アーニー・グレアム(Ernie Graham)-"Ernie Graham"1971

アーニー・グレアム
(Ernie Graham)
本名、アーネスト・グラハム(Ernest Graham )
1946年6月14日生まれ
2001年4月27日、死去。享年55歳
北アイルランドのベルファスト出身
シンガー・ソングライター
60年代半ばに、ヘンリー・マックロー(後にグリース・バンド、ウィングスなどで活躍)とザ・ピープル( The People )というバンドを結成。ロンドンに進出し、アニマルズやジミ・ヘンドリックスを見いだしたマネージャーのマイケル・ジェフェリー&チャス・チャンドラーに認められ、管理契約を結びました。その際にエアラ・アパラント( Eire Apparent )と改名。ソフト・マシンやピンク・フロイド、ジミ・ヘンドリクスと巡業。エアラ・アパラント( Eire Apparent )は、なんとジミ・ヘンドリックスのプロデュースでデビュー作を録音。ジミもギターでゲスト参加した作品は、69年に1枚のアルバム「Sunrise」リリース後、バンドは解散。その後、ソロとしてリバティ・レコードと契約、1971年にアルバム「Ernie Graham」を発表しますが、売れ行きは芳しくありませんでした。その後、ヘルプ・ユアセルフ(Help Yourself)に加入。72年作2nd『Strange Affair』を製作するが、途中で新グループ、クランシー( Clancy )始動のために離脱。1973年になるとクランシー( Clancy )を結成し、アルバム2枚とシングル盤1枚を出しましたが、バンドは1976年に解散。1980年代の初めに再度バンドを結成しようとして失敗。以降は、音楽の道からはずれ、オリエント急行の車掌など鉄道関係の会社で働きました。アルコール依存症のため、健康を害し、2001年4月27日にロンドンで他界、55歳の若さでした。
.................................................................................................................
彼が発売できたレコードは、8曲入りの1971年にアルバム「Ernie Graham」と、その7年後に1978年に、シングル盤「ロミオ・アンド・ザ・ロンリー・ガール/Romeo And The Lonely Girl」出したシングル盤のみで、全部で10曲がレコード化されただけである。それだけのレコードしか出せなかったのは、単純に売れなかった。このシングルが彼の最後のレコード。
...........................................................................................................................

アーニー・グレアムが1971年にソロ名義でリリースした唯一のアルバム。パブ・ロック・シーンを代表する2大グループ(ブリンズリー・シュウォーツ/Brinsley Schwarz)と(ヘルプ・ユアセルフ/Help Yourself)とのメンバーのサポートを得て完成。アルバムは、ニック・ロウやブリンズリー・シュウォーツ、イアン・ゴムら、当時、イギリスのパブ・ロック系重要人物が多く参加。

英トラッド系シンガーと言われることも多い彼ですが、そういうイメージを払拭する、湿り気のない、実は王道のシンガーソングライターだと言うにふさわしい曲達です。とにかく曲そのものの出来がいい。メロディがいい。妙な仕掛けがないシンプルな作品。ボーナストラックとして、スティッフ・レーベルから1978年にリリースされたシングル曲(9)、(10)を追加収録。(9)はシン・リジーの傑作アルバム「JAIL BREAK」に収められた疾走感あふれる名曲「Romeo And The Lonely Girl」(フィル・リノット作)のカバー。一時は入手するのが難しいアルバムでしたが、現在は再発CDで手軽に聴くことが出来ますが、UKオリジナル盤は5桁のレア盤で、数十年ほど前までは聴くことが出来ませんでした。幾度となくリイシューされ、今では楽天、アマゾンでも簡単に入手できます。残念ですが、この名作一枚を残してくれたことを感謝せずにはいられません。

1971
Ernie Graham
"Ernie Graham"
1. Sebastian
2. So Lonely
3. Sea Fever
4. The Girl That Turned The Lever
5. For A Little While
6. Blues To Snowy
7. Don’t Want Me Round You
8. Belfast
9. Romeo And The Lonely Girl (Bonus)
10. Only Time Will Tell (Bonus)

Producer – Dave Robinson (3), Ernie Graham

Guitar, Vocals – Ernie Graham

Bass – K. Whaley
Bass, Harmony Vocals – N. Lowe
Drums – B. Rankin
Drums, Percussion, Harmony Vocals – D. Charles
Fiddle – C. Cunningham (tracks: B4)
Guitar – B. Schwarz, R. Treece
Guitar, Harmony Vocals – I. Gomm
Guitar, Piano – M. Morley*
Harmony Vocals – J. Eichler
Organ, Accordion, Guitar, Piano, Harmony Vocals – B. Andrews

1. Sebastian


2. So Lonely


3. Sea Fever


4. The Girl That Turned The Lever


5. For A Little While


6. Blues To Snowy


7. Dont Want Me Round You


8. Belfast


9. Romeo And The Lonely Girl (Bonus)


10. Only Time Will Tell (Bonus)

.............................................................................................
.アーニー・グレアム / アーニー・グレアム [CD] - ぐるぐる王国 楽天市場店
アーニー・グレアム / アーニー・グレアム [CD] - ぐるぐる王国 楽天市場店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント