レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)-Part.2(1975年~1976年)

レーナード・スキナード
(Lynyrd Skynyrd)
1965年、フロリダ州ジャクソンビルで結成されたロックバンド。
地元ハイスクールの学生5人が「My Backyard」のバンド名で結成、バンド名改名,リーダーなどの事故死,メンバー変遷や再結成を経て2000年以降も活動。

「ロニー・ヴァン・ザント/Ronnie Van Zant」(ヴォーカル)
「アレン・コリンズ/Allen Collins」(ギター)
「ゲイリー・ロッシントン/Gary Rossington(ギター)が結成、「レオン・ウィルクソン/Leon 」(ベース・ギター),「ビリー・パウエル/Billy Powell」(キーボード)が加わり「レーナード・スキナード/Lynyrd Skynyrd:体操教師(Leonard Skinner)教師の名前をバンド名に拝借」と改名。更に「ボブ・バーンズ/Bob Burns」(ドラムス)が参加し本格的に活動を開始。「アル・クーパー/Al Kooper」に認められ73年に彼のプロデュースでデビュー。トリプル・ギターによるハードでヘヴィな南部ロック・サウンドで人気を得る。74年「Sweet Home Alabama」が米国で8位を記録し成功を収めますが、77年10月20日チャーター機の墜落事故で「ロニー・ヴァン・ザント/Ronnie Van Zant」(ヴォーカル),「 スティー・ゲインズ/Steve Gaines」(ギター/ヴォーカル)、彼の姉のキャシー・ゲインズ(レーナードのバックヴォーカリスト)3人が死去。その後は残りのメンバーで再スタート、78年「What's Your Name」が米国で13位を記録。

また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第95位に入っています。

因みに、1977年にオリジナルメンバーによる日本公演を行っている(飛行機事故前)
..................................................................................................................................

訃報

オリジナル・メンバーであったドラマーのボブ・バーンズ(Bob Burns)が2015年4月3日、ジョージア州カータースビルで自動車事故を起こし死去。享年64歳。最初のアルバム2枚(『Lĕh-'nérd 'Skin-'nérd』『Second Helping』)に参加後、1974年にバンドを脱退しています。2006年にロックの殿堂入りを果たした時には、ドラムで参加しています。

色褪せないヒット曲「Sweet Home Alabama」の共作者でもある元ギタリスト、エド・キングが2018年8月22日に68歳で逝去。初期の3作品、『Pronounced Leh-nerd Skin-nerd』 (1973年)、『Second Helping』 (1974年)、『Nuthin’ Fancy』 (1975年)に参加。エド・キングは2006年にレーナード・スキナードのメンバーらと共にロックの殿堂入りを果たした。

キーボード奏者として活躍したビリー・パウエルが2009年1月18日、米国フロリダ州の自宅で死去。死因は明らかにされていませんが、心臓発作とみられています。享年56歳。
..........................................................................................................................................

初期(オリジナルメンバー)
☆ロニー・ヴァン・ザント(Ronnie Van Zant) - ヴォーカル(1977年、飛行機事故により死亡)
☆ゲイリー・ロッシントン(Gary Rossington) - ギター
☆アレン・コリンズ(Allen Collins) - ギター (1990年、慢性肺炎により死亡)
☆エド・キング(Ed King) - ギター(1975年脱退、2018年死亡)
☆スティーヴ・ゲインズ(Steve Gaines) - ギター(1975年加入、1977年飛行機事故により死亡)
☆ビリー・パウエル(Billy Powell) - キーボード(2009年死亡)
☆ラリー・ヤンストロム(Larry Juns trom) - ベース(1972年脱退)
☆レオン・ウィルクソン(Leon Wilkeson) - ベース(1972年加入、2001年死亡)
☆ボブ・バーンズ(Bob Burns) - ドラムス(1975年脱退、2015年交通事故により死亡)
☆アーティマス・パイル(Artimus Pyle) - ドラムス(1975年加入)

途中加入者を含め、70年代の他のメンバーで存命なのは
ゲイリー・ロッシントン
アーティマス・パイル
の2名。
.............................................................................................................................................

その前に、サザン‐ロック(southern rock)とは、
ブルースやR&B、カントリーなどを基とした、豪快なサウンドが特徴のアメリカ南部のロック。1970年代前半に活躍した、Allman Brothers Band、Atlanta Rhythm Section、Marshall Tucker Band、Wet Willie、Dixie Dregs、Sea Level、BlackOak Arkansas・・・・等のバンドが有名。Lynyrd Skynyrdは、そのサザン・ロックの代表格の一つ。
.......................................................................................................................................................

前回は、Part1として、
Pronounced 'Lĕh-'nérd 'Skin-'nérd) (1973)
Second Helping (1974)を紹介しましたので、
今回は、Part2と題して
Nuthin' Fancy(1975)
Gimme Back My Bullets(1976)
LIVE/One More from the Road(1976)を紹介します。

.........................................................................................................................................................................................

1975年に発表した3作目のスタジオ・アルバム"Nuthin' Fancy"。日本盤は、当初『ロック魂』というタイトルで発売。
プロデュースは前2作同様にAl Kooperが担当!オリジナル・ドラマーのボブ・バーンズがハードなツアーの連続のため疲労でグループを離れ、新たにアーティマス・パイルが加入。プロデューサーのAl Kooperが曲作りに加わった「Cheatin' Woman」のようなブルーズ色の濃い曲と並んで、1曲目の「Saturday Night Special」や「On The Hunt」で重厚なサウンドを聴かせ、「Railroad Song」、「Made In The Shade」では軽妙なカントリーサウンドを聴かせる。「Am I Losin'」では、西海岸のロックっぽい面も見せる。最後はブギー調の「Whiskey Rock-A-Roller」で締める。本作は全米最高位9位。M1は映画『ロンゲスト・ヤード』挿入歌としてヒット。

1975
Lynyrd Skynyrd
"Nuthin' Fancy"
1. Saturday Night Special
2. Cheatin' Woman
3. Railroad Song
4. I'm A Country Boy
5. On the Hunt
6. Am I Losin'
7. Made In the Shade
8. Whiskey Rock-A-Roller

Producer/Al Kooper

Personnel
Lynyrd Skynyrd
Ronnie Van Zant – lead vocals
Gary Rossington – guitar
Allen Collins – guitar
Ed King – guitar
Billy Powell – keyboards
Leon Wilkeson – bass guitar
Artimus Pyle – drums, percussion

Additional personnel
Barry Harwood – dobro, mandolin
Jimmy Hall – harmonica
David Foster – piano
Bobbye Hall – percussion

Saturday Night Specia

シングル・カットされBillboard Hot100で27位を記録

Cheatin' Woman


On The Hunt


Whiskey Rock-A-Roller



因みに、本作の制作時にバンドとアル・クーパーの対立が深まり、アルバムの完成から間もなく決別。
...................................................................................................................................................

アメリカでミリオンセラーとなった伝説のライブアルバム

「LIVE/One More from the Road」
1976年に録音・発表した、キャリア初のライブ・アルバム。1976年7月のアトランタ公演のライブ音源が収録され、2枚組LPとして発売。エド・キングの後任として加入した新ギタリスト、スティーヴ・ゲインズを迎え、絶頂期を迎える直前のLIVEだけに、勢いは最高です。「Sweet Home Alabama」「Crossroads」で大いに盛り上がりを見せ、最後の14分近くにも及ぶ「Free Bird」でのギターバトルは、今の時代にはない70年代ならではの熱〜いロック作品、ほんと名盤!!


1976
Lynyrd Skynyrd
"One More From The Road"
LP 1- Side 1:
1. Workin' for MCA
2. I Ain't the One
3. Searching
4. Tuesday's Gone
LP 1- Side 2:
1. Saturday Night Special
2. Travellin' Man
3. Whiskey Rock-A-Roller
4. Sweet Home Alabama

LP 2- Side 3:
1. Gimme Three Steps
2. Call Me the Breeze
3. T for Texas
LP 2- Side 4:
1. The Needle and the Spoon
2. Crossroads
3. Free Bird

Producer Tom Dowd

Personnel
Ronnie Van Zant – lead vocals
Steve Gaines – guitar, vocals
Allen Collins – guitar
Gary Rossington – guitar
Billy Powell – keyboards
Leon Wilkeson – bass, vocals
Artimus Pyle – drums
JoJo Billingsley, Cassie Gaines, Leslie Hawkins – backing vocals


Sweet Home Alabama


T for Texas


Crossroads

ロバート・ジョンソンのカバー曲、アレンジはクリームのヴァージョン

Free Bird (Live - Undubbed) (Fox Theater 2001 Deluxe Edition)

3本のギターによる「名演」、13分のうち10分はギターソロでひきまくってます。圧巻。
シングル・カットで、チャートイン(全米38位)
....................................................................................................................................

ギタリストの一人、エド・キングが脱退し6人組となったレイナード・スキナードが1976年に発表した通算4作目"Gimme Back My Bullets"邦題は「不屈の魂」。プロデューサーがアル・クーパーからトム・ダウドに交替。看板でもあるトリプル・ギターのうちエド・キングが1975年に脱退してしまい、このアルバムはギター2人で全メンバー6人で収録。それまでの豪快さは若干鳴りを潜め、サウンドにもその辺りの変化が出ているが、ここでのトム・ダウドとバンドとの相性をいま一つである、とする声も多い。本作はBillboard 200で20位記録。

1976
Lynyrd Skynyrd
"Gimme Back My Bullets"
Side 1:
1. Gimme Me Back My Bullets
2. Every Mother’s Son
Side 2:
3. Trust
4. I Got The Same Old Blues

Side 3:
1. Double Trouble
2. Roll Gypsy Roll
3. Searching
Side 4:
1. Cry For The Bad Man
2. All I Can Do Is Write About It

Producer/Tom Dowd

Personnel
Lynyrd Skynyrd
Ronnie Van Zant – lead vocals, lyrics
Gary Rossington – guitars
Allen Collins – guitars
Billy Powell – keyboards
Leon Wilkeson – bass, background vocals
Artimus Pyle – drums, percussion

Additional personnel
The Honkettes - background vocals ("Double Trouble","Cry for the Bad Man")
Lee Freeman - harp ("I Got the Same Old Blues")
Barry Lee Harwood - dobro, mandolin ("All I Can Do Is Write About It")

I Got The Same Old Blues

J・J・ケイルのカヴァー

Double Trouble

シングル「ダブル・トラブル」はBillboard Hot 100で80位を記

All I Can Do Is Write About It



ちなみにその年はオールマン/Allman Brothers Bandが解散した年で、それに替わるようにレーナード・スキナード/Lynyrd Skynyrdが最盛期を迎えようとした…。
....................................................................................................................................

LIVEでは多数の観客を動員できる人気バンドとなり、Allman Brothers Band、Atlanta Rhythm Section等と並ぶサザン・ロックの旗手となり、1976年に南部で行われたLIVEでは、あのSantanaが前座を務めた。

しかし・・・・、しかしながら・・・・・・・・。

1977年10月20日、ツアーの移動で乗っていた飛行機がミズーリ州マッカム近郊で燃料切れにより墜落。メンバーのロニー・ヴァン・ザント、スティーヴ・ゲインズ、バックコーラスのメンバーだったキャシー・ゲインズら主要メンバーが死亡。この飛行機事故により、バンドは解散。
.................................................................................................................................................
●「Street Survivors」
1977年発表の因縁のアルバム。
このアルバムが発表された3日後に、あの悲劇の飛行機事故に・・・・。本国アメリカでは、飛行機事故でなくなった二人の顔が炎に包まれているのが不吉だという理由でジャケットが差し替えられた。

●「SKynyrd's First & ・・・Last」
1978年発表の6枚目のアルバム。彼らのデビュー以前に録音された文字通りのファーストアルバムであり、事故により解散を余儀なくされた事実上のラストアルバムでもあります。デビュー以前の曲なので、南部魂入魂の曲ばかりです。
.....................................................................................................................................

この痛ましい飛行機事故後、ロニー・ヴァン・ザントの弟ドニー・ヴァン・ザントは「38 Special」を結成し、3枚連続のプラチナ・ディスクを獲得。
1987年、ロニーのもう一人の弟であるジョニー・ヴァン・ザントは、ゲイリー・ロッシントン、ビリー・パウエル等とともに「Lynyrd Skynyrd」を再結成。

80年代のジョージア・サテライツや90年代のブラック・クロウズ、現在進行形のテデスキ・トラックス・バンドなどに大きな影響を与えており、70年代のグループであるにもかかわらず、彼らのサウンドは未だに多くのロッカーたちから支持されている。
.......................................................................................................................................................

アルバム
(Pronounced 'Lĕh-'nérd 'Skin-'nérd) (1973)
Second Helping (1974)
Nuthin' Fancy (1975)
LIVE/One More from the Road(1976)
Gimme Back My Bullets (1976)
Street Survivors (1977)
Skynyrd's First and... Last (1978)
..............................................................................................................................................................

最後に再度、大好きな"Simple Man" を…。

1973 Geffen Records
Producer, Associated Performer, Organ: Al Kooper
Vocals: Ronnie Van Zant
Lead Guitar: Gary Rossington
Bass Guitar: Ed King
Keyboards: Billy Powell
Drums: Bob Burns
Rhythm Guitar, Lead Guitar: Allen Collins
Composer Lyricist: Ronnie Van Zant
Composer Lyricist: Gary Rossington
.............................................................................................................................................................
【輸入盤】Nuthin' Fancy (Rmt) [ Lynyrd Skynyrd ] - 楽天ブックス
【輸入盤】Nuthin' Fancy (Rmt) [ Lynyrd Skynyrd ] - 楽天ブックス
【輸入盤】One More From The Road: 25th Anniversary Edition (Dled) [ Lynyrd Skynyrd ] - 楽天ブックス
【輸入盤】One More From The Road: 25th Anniversary Edition (Dled) [ Lynyrd Skynyrd ] - 楽天ブックス
輸入盤 LYNYRD SKYNYRD / GIMME BACK MY BULLETS (REMASTER) [CD] - ぐるぐる王国 楽天市場店
輸入盤 LYNYRD SKYNYRD / GIMME BACK MY BULLETS (REMASTER) [CD] - ぐるぐる王国 楽天市場店

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック