ティモシー・B・シュミット(Timothy B. Schmit)-"Timothy B"1987

ティモシー・B・シュミット
(Timothy B. Schmit)
誕生名「Timothy Bruce Schmit」
1947年生まれ
カリフォルニア出身
シンガー・ソングライタ-(カントリー/ロック),ミュージシャン(ベース/ギター/パーカッション/ハーモニカなど)
「Poco/ポコ」,「Eagles/イーグルス」のメンバー、及び1982年からソロでの活動。1962年同地のティム・トム&ロンというフォーク・グループで音楽活動を始め、64年サーフィン音楽に転向し、コンテンダースに参加。70年カントリー系ロック・バンド、ポコに加入。ここで約8年間活動後、77年イーグルスに参加。82年1stソロ・アルバム『ブレイン・イット・クール』を発表。ハスキーな歌声と素朴でポップな演奏でファンを魅了。代表曲「ソー・マッチ・イン・ラヴ」「ボーイズ・ナイト・アウト」など。
.........................................................................................................................................................

アサイラムは80年代に入ると内部紛争が起き、それまで所属していたアーティストが相次いで離脱。ティモシー・B・シュミットはマネジメントが縁で知り合ったアーヴィン・エイゾフが社長に就任したMCAへと移籍、ソロ第2作にして同社からの初のアルバムをリリース。

1987
Timothy B. Schmit
"Timothy B"
1.Boys Night Out
2.Don't Give Up
3.Hold Me In Your Heart
4.Everybody Needs a Lover
5.Into the Night
6.A Better Day Is Coming
7.Jazz Street
8.I Guess We'll Go On Living
9.Down Here People Dance Forever

Producer – Dick Rudolph*
Written-By – Bruce Gaitsch (tracks: 1, 3, 4, 6 to 9), Timothy B. Schmit, Will Jennings (tracks: 1, 3, 4, 6 to 9)

Bass, Cymbal – Timothy B. Schmit
Keyboards – Randy Waldman, Robert Irving*
Piano、Synthesizer、Trumpet – Randy Waldman
Tenor Saxophone – Larry Williams
Trumpet – Gary Grant
Trumpet, Arranged By [Horns] – Jerry Hey
Baritone Saxophone – Jim Horn
Percussion – Jonathan Moffett
Cymbal – Jonathan Moffett
Backing Vocals – Julia Waters, Siedah Garrett, Timothy B. Schmit
Vocals [Chorus] – Siedah Garrett
Co-producer, Engineer, Programmed By, Guitar – Bruce Gaitsch

Boys Night Out


Hold Me In Your Heart


Jazz Street


I Guess We'll Go On Living

シュミットの繊細で温もりのある声が歌い上げるメロディラインにも存在感あり、心地良い。

Down Here People Dance Forever

西海岸のホーンセクションのジェリー・ヘイによる鮮烈なアレンジの管楽器が加わり一気に華やかになります


ティモシー・B・シュミットのアルバム1990年"Tell Me The Truth"、2001年"Feed The Fire"、2009年" Expando"は次回紹介します。時期は未定。
..............................................................................................................

オリジナル・アルバム

1984年 Playin' It Cool
1987年 Timothy B
1990年 Tell Me The Truth
2001年 Feed The Fire
2009年 Expando
2016年 Leap of Faith
.....................................................................................................................

おまけ

アート・ガーファンクルを始め、色んな人がカバー(オリジナルは1963年のタイムズ(Tymes)の全米No1ヒット。邦題“なぎさの誓い")

So Much in Love

1984年のアルバム" Playin' It Cool"の収録
フィービー・ケイツ出演の映画「Fast Times at Ridgemont High (1982) 」(邦題;初体験/リッジモンド・ハイ)で起用されてヒット。

Eagles - I Can't Tell You Why(言い出せなくて)

イーグルス1979年のアルバム" ロング・ラン"に収録
「言い出せなくて」はランディ・マイズナー(B)の後任として78年に加入したティモシー・B・シュミットがリード・ヴォーカルを取った作品。曲もシュミットがヘンリー、フライと共作し、カントリー・ロックのイメージが強いイーグルスには珍しい、R&BやAOR的なサウンドに仕上がりました。ビルボード8位。
......................................................................................................................................

ティモシー・B.
MCAビクター
1995-10-04
ティモシー・B.シュミット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Timothy B. Schmit / Playin' It Cool 【SHM-CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルロックフォーマットSHM-CDレーベルワーナーミュージックジャパン発売日2016年1


楽天市場





【メール便送料無料】Eagles / The Long Run (輸入盤CD) (イーグルス)
あめりかん・ぱい
2007/12/4 発売輸入盤収録曲: 1. The Long Run - 3:42 (80/8)2


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック