ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー(Will You Love Me Tomorrow)

ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー
(Will You Love Me Tomorrow)
作詞 Gerry Goffin(ジェリー・ゴフィン)、作曲 Carole King(キャロル・キング)の有名曲。オリジナルはアメリカの女性グループ、The Shirelles/シュレルズが1960年11月に発売したシングル。翌年全米1位・全英4位を記録。タイトルはWill You Love Me Tomorrowなのですが、歌詞がそうなっているため、Will You Still Love Me Tomorrowという題名で知られています。この曲は、数多くのカバー・バージョンが存在し、ベン・E・キング、ビージーズ、シェール、ブライアン・フェリーといったお歴々もカヴァーしています。作曲したCarole King(キャロル・キング)も自身のアルバム「つづれおり(Tapestry)」で歌っています。

シュレルズについて
(The Shirelles)
アメリカの女性R&B~ガールズ・ポップ・グループ。
黒人女性グループとして初めてビルボードで一位になった。黒人のR&BやDoo-wopがロックンロールの台頭で白人層にも聴かれるようになった頃。リードシンガーのシ Shirley Owens (シャーリー・オーエンズ)を中心に、1957年にニュージャジー州で結成。高校のタレント・ショーで歌っているところをフローレンス・グリーンバーグに発掘され、1958年に彼が作った<Tiara>というレーベルに初録音。"I Met Him on a Sunday"は間もなく<Decca>レーベルより全米にディストリビュートしてナショナルヒットを記録。フローレンス氏がその後に設立した<Scepter/Wand>レーベルにそのまま移り、プロデューサーのルーサー・ディクソンのサポートをうけ、"Tonight's the Night"のヒット以降、Etta JamesやLittle Richardのような数人の主要なアーティストとの共演が多くなり、それに続いて、夫妻の作詞作家Gerry Goffin(ジェリー・ゴフィン)と作曲 Carole King(キャロル・キング)によって書かれた「Will You Love Me Tomorrow 」。この曲は続いて、アフリカ系アメリカ人のガールグループによる最初のビルボードナンバーワンヒットとなり、1966年頃まで多くのチャートヒットを連発しています。ガールグループの先駆けとしても知られ、Doo-wop(ドゥーワップコーラス)を発展させたキャッチーなコーラススタイルは、続くザ・シフォンズら、ガールグループにも影響を与えています。

シュレルズ・メンバー
ビバリー・リー(Beverly Lee)
ドリス・コリー(Doris Coley)
アディ・ミッキ・ハリス(Addie “Micki” Harris)
シャーリー・オーウェンス(Shirley Owens)

メイン・リード・ヴォーカルのシャーリー・オーウェンス(Shirley Owens)は最初にこの曲を渡された時、その曲が "too country"(あまりにも田舎っぽい)と思えたのでレコーディングを望まなかったといいます。それでもストリングスのアレンジメントが加えられたことで彼女の気持ちも和らいだだようで、それが結果として女性初の全米No.1シングルとなるのですが、本人の気に入らない曲が「No.1になってしまった」―という。

この曲はGerry Goffin(ジェリー・ゴフィン)と Carole King(キャロル・キング)のコンビによるもの。大学在学中から音楽活動をしていたCarole King(キャロル・キング)ですが、この曲を書いたとき、Carole King(キャロル・キング)は18歳であったという。歌手としてはパッとしなかったようで、やがて作詞が得意なGerry Goffin(ジェリー・ゴフィン)とコンビを組み、公私共にパートナーとなって曲作りをするようになりました。(コンビはこの後も「ロコ・モーション」などヒット曲を連発して行きます)1968年に二人は離婚、その後もしばらくは共同での曲づくりが続けられたものの、Carole King(キャロル・キング)は、シンガー・ソングライターとしての活動を本格的に開始。ほどなくリリースされたアルバムが、「つづれおり(Tapestry)」(1971)である。
............................................................................................................
参考資料
1959年に、Gerry Goffin(ジェリー・ゴフィン)はCarole King(キャロル・キング)と結婚し、夫妻でソングライター・コンビを組んで作詞・作曲を手がけ、前述のヒット曲など、1960年から1963年にかけての3年間で、2人は延べ20曲あまりの全米トップ40ヒットを世に送り出している。(Wikipediaなど)

ジェリー・ゴフィン
(Gerry Goffin)
本名:ジェラルド・ゴフィン(Gerald Goffin)
ソングライター(作詞家)
2014年6月19日、死去、75歳。
ニューヨーク出身。最初の妻で作曲家のCarole King(キャロル・キング)とコンビを組み、1950年代から60年代にかけてヒット曲を発表。2人は68年に離婚したが、その後も作詞を続け、ダイアナ・ロスの「マホガニーのテーマ」やホイットニー・ヒューストンの「すべてをあなたに」なども手がけた。
......................................................................................................

オリジナルのシュレルズです。
The Shirelles/Will You Love Me Tomorrow

アルバム: Tonight's the Night
リリース: 1960年
.......................................................................................................................................

Will You Love Me Tomorrow聴き比べ(独断で一部貼り付けします。)

「神はピアノの鍵盤の中に、音楽を聴く聴衆の中に存在する」との言葉を残したロバータ・フラック。オリジナルとはアレンジが全く違ってよりスピリチュアルな・・・・・・・・。

Roberta Flack/Will You Still Love Me Tomorrow

1971年のアルバム"Quiet Fire"から
Piano, Vocals: Roberta Flack
Bass Guitar: Ron Carter


1997年に卵巣癌のため亡くなった女性シンガー/ソングライター、ローラ・ニーロが生前にレコーディングしていたものをまとめ2001年にリリースしたアルバム"Angel in the Dark"から。

Laura Nyro/ Will You Still Love Me Tomorrow

オリジナルを知らなければ、すべてローラ・ニーロの曲だと思ってしまう強い説得力に満ちている。何度も何度も聴き直しても、決して感動は薄れることのない。

Dave Mason /Will You Love Me Tomorrow

1978年のアルバム" Mariposa De Oro"から。デイブメイスンのギターと声の渋さ・・・・・・。全米39位。

Bryan Ferry/Will You Love Me Tomorrow

From his 1993 album Taxi.

Bee Gees /Will You Still Love Me Tomorrow

A single released by The Bee Gees in 1995

Norah Jones/ Will you still love me tomorrow

この気だるさそうな歌い方もなかなかいい。

Will You Love Me Tomorrow

Tonight you're mine completely
You give your love so sweetly
Tonight the light of love is in your eyes
Will you still love me tomorrow?  

Is this a lasting treasure
Or just a moment's pleasure?
Can I believe the magic of your sight
Will you still love me tomorrow?  

Tonight with words unspoken
And you say that I'm the only one
But will my heart be broken
When the night meets the morning star  

I'd like to know that your love
Is love I can be sure of
So tell me now and I won't ask again
Will you still love me tomorrow?
  
Will you still love me tomorrow?
Will you still love me tomorrow?

Tonight you're mine completely
You give your love so sweetly
Tonight the light of love is in your eyes
Will you still love me tomorrow?

Is this a lasting treasure
Or just a moment's pleasure?
Can I believe the magic of your sight
Will you still love me tomorrow?  

Tonight with words unspoken
And you say that I'm the only one
But will my heart be broken
When the night meets the morning star
  
I'd like to know that your love
Is love I can be sure of
So tell me now and I won't ask again
Will you still love me tomorrow?  

Will you still love me tomorrow?
Will you still love me tomorrow?
..................................................................................................................................

最後に

世界中で2200万枚以上のセールスを記録した怪物的アルバム「Tapestry」から

Carole King - Will You Still Love Me Tomorrow? (1971)

Carole King – piano, vocals
Danny "Kootch" Kortchmar – acoustic guitar
Russ Kunkel – drums
Charles "Charlie" Larkey – bass guitar
Joni Mitchell – background vocals
James Taylor – acoustic guitar, backing vocals
..................................................................................................................................

Carole King キャロルキング / Tapestry: つづれおり 【BLU-SPEC CD 2】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルロックフォーマットBLU-SPEC CD 2レーベルソニーミュージックエンタテインメ


楽天市場



【送料無料】 Laura Nyro ローラニーロ / Angel In The Dark 輸入盤 【CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルロックフォーマットCDレーベルRounder発売日2001年03月27日商品番号61


楽天市場



Mariposa De Oro/Old Crest On A New Wave
Beat Goes On
2010-06-07
Dave Mason

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック