エンゲルベルト・フンパーディンク (Engelbert Humperdink) -"The Last Waltz"1967

ラスト・ワルツ/ベスト・オブ・エンゲルベルト・フンパーディンク
(Engelbert Humperdink The Last Waltz)
ラスト・ワルツは、1967年に甘いマスクと声で女性に絶大な人気があった英国のポピュラー歌手エンゲルベルト・フンパーディンクが歌って大ヒットしたラブソングです。当時は同じく英国の歌手トム・ジョーンズと人気を二分していました。彼の代表曲である1967年の大ヒット曲「リリース・ミー」がイギリスで56週連続チャートインしたことはよく知られてます。

トム・ジョーンズのマネージャーであるゴードン・ミルズが育てたもう一人の歌手がエンゲルベルト・フンパーディンクです。彼はインド生まれで本名は Arnold George Dorsey ですが、ドイツのオペラ作曲家の名前をそのまま拝借してエンゲルベルト・フンパーディンクという芸名にしたということです。『ラスト・ワルツ』はバリー・メイスンの作詞、レス・リードの作曲によるもので全英No.1に輝き、アメリカでも25位まで昇っていました。日本では1968年1月から4月にかけてのヒット。
..................................................................................................................................................

ラスト・ワルツ〜ベスト・オブ・エンゲルベルト・フンパーディンク
エンゲルベルト・フンパーディンク
ワイルドさで人気だったトム・ジョーンズと人気を競っていた、甘くソフトな魅力のヴォーカリスト、エンゲルベルト・フンパーディンク。彼の代表的な名唱を集めたベスト・アルバム。全英で第1位を記録した「ラスト・ワルツ」など、誰もが知っている名曲ばかり。

Engelbert Humperdinck - The Last Waltz - Full Album (Vintage Music Songs)

The Last Waltz 00:00,0
A Place In The Sun 02:58,2
Misty Blue 05:39,1
If I Were You 07:41,1
Two Different Worlds 09:46,2
If It Comes To That 12:15,1
Am I That Easy To Forget 14:50,1
Everybody Knows 17:53,1
To The Ends Of The Earth 20:05,1
Miss Elaine E. S. Jones 22:32,1
All This World And The Seven Seas 24:29,2
Long Gone 27:18,1
.............................................................................................................................................................
ラスト・ワルツ/ベスト・オブ・エンゲルベルト・フンパーディンク/エンゲルベルト・フンパーディンク[CD]【返品種別A】 - Joshin web CD/DVD楽天市場店
ラスト・ワルツ/ベスト・オブ・エンゲルベルト・フンパーディンク/エンゲルベルト・フンパーディンク[CD]【返品種別A】 - Joshin web CD/DVD楽天市場店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック