ウェット・ ウィリー(Wet Willie)-1977年~1979年

ウェット・ウィリー
(Wet Willie)
1970年に アラバマ州モービルで結成。.
1969年の夏。ドラマーのルイス・ロスを中心とした4人編成のグループ、フォックス(Fox)がそのルーツ。ウェット・ウィリーと名乗る事になったのは1970年頃。

当初のメンバー
ジミー・ホール(ヴォーカル、ハープ、サックス)
ジャック・ホール(ベース、バックグラウンド・ヴォーカル)
リッキー・ハーシュ(ギター、バックグラウンド・ヴォーカル)
ジョン・アンソニー(キーボード、リズム・ギター)
ルイス・ロス(ドラムス、パーカッション)

アルバムは1971年から1979年までの間に10枚発表しています。1971年、キャプリコーン・レコーズからの「Wet Willie」が彼等のデビュー作、翌1972年には「Wet Willie II」を発表、1973年にはライヴ盤「Drippin' Wet」を発表、これが全米189位、1974年には「Keep on Smilin'」を発表、これは全米最高41位を記録、シングル「Keep on Smilin' / Soul Jones」もチャート最高10位を記録、1974年は人気の面で彼等のピーク、その後も1975年から1977年までの間に「Dixie Rock」「The Wetter the Better」「Left Coast Live」「Greatest Hits」といったスタジオ作品やライヴ盤、ベスト盤を発表、所属レーベルをエピックに移籍。80年に解散。

このバンドは、ジミー・ホールのソウルフルなヴォーカルとファンキーサウンドな泥臭さが特徴、大きなヒットはありません。

解散後、ジミー・ホールはソロ活動に・・・・・・。ギターの大御所ジェフ・ベックの"フラッシュ"でヴォーカリストとして招かれ、その後の来日公演で日本武道館のステージにも立ったようです・・・・・・・。

1990年代に入って活動を再開。2000年代に入って、The Wet Willie Band 名義でライヴ盤を発表するなど、現役のバンドとして今なお音楽活動を展開しているらしい。2012年には再結成してアルバム「Miles of Smiles」を発売。
.......................................................................................................................................
3枚紹介
Epic Recordsから1977年「Manorisms」、1979年「Which One's Willie?」、2枚の最終的なスタジオアルバムをリリース。そして、2枚目のライブアルバムとなる1977年にCapricorn から「Left Coast Live」をリリースしている。

...................................................................................................................................................

1977年のアルバムで、 Capricorn から EPICに移籍後一枚目の作品。表紙の建物は、多くのアルバムが録音されたシプトンオンチャーウェルのマナースタジオ。これが今の所、最後の全米チャート・イン・アルバムだ。bass の Jack Hallとジミー、マイケル、この3人以外は、今回の作品でメンバーが変わっています。ギターにLarry Berwalkと Marshall Smith, drums に Theophilius Livelyが参加。"Street Corner Serenade" は全米で大ヒット。前作より少しポップになっています。

1977
Epic
"Manorisms"
A1 Rainman 3:20
A2 Make You Feel Love Again 3:28
A3 So Blue 3:17
A4 We Got Lovin’ 3:32
A5 Don’t Turn Me Away 3:46
B1 Street Corner Serenade 4:54
B2 One Track Mind 3:46
B3 How ‘Bout You 1:12
B4 Doin' All The Right Things (The Wrong Way)4:14
B5 Let It Shine 4:18

Producer – Gary Lyons

Bass, Vocals – Jack Hall
Drums, Percussion, Vocals – Theophilus Lively
Guitar – Larry Berwald
Guitar, Vocals – Marshall Smith
Harmonica, Saxophone, Lead Vocals – Jimmy Hall
Keyboards, Lead Vocals – Mike Duke

Make You Feel Love Again


We Got Lovin’


Don’t Turn Me Away


Street Corner Serenade

...................................................................................................

1977年、2枚目のライブアルバムとなる77年リリースのライヴ・アルバム。(バンドはこのアルパムの後EPICへ移籍する頃)
アルバム「The Wetter The Better」リリース後のツアーから収録、②④⑤⑧⑪の5曲が「The Wetter~」から。それ以外には、1stから①、2ndから③、そして出世作の4th「KKeep On Smilin'」から⑦⑨⑩の3曲がチョイス。スタジオ・アルバムよりも圧倒的にライヴで実力を発揮、これもかなりご機嫌!!ジミー・ホールのファンキーでソウルフルなボーカルとブルース・ハープ(※時にサックスも・・・)。リツキー・ハーシュの切れ味の鋭いギター、マイク・デュークとジョン・アンソニーのダブル・キーボード。そして底辺を支えるジャック・ホールのベースとルイス・ロスのドラムス・・・。名ライヴ盤

1977
Capricorn
"Left Coast Live"
1. Shame, Shame, Shame (Jimmy Reed) - 2:57
2. Baby Fat (Jack Hall, Jimmy Hall, Michael Duke, Ricky Hirsch) - 3:41
3. Grits Ain't Groceries (Titus Turner) - 3:21
4. Everything That 'Cha Do (Will Come Back To You) (Ricky Hirsch) - 5:47
5. Teaser (Michael Duke) - 4:08
6. Jelly Jelly (Billy Eckstine, Earl Hines) - 12:52
7. Country Side Of Life (Ricky Hirsch) - 3:44
8. Ring You Up (Michael Duke) - 5:29
9. Lucy Was In Trouble (Ricky Hirsch) - 12:14
10.Keep On Smilin' (Jack Hall, Jimmy Hall, John Anthony, Lewis Ross, Ricky Hirsch) - 5:49
11.No, No, No (Michael Duke) - 4:12

Producer – Kurt Kinzel, Paul Hornsby

John Anthony - Keyboards, Moog Synthesizer, Vocals
Mike Duke - Clavinet, Keyboards, Piano, Vocals
Jack Hall - Bass, Vocals
Jimmy Hall - Harmonica, Harp, Saxophone, Vocals
Ricky Hirsch - Guitar, Vocals
Lewis Ross - Drums
Special Guest
Toy Caldwell - Guitar

Jelly Jelly

ビリー・エクスタイン作のブルースナンバー

Lucy was in trouble

ハモンドとジミー・ホールのゴスペル・マナーのボーカルで盛り上げ、一気に粋でソウルフルな世界へ・・・。
...................................................................................................

1979年には「Which One's Willie?」を発表するも、1980年には解散。
ウェット・ ウィリーの'79年作。ミック・ジャクソン名曲カヴァーの "Weekend" を筆頭に、シングルカットもされた "Ramona"、中盤からコーラスを交えるソウルフルな "Stop And Take A Look〜"、 "Smoke" などが収録。パワフルなヴォーカル、たっぷりのハーモニー、心地よいホーンセクション!ファンキーでメロディに溢れ、心が弾む。

1979
Epic
"Which One's Willie?"
A1 Ramona 4:34
A2 Stop And Take A Look (At What You've Been Doing)/Don't Let The Green Grass Fool You 4:24
A3 Weekend 5:59
A4 Smoke 5:01
B1 The Hard Way 4:20
B2 Tired Dreams 4:10
B3 This Time 3:59
B4 Mr. Streamline 4:02
B5 You Don't Know What You Mean To Me 4:05

Producer – Lennie Petze

Bass Guitar, Vocals – Jack Hall
Conductor [Strings] – Steve Porcaro (tracks: B2, B3)
Guitar – Larry Berwald
Guitar, Vocals – Marshall Smith
Harmonica, Saxophone, Vocals – Jimmy Hall
Keyboards, Vocals – Mike Duke

Ramona


Stop And Take A Look


Weekend


Smoke


This Time


............................................................................................................................................

おまけ

Wet Willie Keep On Smilin'


Wet Willie Rendezvous With The Blues

.......................................................................................................................................

前回、ウェット・ウィリー(Wet Willie)ー1971年~1978年(キャプリコーン時代)を紹介しています。よろしかったら覗いてみてください。
↓       ↓          ↓
https://51036951.at.webry.info/201409/article_23.html
.................................................................................................................................
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ウェット・ウィリー / マナーイズムズ - あめりかん・ぱい
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ウェット・ウィリー / マナーイズムズ - あめりかん・ぱい

Left Coast Live by Wet Willie (1999-06-22) - Wet Willie
Left Coast Live by Wet Willie (1999-06-22) - Wet Willie

MANORISMS/WHICH ONE’S WILLIE? - WET WILLIE
MANORISMS/WHICH ONE’S WILLIE? - WET WILLIE

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント