アラン・ソレンティ(Alan Sorrenti)-"Sunset Time"1981

アラン・ソレンティ
(Alan Sorrenti)
1950年12月9日生まれ
イタリア出身
シンガー・ソング・ライター
最初はプログレから音楽キャリアをスタート。『Aria』(1972年)、『Come Un Vecchio Incensiere All'alba Di Un Villaggio Deserto』(1973年)、『Alan Sorrenti』(1974年)初期の3枚アルバムは、プログレ/アシッド・フォーク系の作風。しかし、1976年にアメリカLAに渡り、ポップ/AOR路線へ方向転換し、ジェイ・グレイドン&デヴィッド・フォスターのエアプレイ・コンビと組んで『Sienteme It's Time to Land』(1976年)、『Figli Delle Stelle』(1977年)、『L.A. & N.Y.』(1979年)という3枚のアルバムをアメリカでレコーディング、「LA 3部作」と呼ばれている。80年代以降も継続的にアルバムをリリースしています。
..................................................................................................................................................................

今回、紹介の"Sunset Time/サンセット・タイム"は、1979年に発表したLA録音の第二弾となる6作目『L.A.&N.Y.』から、曲のヴォーカルだけを英語に差し替えたバージョンが「Beside You」というタイトルで1981年に、全編英語詞に歌い直されたアルバム、なぜか日本オンリーの企画盤としてリリース。そのアルバムタイトルこそが「Sunset Time/サンセット・タイム」。


本題の前に1979年に発表した"L.A. & N.Y."は、SIDE-AをL.A.で、SIDE-BをN.Y.で録音。L.A.サイドはジェイ・グレイドン・プロデュースでTOTO周辺の人たちが参加。N.Y.サイドはウィル・リーやサミー・フィゲロア参加。ご覧の通りタイトルでわかるように、イタリア語で歌う曲と英語で歌う曲が半々。

1979
Alan Sorrenti
L.A. & N.Y.
A面(L.A.)
1.Tu Sei L'unica Donna Per Me
2.Per Sempre Tu
3.Dancing In My Heart
4.Provaci
B面(N.Y.)
1.Look Out
2.Take A Chance
3.Love Fever

Producers : Brad Baker, Jay Graydon & Lance Quinn

Alan Sorrenti / vocals, main performer
- Jay Graydon / synthesizer, guitar
- Hiram Bullock / guitar
- Cliff Morris / guitar
- Jai Winding / piano
- Richard Trifan / synthesizer
- Mike Porcaro / bass
- Will Lee / bass
- Ed Greene / drums
- Richard Crooks / drums
- Victor Feldman / percussion
- Sammy Figueroa / percussion
- Jerry Hey / trumpet
- Gary Grant / trumpet
- Joe Shepley / trumpet
- Marvin Stamm / trumpet
- Bill Reichenbach / trombone
- Barry Rogers / trombone
- Ronnie Cuber / saxophone
- David Tofani / saxophone
- Bill Champlin / background vocals
- Steve Kipner / background vocals
- Bobby Kimball / background vocals
- Gordon Grody / background vocals
- Diva Gray / background vocals
- Lani Groves / background vocals

Tu Sei L'unica Donna Per Me

シングルになった「Tu Sei L'unica Donna Per Me」はイタリアチャートでナンバーワンの大ヒットアップ

Per Sempre Tu

ギター・ソロでジェイグレイドンが名演を披露(イタリア語で意味はさっぱりわからない)

..........................................................................................

2年後、1981年に曲のヴォーカルだけを英語に差し替えたバージョンが「Beside You」というタイトルで再リリースされた。ジャケットは COOL Sound から発売された『L.A. & N.Y.』と全く同じ。何が違うかといえばこのアルバムは『L.A. & N.Y.』と続く『DI NOTTE』の2枚から英詩の曲を集めて収録した編集盤。アルバム邦題は“Sunset Time”「サンセット・タイム」では「Beside you」というタイトルになって英語で歌われ直されている。

1981年
Alan Sorrenti
「Sunset Time/サンセット・タイム」
1.I'm leaving up to you
2.Liar
3.Makin' it(L.A.&N.Y)
4.Dancing in my heart(L.A.&N.Y)
5.All day in love(L.A.&N.Y)
6.If need you me now(Di notte)
7.Maybe I love you
8.Beside you(L.A.&N.Y)
9.Sunset time(Di notte)

Producers : Brad Baker, Jay Graydon & Lance Quinn

Guitars : Hiram Bullock, Jay Graydon, Steve Lukather, Clif Morris
Bass : Will Lee, Mike Porcaro
Keyboards : Jay Graydon, Paul Griffin, Richard Triffan, Jaï Winding
Drums : Richard Crooks, Ed Greene
Percussion : Victor Feldman, Sammy Figueroa
Saxophone : Ronnie Cuber, Dave Tofani
Horns : Gary Grant, Jerry Hey, Bill Reichenbach, Barry Rogers, Joe Shepley, Marvin Stamm
Strings : Brad Baker, Jay Graydon, Jesse Levy, Michael Omartian, Gene Orloff
Background vocals : Bill Champlin, Diva Gray, Gordon Grody, Lani Groves, Bobby Kimball, Steve Kipner & Alan Sorrenti

If need you me now(英語版)

「If you need me now」は「Non So Che Darei」の英語歌詞版であり、「サンセット・タイム」にも収録されたバージョン。
ユーロビジョン・ソング・コンテストにおいて1980年度大会で6位。当時日本では英語版の「If you need me now」のシングルレコードまで発売。

Beside You

グレイドンのソロがもう一つのプッシュポイント。やっぱり英語は聴きやすい

Sunset Time



オリジナルアルバムの「LA & NY」は2004年にCD化されているが、版権の問題からか、日本オンリーの編集盤"Sunset Time/サンセット・タイム"にCD再発は望めないのだろけうけど、やっぱり発売して欲しい1枚。

..................................................................................................................................................


1981年 Alan Sorrent「Sunset Time/サンセット・タイム」
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック