difference A Day Makes」などは、繊細で心に沁みるようなナンバーだが、これらには、ウォルターのジャズ好きな面が反映されているという。「『What A Difference A Day Makes』は、ハッピーな曲なんだ。特別な気分にさせてくれる誰かを見つけた時のこと、毎日がその日の自分の気分を表しているということ、そしてその日は特別なものに感じるだろうってことを歌っている。(ここまでメーカー資料)

2018
Walter 'Wolfman' Washington
"My Future Is My Past"
1.Lost Mind
2.Even Now
3.What A Diff'rence A Day Makes
4.Save Your Love For Me
5.I Don't Want To Be A Lone Ranger
6.Steal Away
7.She's Everything To Me
8.I Cried My Last Tear
9.I Just Dropped By To Say Hello
10.Are You The Lady

Producer – Ben Ellman
Guitar, Vocals – Walter "Wolfman" Washington

1.Lost Mind


2.Even Now

Bass – James Singleton
Drums – Stanton Moore
Piano – Dave Torkanowsky
Vocals – Irma Thomas

3.What A Diff'rence A Day Makes

Bass – James Singleton
Vibraphone, Percussion, Marimba – Mike Dillon

4.Save Your Love For Me


5.I Don't Want To Be A Lone Ranger

Organ, Piano – Jon Cleary
Vibraphone, Percussion, Marimba – Mike Dillon

6.Steal Away

Bass – James Singleton
Drums – Stanton Moore

7.She's Everything To Me

Electric Piano – Ivan Neville
Vibraphone, Percussion, Marimba – Mike Dillon

8.I Cried My Last Tear

Piano, Organ – Jon Cleary

9.I Just Dropped By To Say Hello

Bass – James Singleton
Drums – Stanton Moore
Piano – Steven DeTroy

10.Are You The Lady

Bass – James Singleton
Drums – Stanton Moore
Piano – Dave Torkanowsky
.....................................................................................................

ディスコグラフィー
1981年 Rainin' In My Heart (Help Me)
1986年 Wolf Tracks (Rounder)
1988年 Out of the Dark (Rounder)
1991年 Wolf at the Door (Rounder)
1991年 Sada (Point Blank)
1998年 Funk Is in the House (Bullseye Blues)
1999年 Blue Moon Risin' (Artelier)
2008年 Doin' the Funky Thing (Zoho Roots)
2018年 My Future Is My Past (Anti)

Joe Krown Trio
2008年 Live at the Maple Leaf
2011年 Triple Threat
2013年 Soul Understanding
...............................................................................................................

おまけ

Walter 'Wolfman' Washington.Jazz San Javier.2018

Walter 'Wolfman' Washington (cantante y guitarra)
Wayne Moureau (batería)
Jack Cruz (bajo y coros)
Antonio Gambrell (trompeta)
Tom Fitzpatrick (saxo y coros)
Steve Detroy (piano y órgano Hammond)
...........................................................................................................
Out of the Dark - Washington, Walter 'Wolfman'
Out of the Dark - Washington, Walter 'Wolfman'

【中古】 【輸入盤】Funk Is in the House /Walter “Wolfman” Washington 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 【輸入盤】Funk Is in the House /Walter “Wolfman” Washington 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店

【輸入盤】マイ・フューチャー・イズ・マイ・パスト [ Walter Wolfman Washington ] - 楽天ブックス
【輸入盤】マイ・フューチャー・イズ・マイ・パスト [ Walter Wolfman Washington ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント