ロニー・フォスター(Ronnie Foster)-"On the Avenue"1974

ロニー・フォスター
(Ronnie Foster)
1950年5月12日生まれ
ニューヨーク州バッファロー出身
ファンク 、 ソウルジャズ.オルガニスト/レコードプロデューサー
1970年代にBlue Note Records用に録音された彼のアルバムは、 アシッドジャズの出現後にカルト的な支持を得ています。ジョージ・ベンソンのCTI時代等の70年代の作品にも多数参加。1976年のアルバムBreezin 'での "Lady"の作曲を手掛けている。Chet Atkins 、 Grant Green 、 Grover Washington、Jr 、 Stanley Turrentine 、 Roberta Flack 、 Earl Klugh 、 Harvey Mason 、 Jimmy Smith 、 Stevie Wonderなどと共演。 また、ブラジルのアーティストDjavan 、 Guilherme Arantes 、 Pepeu Gomesによるアルバムをプロデュース。
............................................................................................................................................................

74年発表、スティーヴィ・ワンダーの名曲"Golden Lady"のカヴァーを収録したジャズ・ファンク名盤。この“On the Avenue”は、ブルーノートからリリースされた第4作目。初期のエッジ感を抑えながら、メロウさをより成熟させており、ロニー・フォスター本来の魅力に溢れている。本作のプロデュースはGeorge Benson(ジョージ・ベンソン)

1974年
On the Avenue
SIDE-A
1. Serenade To A Rock
2. On The Avenue
3. What Happened To The Sunshine

SIDE-B
1. Golden Lady
2. To See A Smile
3. Big Farm Boy Goes To A Latin City
4. First Light

Producer: George Benson

Personnel
Ronnie Foster - organ, clavinet, synthesizer, vocals
John E. Gatchell, Dean Robert Pratt - trumpet, flugelhorn
Gerald Ray Chamberlain - trombone
Joel L. Kaye - baritone saxophone
Phil Upchurch - guitar, electric bass
Marvin Chappell - drums
Ray Armando - percussion
Alfred "Pee Wee" Ellis - horn arranger

Serenade To A Rock

Phil Upchurch(フィル・アップチャーチ)のツボを得たギターだ。聞けば聞くほど味のある曲

On The Avenue

ホーンセクションも加わり、力強いリズムとメロウさのバランスが心地いい

Golden Lady

Stevie Wonder”のカバー

First Light

Freddie Hubbard(フレディ・ハバード)のカバー

...........................................................................................................................................

オン・ジ・アヴェニュー [ ロニー・フォスター ]
楽天ブックス
ロニー・フォスターオン ジ アベニュー フォスター ロニー ガッチェル ジョンイー プラット ディー


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック