スタンリー・ジョーダン(Stanley Jordan)- "Magic Touch"1985

スタンリー・ジョーダン
(Stanley Jordan)
1959年7月31日 生まれ
イリノイ州 シカゴ出身
ジャズギタリス
ギターの指板上で両手の指をタッピングさせる奏法を特徴。
(メーカー資料引用)
両手タッピング奏法というその独自の技法で、ジャズ・ギタリストとしての地位を確立。6歳からピアノをはじめ、11歳の時にギターに持ち替えると、ビートルズやレッドツェッペリン等のロックを聴く一方でジャズにも夢中になり、13歳の時にアートタイムのピアノをギターに置き換えて弾こうとトライした結果、独自のタッピング奏法を編み出す。その後、プリンストン大学にて音楽理論を学んだ後、ストリートミュージシャンをしながら、82年に自主制作による「Magic Touch」 でデビュー。
ピックを一切使わずに両手だけで演奏するそのプレイスタイルは、その後フォロワーは現れるも、彼の完成度を越える者はいなかった。既に両手タッピングの技術が彼によって極められた感があり、それ以上の技術的な進化が期待できなかったのも原因の1つだろう。とにかく、左手でコードを弾いて、右手でソロを弾く様は圧巻。
......................................................................................................................................................................

(参考資料)
タッピング奏法とは
ギターおよびエレクトリックベースの奏法の1つで、指板上の弦を指で叩き付けて押弦したりそのまま横に弾いたりして音を出す。単にタッピング(Tapping)とも言う。

(出典 第7回:超絶ライトハンド&タッピング・ギタリスト!)から引用
80年代に一世を風靡したライトハンド奏法。ライトハンド奏法とは右手で弦を叩く動作と、左手のハンマリングorプリングを組み合わせる奏法のことで、70年代にジェネシスのスティーヴ・ハケットが始めたと言われています。その後、エディ・ヴァン・ヘイレンがギター・プレイに大胆に取り入れたことで、一気にポピュラーなものになりました。

(出典 タッピング奏法 -【エレキギター博士】)から引用
もともとジャズの分野においてはタッチと呼ばれて比較的よく使われる技法であり、70年代のバンド、ジェネシスのスティーヴ・ハケットが既にタッピングによる奏法を行っており、クイーンのブライアン・メイも右手でハーモニクス・ポイントに触れて倍音を出すタッチ・ハーモニクス奏法をおこなっていました。
............................................................................................................................................................................

スタンリー・ジョーダンのデビューアルバム(Blue Note)。ビルボードのジャズアルバムチャートで51週に渡って1位を記録したヒット作。オリジナル4曲とカヴァー6曲を収録。カヴァーはビートルズの「Eleanor Rigby」、マイルス・デイヴィスの「Freddie Freeloader」、セロニアス・モンクの「Round Midnight」、マイケル・ジャクソンの「The Lady in My Life」(ロッド・テンパートン作)、ジミ・ヘンドリックスの「Angel」、サド・ジョーンズの「A Child Is Born」。ギターソロ曲の他、ベース・ドラム・パーカッション・キーボードの伴奏付きの曲もある。プロデュースはアル・ディ・メオラ。

Stanley Jordan 「Magic Touch」(1985)
01 Eleanor Rigby
02 Freddie Freeloader
03 ‘Round Midnight
04 All the Children
05 The Lady in My Life
06 Angel
07 Fundance
08 New Love
09 Return Expedition
10 A Child Is Born

Producer/Al Di Meola, Christine Martin

Personnel
Stanley Jordan – guitar
Onaje Allan Gumbs – keyboards
Wayne Braithwaite – bass
Charnett Moffett – bass
Peter Erskine – drums
Omar Hakim – drums
Al Di Meola – cymbals
Sammy Figueroa – percussion
Bugsy Moore – percussion

Eleanor Rigby


Freddie Freeloader


‘Round Midnight


All the Children


The Lady In My Life


Angel


Fundance


New Love


Return Expedition


A child is born

................................................................................................................................

おまけ

Eleanor Rigby Live from NAMM 2015


超絶 驚異的なテクニック
Stanley Jordan Trio The Paris Concert-Song for my father

2007年、パリでのライヴを収録。
<メンバー>
Stanley Jordan(g、p)
Charnett Moffett(b)
David Haynes(ds)
................................................................................................................................
リーダー作品

1982 Touch Sensitive (Tangent)
1984 Stanley Jordan (Blue Note)
1985 Magic Touch (Blue Note)
1986 Standards, Vol. 1 (Blue Note)
1987 El Hurracane (Rounder)
1988 Flying Home (EMI)
1990 Cornucopia (Blue Note)
1990 Street Talk (EMI)
1991 Stolen Moments (Blue Note/Somethin' Else)
1994 Bolero (Arista)
1998 Live in New York (Blue Note)
2008 State of Nature (Mack Avenue)
2011 Friends (Mack Avenue)
2015 Duets (Mack Avenue)
................................................................................................................................

Magic Touch
Blue Note Records
1992-03-03
Stanley Jordan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



スタンリー・ジョーダン・トリオ/パリ・コンサート [DVD]
ぐるぐる王国 楽天市場店
DVD発売日2008/7/2詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認くださいジャンル


楽天市場



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック