ロバータ・フラック(Roberta Flack)-Part.1(1969年~1972年)

ロバータ・フラック
(Roberta Flack)
1937年2月10日生まれ
ノースカロライナ州アッシュビル出身
バージニア州アーリントン育ち
R&B・ジャズ・ポップシンガー/シンガーソングライター
シングル・アルバム共にリリース数が少ないのですが、女性R&B・ジャズ・ポップシンガーとして息の長い活躍を続け、70年代前半には複数のグラミー賞受賞などもあり80年代まで一時代を築いています。69年アルバム「First Take」が米国で1位を獲得。更に71年「Donny Hathaway」とのデュエット「You've Got A Friend」が、米国で29位(R&B:8位),英国で36位を記録して世界的に注目。72年にソロで「The First Time Ever I Saw Your Face」が米国で1位,英国で14位と大ヒット。以降ソロ通算で89年までに米国で3曲(1位3曲),英国で1曲がトップ10ヒット。また米国R&Bチャートで1位2曲,A/Cチャートで3曲が1位を記録。他に「Roberta Flack & Maxi Priest」,「Roberta Flack & Donny Hathaway」,「Peabo Bryson & Roberta Flack」などのデュエットで、米国で3曲,英国で2曲がトップ10ヒット。また米国R&Bチャートで2曲,A/Cチャートで1曲が1位を記録。

ロバータ・フラックは一つのカテゴリーに入れられるような人ではありません。一般的にはジャズ・シンガーと呼ばれず、R&B、ソウル、ゴスペル・シンガーというジャンルに入れられていますが、それも本当は当てはまりません。彼女の音楽は、ジャズでもあり、R&B、ソウル、ゴスペルの要素も含んだ、クロスオーヴァーな広い意味でのポピュラー音楽です。本人も、インプロヴァイザーであると語っているそうです。(mprovisation(インプロヴィゼーション)の略。日本語では「即興」という意味。演劇・音楽・アートなど芸術分野における表現手法のひとつ)

アメリカのポピュラー音楽シーンに大きな影響を与えてきたスケールの大きな人であると言えます。
................................................................................................................................................................

ロバータ・フラックの作品をすべて所持していませんが、小生のコレクションから2回にわけて紹介したいと思います。今回、Part.1として1969年~1972年までの作品を紹介します。
...............................................................................................................................

1969年6月、1stアルバム『ファースト・テイク(First Take)』をリリース。当初は注目されなかったが、71年、クリントイーストウッド監督の映画『恐怖のメロディ』の挿入曲「愛は面影の中に」が全米No.1を記録、「我が心のジェシー(Jesse)」(全米30位)を収録。ジョンピザレリ(ギター)、ロンカーター(ベース)、セルダンパウェル(サックス)、フランク ウエス(サックス)等の、超一流ジャズプレーヤーが参加、ホーンとストリングスのアレンジと指揮をウィリアムスフィッシャーが担当。

1969年
First Take
Side-A
1. Compared To What
2. Angelitos Negros
3. Our Ages or Our Hearts
4. I Told Jesus

Side-B
1. Hey,That's No Way To Say Goodbye
2. The First Time Ever I Saw Your Face
3. Tryin' Times
4. Ballad Of The Sad Young Men

Producer/Joel Dorn

Personnel
Roberta Flack - piano, vocals
Bucky Pizzarelli - guitars
Ron Carter - bass
Ray Lucas - drums, percussion
Seldon Powell, Frank Wess - saxophone
Charles McCracken, George Ricci - cello
Benny Powell - trombone
Jimmy Nottingham, Joe Newman - trumpet
Emanuel Green, Gene Orloff - violin
Alfred Brown, Selwart Clarke, Theodore Israel - viola
William S. Fischer - horn & string arrangements, string conducting

I Told Jesus


Hey,That's No Way To Say Goodbye


The First Time Ever I Saw Your Face(愛は面影の中に)

1stアルバム「First Take」からのシングル。初の全米No.1ソング。様々な歌手がカヴァーしている名曲。
全米シングルチャート(Billboard Hot 100) 第1位(6週)
全英シングルチャート(UK Singles Chart) 第14位
全米年間シングルチャート 第1位(1972年)
グラミー賞「Record Of The Year 最優秀レコード賞」受賞

Ballad Of The Sad Young Men

........................................................................................................................................................

1970年8月、2ndアルバム『第2章(Chapter Two)』をリリース。そして、ダニー・ハサウェイ(Donny Hathaway)と知り合い、アレンジを、King CurtisとJoel Dornがプロデュースを担当。

1970
Roberta Flack
Chapter Two
SIDE-A
1.Reverend Lee
2.Do What You Gotta Do
3.Just Like A Woman
4.Let It Be Me

SIDE-B
1.Gone Away
2.Until It's Time For You To Go
3.The Impossible Dream
4.Business Goes On As Usual

Producer/Joel Dorn

Personnel
Roberta Flack - vocals, piano
Eumir Deodato - conductor, horn arrangements, string arrangements
Joel Dorn - arranger, producer
Eric Gale - guitar
Donny Hathaway - piano, arranger, background vocals
Marshall Hawkins, Terry Plumeri, Chuck Rainey - bass
King Curtis - arranger, background vocals, producer
Ray Lucas, Bernard Sweetney - drums
Gene McDaniels - background vocals
Warren Smith - percussion
Chauncey Welsch, Ernie Royal, Frank Wess, Garnett Brown, George Marge, John Frosk, John Glasel, Trevor Lawrence - horns
Hubert Laws, Joe Gentle - alto & bass flute
Corky Hale - harp
John Swallow - euphonium
Alfred Brown, Arnold Black, Emanuel Green, Gene Orloff, Harry Lookofsky, Joe Malin, Kermit Moore, Leo Kahn, Lewis Eley, Max Kahn, Max Pollikoff, Noel Dacosta, Peter Buonconsiglio, Peter Dimitriades, Raoul Poliakin, Sanford Allen, Selwart Clarke, Seymour Myroff, Tosha Samaroff - strings

Reverend Lee

Eugene McDanielsの曲

Do What You Gotta Do


Just Like A Woman

Bob Dylanのカバー曲、Arranger:は Donny Hathaway。

Let It Be Me

ポップス・スタンダード
.............................................................................................................................................................

1971年11月、3rdアルバム『クヮイエット・ファイア(Quiet Fire)』をリリース。バックはバーナード・パーディ、チャック・レイニー、ヒュー・マクラッケン、リチャード・ティーという当時最高の布陣。。ソウル・ジャズ風のクールでいかした"Go up Moses"、グルーヴィーなトラックをバックにゴスペルとジャズをミックスした唱法が素晴らしい"Sunday and Sister Jones"等収録。キャロル・キングの"Will You Love Me Tomorrow"(全米76位)とヴァン・マッコイ"Sweet Bitter Love"のカヴァーも収録。ちなみにレコーディングにはホイットニー・ヒューストンの母シシー・ヒューストンがコーラスで参加。

1971
Roberta Flack
Quiet Fire
SIDE-A
1.Go Up Moses
2.Bridge Over Troubled Water
3.Sunday and Sister Jones
4.See You Then

SIDE-B
1.Will You Still Love Me Tomorrow
2.To Love Somebody
3.Let Them Talk
4.Sweet Bitter Love

Personnel
Musicians
Roberta Flack – piano, vocals
Joshie Armstead – background vocals
J.R. "Jim" Bailey – background vocals
Seymour Barab – cello
David Carey – vibraphone
Ron Carter – bass
The Newark Boys Chorus – background vocals
Joel Dorn – background vocals
Joe Farrell – flute, alto saxophone, tenor saxophone
Corky Hale – harp
Hilda Harris – background vocals
Cissy Houston – background vocals
Ted Hoyle – cello
Wally Kane – bassoon
Hubert Laws – flute
Buddy Lucas – harmonica
Ralph MacDonald – percussion, conga
Arif Mardin – background vocals, string arrangements, flute arrangement
Les McCann – background vocals
Hugh McCracken – guitar
Gene McDaniels – background vocals
Kermit Moore – cello
Romeo Penque – flute, soprano saxophone
Terry Plumeri – double bass
Seldon Powell – tenor saxophone
Bernard "Pretty" Purdie – drums
Chuck Rainey – bass, electric bass
George Ricci – cello
William Slapin – flute
Grady Tate – percussion, drums
Richard Tee – organ
Tasha Thomas – background vocals
Sammy Turner – background vocals

Go up Moses


Bridge over Troubled Water

この"Bridge Over Troubled Water/明日に架ける橋"を聴いたエルトン・ジョンは後に「親愛なるロバータ、僕はここ何年もこんなに美しいものを聴いていない」と手紙に書いて送ったそうです。

Sunday and Sister Jones


Will You Still Love Me Tomorrow

キャロル・キングの"Will You Love Me Tomorrow"(全米76位)

Sweet Bitter Love

ヴァン・マッコイのカヴァー絶品。じっくりと聴かせる
..............................................................................................................................................................

1972年5月、ダニー・ハサウェイとの共演盤『ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ(Roberta Flack & Donny Hathaway)』をリリース。「恋人は何処に(Where Is the Love)」(全米5位)、「きみの友だち(You've Got a Friend)」(全米29位)、「フラレた気持ち(You've Lost That Lovin' Feelin')」(全米71位)を収録。

1972
Roberta Flack & Donny Hathaway
Roberta Flack & Donny Hathaway
SIDE-A
1.I(Who Have Nothing)
2.You've Got A Friend
3.Baby I Love You
4.Be Real Black For Me
5.You've Lost That Loving Feeling

SIDE-B
1.For All We Know
2.Where Is The Love
3.When Love Has Grown
4.Come Ye Disconsolate
5.Mood

Producer – Arif Mardin, Joel Dorn

Vocals – Donny Hathaway (tracks: A1 to B4), Roberta Flack (tracks: A1 to B4)
Drums – Bernard Purdie (tracks: A1, A3 to B4)
Electric Bass – Chuck Rainey (tracks: A1 to B4)
Electric Piano – Donny Hathaway (tracks: A2, A4, A5, B2, B3, B5), Roberta Flack (tracks: A1)
Flute – Hubert Laws (tracks: B1, B3), Joe Gentle (tracks: A2)
Guitar – David Spinoza* (tracks: A2), Eric Gale (tracks: A1, A3 to B4)
Organ – Roberta Flack (tracks: B4)
Percussion – Ralph MacDonald (tracks: A1 to B4)
Piano – Donny Hathaway (tracks: A1, A3, A4, B3, B4), Roberta Flack (tracks: A5, B1, B5)
Saxophone [Soprano] – Joe Farrell (tracks: A5)
Vibraphone – Jack Jennings (tracks: A1, A3 to B4)
Arranged By – Donny Hathaway, Roberta Flack

You've Got a Friend

(全米29位)

You've Lost That Lovin' Feelin'


For All We Know


Where Is the Love

(全米5位)

When Love Has Grown


Come Ye Disconsolate


........................................................................................................................................................................................

1973年8月、4thアルバム『やさしく歌って(Killing Me Softly)』をリリース。「やさしく歌って(Killing Me Softly with His Song)」(全米ポップチャート第1位)、「我が心のジェシ(Jesse)」(全米30位)を収録。再度グラミー賞も受賞するなどその地位を不動のものした。

残念ながら、4thアルバムはもっていません。次回はParr.2として1975年~1980年の作品を紹介しています。
↓       ↓
https://51036951.at.webry.info/201904/article_6.html
.................................................................................................................................................................................................................

Discography

First Take (1969)
Chapter Two (1970)
Quiet Fire (1971)
Roberta Flack & Donny Hathaway (1972)
Killing Me Softly (1973)
Feel Like Makin' Love (1975)
Blue Lights in the Basement (1977)
Roberta Flack (1978)
Roberta Flack Featuring Donny Hathaway (1979)
I'm the One (1982)
Born to Love (1983)
Oasis (1988)
Set the Night to Music (1991)
Stop the World (1992)
Roberta (1994)
The Christmas Album (1997)
Holiday (2003)
Let It Be Roberta (2012)
Running (2018)
...................................................................................................................................................

輸入盤 ROBERTA FLACK / FIRST TAKE (REMASTER) [CD]
ぐるぐる王国 楽天市場店
CD発売日1995/10/13詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認くださいジャン


楽天市場



CD/第2章 (解説歌詞付) (完全生産限定盤/特別価格盤)/ロバータ・フラック/WPCR-27659
サプライズ2
第2章 (解説歌詞付) (完全生産限定盤/特別価格盤)ロバータ・フラックフラック ロバータ ふらっく


楽天市場



Quiet Fire
Atlantic Records
2010-02-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




Roberta Flack/Donny Hathaway ロバータフラックアンド/ダニーハザウェイ / Roberta Flack & Donny Hathaway 【CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルダンス&ソウルフォーマットCDレーベルワーナーミュージックジャパン発売日2013年0


楽天市場

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ロバータ・フラック(Roberta Flack)-Part.2(1975年~1980年)

    Excerpt: ロバータ・フラック (Roberta Flack) 1937年2月10日生まれ ノースカロライナ州アッシュビル出身 バージニア州アーリントン育ち R&B・ジャズ・ポップシンガー/シンガーソン.. Weblog: JAMES TERRA racked: 2019-04-24 15:57