マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)-" Live at the London Palladium"(1977)

マーヴィン・ゲイのキャリアは残酷にも実の父親に銃で撃たれ1984年4月1日に44歳と言う若さで絶たれてしまった。しかし、“モータウンのプリンス”とみなされていた彼の評価は今でも変わらない。
1979年11月、日本武道館にて唯一の来日公演が行われました。
.........................................................................................................................

1977年にリリースされた『Live At The London Palladium』は、アメリカで1位を記録したマーヴィンの作品の中でも最もディスコ的な11分に及ぶスタジオ・トラック「Got To Give It Up」が追加収録された2枚組。'71年以降にリリースされた楽曲を中心に、"Inner City Blues"、"What's Going On" 等々、名曲を連ねたメドレー構成も素晴らしいです。『Hotel Sheet』なる自主制作楽器の存在でもお馴染み、ジャック・アッシュフォードも参加した唯一のスタジオ作品となる "Got To Give It Up" なども収録した2枚組の大作です。

1977
Marvin Gaye / Live At The London Palladium
SIDE-A
1.Intro Theme
2.All The Way 'Round
3.Since I Had You Come Get To This
4.Let's Get It On
SIDE-B
1.Trouble Man
2.Medley 1
2-a.Ain't That Peculiar
2-b.You're A Wondderful One
2-c.Stubborn Kind Of Fellow
2-d.Pride and Joy
2-e.Little Darling(I Need You)
2-f.I Heard It Through The Grapevine
2-g.Hitch Hike
2-h.You
2-i.Too Busy Thinking About My Baby
2-j.How Sweet It Is(To Be Loved By You)
3.Medley 2
3-a.Inner City Blues(Make Me Wanna Holler)
3-b.God Is Love
3-c.What's Going On
3-d.Save The Children
SIDE-C
1.Medley 3
1-a.You're All I Need To Get By
1-b.Ain't Nothing Like The Real Thing
1-c.Your Precious Love
1-d.It Takes Two
1-e.Ain't No Mountain High Enough
1-f.Distant Lover
1-g.Closing Theme
SIDE-D
1.Got To Give It Up

Producer-Marvin Gaye/Art Stewart
エンジニアは、Art Stewart

Odell Brown - synthesizer
Elmira Amos - percussion
Jack Ashford - tambourine
Frankie Beverly - spoons and milk bottle
Gerald "Get Down" Brown - bass guitar
Walter Cox - vocals
Terry Evans - guitar
Bobby Gant - vocals
Frankie Gaye - background vocals
Marvin Gaye - vocals, keyboards, RMI bass synthesizer, juice bottle, producer (tracks: A1 to C3)
David Ly - saxophone
Florence Lyles - duet vocalist
Gwanda Hambrick - vocals
Fernando Harkness - saxophone
Jan Hunter - background vocals
Johnny McGhee - guitar
Nolan Andrew Smith - trumpet
Michael Stanton - electric piano
Art Stewart – producer (tracks: D1)
Melvin Webb - conga
Bugsy Wilcox - drums

"Intro Theme / All The Way 'Round" (Live At The London Palladium/1976)


Since I Had You (Live At The London Palladium/1976)


Come Get To This (Live At The London Palladium/1976)


Let's Get It On (Live At The London Palladium/1976)


Trouble Man & Medley I (Live At The London Palladium/1976)


Medley II & III"( At The London Palladium 1976)


Distant Lover & I Want You( At The London Palladium 1976)


Marvin Gaye / Got to Give It Up / 黒い夜(1977)

この「黒い夜」が、事実上、マーヴィン・ゲイの最後のヒット曲に。
マーヴィン本人のペンによるミドル・テンポのファンク・チューンで、クールなメロディとグルーヴィーに流れる演奏が実に心地良い。「Got To Give It Up」は1977年に、全米R&Bチャートで5週連続1位を記録したヒット曲。このスムーズでロマンチックな曲は、ディスコ時代にはダンスフロアを制圧していた。ライヴ・アルバム「Live at the London Palladium」の最後に収録されている唯一のスタジオ録音で、元々はアルバムの穴埋め曲として入れられたものだったが、それをシングル用に短くしたバージョンは、マーヴィンにとって3曲目の(そして最後の)No.1ヒットとなった。
Marvin、Leon Ware、Art Stewartの共作
ドラムスは、Bugsy Wilcox
ギターは、Johnny McGhee
キーボードは、Marvin
パーカッションは、Jack Ashford
バックグラウンド・ヴォーカルとして、Frankie Gaye、Jan Hunter
プロデュースは、Art Stewart
..........................................................................................................

最後に

マーヴィン・ゲイの未発表アルバム『ユーアー・ザ・マン』の国内盤CDが2019年5月8日に発売された。

Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)“幻”の未発表アルバム『You're The Man』/My Last Chance [SalaAM ReMi Remix]


この曲はもともと、マーヴィン・ゲイが1971年にリリースした名盤『What’s Going On』の作成期間中にデモ曲となる「ノン・サウンドトラック(インストゥルメンタル)盤」として1970年に録音され、 その2年後の1972年にボーカルを加えた作品である。
.................................................................................................................

【輸入盤CD】【ネコポス送料無料】Marvin Gaye / Live At The London Palladium (マーヴィン・ゲイ) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】【ネコポス送料無料】Marvin Gaye / Live At The London Palladium (マーヴィン・ゲイ) - あめりかん・ぱい
【送料無料】 Marvin Gaye マービンゲイ / You're The Man 【SHM-CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
【送料無料】 Marvin Gaye マービンゲイ / You're The Man 【SHM-CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント