JAMES TERRA

アクセスカウンタ

zoom RSS もう話したくない-「I Don't Want to Talk About It」

<<   作成日時 : 2018/10/27 15:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「I Don't Want to Talk About It 〜もう話したくない」はロッド・スチュアートの1977年のアルバム『Atlantic Crossing/アトランティック・クロッシング』で取り上げられ、ニール・ヤングのバック・バンド「CRAZY HORSE/クレイジー・ホース」のリーダー「Danny Whitten/ダニー・ウィッテン」作の名バラードです。ニール・ヤングの名曲「ダメージ・ダン」は、ヘロイン中毒の「Danny Whitten/ダニー・ウィッテン」への警告を促した曲。また、ニール・ヤングのアルバム『今宵この夜』は、ヘロイン中毒で死んだ「Danny Whitten/ダニー・ウィッテン」へささげる追悼アルバムであることはあまりにも有名。

Danny Whitten/ダニー・ウィッテン
1943年5月8日生まれ
ジョージア州 コロンバス出身
1972年11月18日死去、29歳で亡くなった。死因はヘロイン中毒
元クレージーホースのギタリスト

ニール・ヤングのバックバンドでもある "CRAZY HORSE/クレージーホース" の初期のメンバーだったらしく、71年にこの歌「I Don't Want to Talk About It 」の入ったファーストアルバムが出されている。曲の内容は、愛する人と破局を迎える時にあたって、「もう何もそのことについて話したくない」という気持ちと、「どんなにか君を愛していたのに愛を失って傷ついている」ことを訴えたいという、アンビバレントな気持ちを歌ったもの。ダニー・ウィッテンが存命中のアルバムで、ニールヤングの初来日の際のクレージーホースの雑な演奏も良かったですが、すでにダニー・ホイットンはいなかった。

1971年のクレージーホースのファースト。メンバーにはニルス・ロフグレンにジャック・ニッチェ・・・。5曲目、8曲目、最終11曲目の3曲でライ・クーダーがスライドギターで参加。

1971
Crazy Horse
Side one
1."Gone Dead Train"Russ Titelman, Jack Nitzsche
2."Dance, Dance, Dance"Neil Young
3."Look at All the Things"Danny Whitten
4."Beggars Day"Nils Lofgren
5."I Don't Want to Talk About It"Danny Whitten

Side two
1."Downtown"Danny Whitten, Neil Young
2."Carolay"Russ Titelman, Jack Nitzsche
3."Dirty, DirtyDanny Whitten
4."Nobody"Nils Lofgren
5."I'll Get By"Danny Whitten
6."Crow Jane Lady"Jack Nitzsche

Producer Jack Nitzsche, Bruce Botnick

Personnel
Danny Whitten – guitars, backing vocals; lead vocals except as indicated below
Nils Lofgren – guitars, backing vocals; lead vocals on "Beggar's Day"
Jack Nitzsche – piano, backing vocals; lead vocals on "Crow Jane Lady"
Billy Talbot – bass, backing vocals
Ralph Molina – drums, backing vocals; lead vocals on "Dance Dance Dance"

Additional personnel
Ry Cooder – slide guitar on "I Don't Want to Talk About It," "Dirty, Dirty" and "Crow Jane Lady"
Gib Guilbeau – violin on "Dance Dance Dance"


カントリー・バラッドの傑作だと思います。
CRAZY HORSE • I Don't Want To Talk About It • 1972

Danny Whitten — guitars, lead vocals
Nils Lofgren — guitars, backing vocals
Ry Cooder — slide guitar
Jack Nitzsche — piano, backing vocals
Billy Talbot — bass, backing vocals
Ralph Molina — drums, backing vocals
途中出てくるライ・クーダーのスライドも泣けます。

................................................................................................................................

カバー曲聴き比べ

最初のカバーは名曲を探し出す能力に長けたイアン・マシューズ
Ian Matthews "I Don't Want To Talk About It"

アルバム: Some Days You Eat the Bear
リリース: 1974年
1974年の名盤「Some Days You Eat The Bear And Some Days The Bear Eats You 」というアルバム(邦題はズバリ「もう話したくない」)に収録。イアンの美しい声とジョエル・テップの哀愁味たっぷりのハーモニカが印象的なカバー。

翌1976年にはジェフ・マルダーがカバーしています
Geoff Muldaur -I Don't Want To Talk About It

1976年にリリースした2ndアルバム「Motion」から


1945年生まれで、アメリカはテネシー州ナッシュビル出身のチェロキー・インディアンの血を引く女性シンガー"Rita Coolidge/リタ・クーリッジ"
1977年に"Rita Coolidge/リタ・クーリッジ" がピアノをバックにしっとりと歌っています。泣けてきます
Rita Coolidge - I Don't Want To Talk About It

アルバム: Anytime...Anywhereから
リリース: 1977年


歌詞
ソングライター: Danny Whitten

I can tell by your eyes that you've probably been cryin' forever
And the stars in the sky don't mean nothin' to you, they're a mirror
I don't want to talk about it, how you broke my heart
If I stay here just a little bit longer
If I stay here, won't you listen to my heart, whoa, heart?
If I stand all alone, will the shadow hide the color of my heart
Blue for the tears, black for the night's fears
The star in the sky don't mean nothin' to you, they're a mirror
I don't want to talk about it, how you broke my heart
If I stay here just a little bit longer
If I stay here, won't you listen to my heart, whoa, heart?
I don't want to talk about it, how you broke this old heart
If I stay here just a little bit longer
If I stay here, won't you listen to my heart, whoa, heart?
My heart, whoa, heart

最後に
Rod Stewart - I Don't Want To Talk About It

..........................

Crazy Horse
Imports
1994-03-22
Crazy Horse

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Some Days You Eat The Bear And Some Days The Bear Eats You
Rhino/Elektra
2009-09-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Motion
Wounded Bird Records
2008-07-15
Geoff Muldaur

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



エニータイム・・・エニーホエア(紙ジャケット仕様)
ユニバーサルインターナショナル
2010-04-01
リタ・クーリッジ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Atlantic Crossing
Rhino
2011-03-22
Rod Stewart

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、ローリングウエストと申します。新潟県柏崎生れ川崎市在住・横浜勤務の60歳(山好き・旅好き・歴史好き・昭和レトロ好き・洋楽好き)、還暦を迎えた中年オヤジです。小生はハードロック、プログレ、メロディアスPOP、フォークロック、カントリー、R&B、ディスコ、ブルースなど何でも聴きます。主に1970年代洋楽が大好きです。ニールヤングもロッドも大好きです!こちらもまた覗かせて頂き、素晴らしいブログと感銘いたしました。よろしければコチラにも是非とも遊びに来られて下さい。
https://rolingwest.exblog.jp/29732272/∔
ローリングウエスト
2018/10/30 20:33
ローリングウエスト様 ありがとうございます。1970年代洋楽が大好きで自分のコレクション中心に独断と偏見で少偏りながら紹介してます。時間をかけてマイペースでやっていますので、また
よろしかったら覗いてくださいませ。
JAMES TERRA
2018/10/31 11:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
もう話したくない-「I Don't Want to Talk About It」 JAMES TERRA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる