JAMES TERRA

アクセスカウンタ

zoom RSS デイビット・パック(David Pack)-That Girl Is Gone (1985)

<<   作成日時 : 2018/09/24 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

デイビット・パック
(David Pack)
1952年7月15日生まれ
カリフォルニア州ハンティントン・パーク出身
ロックシンガー/ギタリスト/作曲家/プロデューサー
ロックバンド「Ambrosia/アンブロシア」の結成メンバー。
1971年「Ambrosia」のオリジナルメンバー(ダブル・リードボーカル)として活動。
1975年のデビュー、1978年「How Much I Feel/お前に夢中」が米国3位、1980年「Biggest Part Of Me/ビッゲスト・パート・オブ・ミー」が米国3位(A/C:3位)、などトップ10ヒット2曲を記録。
ソングライターとして、「Ambrosia」解散後の1984年「Clif Magness」,「Glen Ballard」とのライターチームで「Jack Wagner」にデビュー曲「All I Need」を提供。同曲は翌85年に米国2位を記録。
ソロ活動としては1985年初アルバム「Anywhere You Go」、2004年2ndアルバム「Unborn」、2005年3rdアルバム「TheSecret Of Movin' On」、他に2007年EP「David Pack」などをリリース。
プロデューサーとしてもフィル・コリンズ、アレサ・フランクリン、リアン・ライムス、フェイス・ヒルといったそうそうたるアーティストを手掛けており、グラミーもゲットしている。
........................................................................................................................................................................

今回は、アメリカのロック・バンド、アンブロージアのリード・ボーカリスト、デイビット・パックが1985年にリリースしたソロ・アルバム "Anywhere You Go"(邦題:エニーウェア・ユー・ゴー)から、しっとりとした抒情的ナンバーの "That Girl Is Gone"(邦題:ザット・ガール・イズ・ゴーン)をご紹介します。

アルバム "Anywhere You Go" は、アンブロージア解散後の1985年にリリースされた、デビッド・パックの初めてのソロ・アルバムになります。

1980年代にはマイケル・マクドナルドとの共演が話題になっていたデイビット・パックですが、バックには著名なミュージシャンが参加。ジェフ・ポーカロ、マイク・ポーカロといったTOTOのメンバー、ケリー・リブグレン、ジョン・エレファンテといったKANSASのメンバー、ホーン・アレンジはSeawindのジェリー・ヘイが手掛けていたり、その他にもスタンリー・クラーク(ベース)、ジョン・ロビンソン(ドラムス)、ジェームス・イングラム(コーラス)、ジェームス・ニュートン・ハワード(キーボード)など、メンバーが顔を揃えています。今回は、そのアルバムから "That Girl Is Gone" はシングル・カットされて全米16位まで上昇した曲なのですが、非常に美しいメロディをソフトなアレンジで包み込んだロックと言えるでしょ。デイビット・パックのボーカルが絶品、ガラスのような壊れ易さ、危うさで、女性に去られてしまった男の悲哀を見事に表現しています。この方、特にファルセットが美しい。


歌詞
*Oh that girl is gone
And it really doesn't matter
Who was right or wrong, yeah yeah
Oh that girl was mine
And it hurts me so to think
That she won't even try
That girs is gone, gone, gone, gone
Lord only knows
Which way that she may go
Lord only knows
Just what she's lookin' for
I would beg her if I could
To come back home
If she were here right now
I would put her on the throne
I would make her see just how
That a man loves a woman, but
That girl is gone, gone, gone, gone
Lord only knows
How long I've tried to be
Faithful to her
In every way
I would beg her once again
To trust in me
She ain''t here no more
And I'm a broken man
And it's easy to say now
That I understand, but
Yeah and it hurts me so to think
That she could be satisfied
That girl is gone
Come home to me, baby
Oh and it hurts me so to think
That she won't even try
Yeah and it hurts me so to think
That she could be satisfied
That girl is gone
Yeah yeah, oh that girl is gone
Oh the girl is gone...

David Pack - That Girl Is Gone (1985)

From David's 1985 solo release, Anywhere You Go.
Produced by David Pack & Michael Verdick
Drums : George Perilli
Bass : Joe Puerta
Guitar : David Pack
Keyboards : David Pack
Percussion : Paulinho Da Costa & Burleigh Drummond
Background vocals : David Pack, Joe Puerta & John Elefante
................................................................................................................................................................

Anywhere You Go
Rhino/Warner Bros.
2009-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デイビット・パック(David Pack)-That Girl Is Gone (1985) JAMES TERRA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる