スティールハート(Steelheart)-" STEELHEART"1990年

スティールハート
(Steelheart)
アメリカ合衆国出身のハードロック・バンド。
同国「HR/HM:ハードロック・ヘヴィメタル」ムーブメントの末期にデビュー。ヒット曲を量産するなど早々に開花するも、不幸事が原因で活動停止。紆余曲折を経て、2000年代から再始動したベテランのグループ。

メンバー
現ラインナップ
ミレンコ・マティアヴィッチ Miljenko Matijevic - ボーカル/リズムギター (1990– )
(旧名マイク・マティアヴィッチMike Matijevic)
ウロス・ラスコフスキ Uros Raskovski - リードギター (2006–2008, 2009–2010, 2014– )
レヴ・ジョーンズ Rev Jones - ベース (2007– )
マイク・ハンベルト Mike Humbert - ドラムス (2006– )

旧メンバー
クリス・リゾーラ Chris Risola - リードギター (1990–1992, 2006–2014)
ジェームス・ウォード James "Jimmy" Ward - ベース (1990–1992, 1996)
ジャック・ウィルキンソン Jack Wilkenson - ドラムス (1990)
ジョン・ファウラー John Fowler - ドラムス (1990–1992) RIP.2008
ケニー・カナウスキ Kenny Kanowski - リードギター (1996) RIP.2017
ヴィンセント・メレ Vincent Mele - ベース (1996)
アレックス・マカロヴィッチ Alex Makarovich - ドラムス (1996)
ビル・ロネロ Bill Lonero - リードギター (2008)

1981年、ミレンコ・マティアヴィッチらを中心に結成したハードロック・バンド「Red Alert」が前身。レッド・ツェッペリンやスコーピオンズといった、有名ロック・バンドのカバーを主体としていた。
1990年、大手レーベル「MCAレコード」に売り込みが成功しメジャー契約。同名のバンドが存在したため「Steelheart」と改名。セルフタイトルの1stアルバム『STEELHEART』でデビュー。米ビルボードチャートでトップ40を記録。同年に初来日公演を開催。翌1991年にシングルカットされたバラード「She's Gone」は、インターナショナルチャートで1位記録。1992年、2ndアルバム『Tangled in REINS』を発表。その後ライブツアーを開催するも、ライブ中にヴォーカル担当のマイク・マティアビッチが、照明器具の落下に巻き込まれてしまうという事故が発生して大怪我を負い、長期の療養が必要となった。これによりバンドの中心人物を失い、1993年から活動を休止をせざるを得なくなった。1996年にバンドを再編し、3rdアルバム『Wait』を発表。マティアビッチが療養中に様々なトラブル・苦難と闘った影響で、書き上げた楽曲は全体的に哀愁的な雰囲気になっていた。また、当時流行していたグランジ的な楽曲も多く含まれており、これまでの作風とは音楽性が大きく異なっている。この間、マティアビッチ以外のオリジナルメンバーは既にバンドを離脱しており、当アルバムはマティアビッチのソロ的側面の濃い作品であった。

ライブツアー終了後、長期の活動停止期間に入る。

再始動
2006年、10年ぶりに活動を再開し、創設メンバー クリス・リゾーラが復帰。自主レーベル「Steelheart Records」を設立し、EP「Just a Taste」 ビデオ『Still Hard』といった作品を久々にリリースした。
2008年、12年ぶりの4thアルバム『Good 2B Alive』を発表。
2017年、27年ぶりの来日公演を開催]。同年秋、9年ぶりの5thアルバム『Through Worlds Of Stardust』を発表。
......................ここまで『ウィキペディア(Wikipedia)』を抜粋。

先日、棚の中に1stアルバム『STEELHEART』でデビューのCDがでてきました。詳しい経歴はウィキペディアから引用させて頂きました。
数十年前に購入した記憶が・・・・・定かではないですが、アルバム収録のバラード曲「She's gone/シーズ・ゴーン」が印象的に残っています。残念ながら、スティールハート(Steelheart)のアルバムは、この一枚しか所持してません。ボーカリスト Miljenko Matijevic(ミレンコ・マティアヴィッチ 当時のマイク・マティアヴィッチから復名)マイク・マティアビッチの超人的とも言える声量、声域が最大の売りであり、特にバラードナンバー「She's gone」での凄まじいハイトーンは圧巻。にも関わらず、非常に高い演奏力を持つバンドでありながら、一般的な知名度は極めて低い。1stアルバム『スティールハート』(1990年)収録のバラード曲「She's gone/シーズ・ゴーン」は翌91年にシングルカットされ インターナショナルチャート1位を獲得し大ヒット。ついでにギターはザック・ワイルド。アルバムのほうですが、クオリティが高い「HR/HM:ハードロック・ヘヴィメタル」、非常に正統派のハードロックを聴かせてくれる。ビルボード誌アルバムチャート第40位を記録。

1990
Steelheart
"STEELHEART"
1. Love Ain't Easy
2. Can't Stop Me Lovin' You
3. Like Never Before
4. I'll Never Let You Go
5. Everybody Loves Eileen
6. Sheila
7. Gimme Gimme
8. Rock 'N Roll (I Just Wanna)
9. She's Gone
10. Down 'N' Dirty

Producer – Mark Opitz

Bass – James Ward (9)
Drums – John Fowler
Lead Guitar – Chris Risola
Rhythm Guitar – Frank Di Costanzo
Vocals – Michael Matijevic

Love Ain't Easy

ギターリフにドラムが豪快で、正統派のハードロック

Can't Stop Me Lovin' You

マイクのヴォーカルが縦横無尽に歌い上げる。

Like Never Before

ノリのいいロックンロール

I'll Never Let You Go

超絶パワーバラード。高く伸びていくマイクの声は、もはや芸術の域。2ndシングル、ビルボード誌シングルチャートで第23位、同誌Mainstream Rockチャートでは第24位を記録。

Everybody Loves Eileen

明るいハードロック。3rdシングル、Mainstream Rockチャートで第34位を記録。

Sheila

ラストのマイクとクリスの超高音の掛け合いは圧巻。

Gimme Gimme

フレーズが満載のハードロックチューン。

Rock 'N Roll (I Just Wanna)

ギターソロも痛快。

She's Gone

歌詞も切ないしメロディーも泣かせる曲。4オクターヴとも言われる、ウクライナ出身のMike Matijevic(マイク・マティアビッチ)のヴォーカルである。ハイトーンヴォーカルは、この世界には数多く出現したが、その上をいく超絶ヴォーカルである。シングルチャート第59位。

Down 'N' Dirty

正統派ハードロックンロールソング。

.........................................................................................................................................

所持してませんが、1992年のリリースした2ndアルバム『タングルド・イン・レインズ』ではロバート・プラントの影響を感じさせる才能豊かなヴォーカルを聴かせてくれる。しかし同年、彼らに悲劇が襲います。ライブツアー中に、ミレンコが照明器具に上ろうとしたとき、その櫓ごと器具がミレンコの上に倒れ、彼は頭蓋骨から背骨までの骨折をし、一時的な記憶喪失なってしまいます。その後バンドは活動休止 。

その時の映像がこちら。
Miljenko-SteelHeart Stage Accident


命を取り留め、リハビリを克服し、1996年に3rd・アルバムを出すものの、ツアー後、バンドは活動休止。
2006年にバンドは復活し、2008年に4枚目のアルバムを発売し精力的に活動。
2017年、27年ぶりの来日公演を開催。同年秋、9年ぶりの5thアルバム『Through Worlds Of Stardust』を発表。
現在も圧巻のバラード「シーズ・ゴーン」を歌い続けている。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
おまけ

最後に、2017年、9年ぶりの5thアルバム『Through Worlds Of Stardust』から、”You Got Me Twisted”を。

..............................................................................................................................................
オリジナル・アルバム
STEELHEART (1990年)
Tangled in REINS (1992年)
Wait (1996年)
Good 2B Alive (2008年)
Through Worlds Of Stardust (2017年)
.................................................................................................
スティールハート [ スティールハート ] - 楽天ブックス
スティールハート [ スティールハート ] - 楽天ブックス
タングルド・イン・レインズ [ スティールハート ] - 楽天ブックス
タングルド・イン・レインズ [ スティールハート ] - 楽天ブックス
ウェイト - スティールハート
ウェイト - スティールハート
CD/スルー・ワールズ・オブ・スターダスト (解説歌詞対訳付)/スティールハート/KICP-1838 - サプライズWEB
CD/スルー・ワールズ・オブ・スターダスト (解説歌詞対訳付)/スティールハート/KICP-1838 - サプライズWEB

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント