追悼、アレサ・フランクリン(Aretha Franklin) -"I Never Loved A

「ソウルの女王(クイーン・オブ・ソウル)」として知られた米歌手アレサ・フランクリンさんが16日、デトロイトの自宅で死去。76歳。1942年3月25日、テネシー州メンフィスで生まれ、デトロイトで育った。ゴスペル歌手としての活動後、1961年にコロムビア・レコードと契約。60年代半ばにはアトランティック・レコードに移籍し、「チェイン・オブ・フールズ」「シンク」「貴方だけを愛して」「ナチュラル・ウーマン」「リスペクト」など数多くのヒット曲をリリース。グラミー賞を18回受賞し、1987年には女性として初めてロックの殿堂入り。ビル・クリントン、バラク・オバマ両氏の米大統領就任式でもパフォーマンスを披露は有名。
...........................................................................................................................................................................

『貴方だけを愛して』(原題:I Never Loved a Man the Way I Love You)は、アレサ・フランクリンが1967年3月に発表したスタジオ・アルバム。アトランティック・レコード移籍第1弾アルバムとしてリリースされた。映画「黄金のメロディ マッスル・ショールズ」でも、この“I Never Loved a Man (the Way I Love You)”誕生の話は、ストーリーの重要な構成要素になっていた。南部の田舎町アラバマ州マッスルショールズのFame Studioのミュージシャン達が大胆に登用され、彼らの作るシンプルでソウルフルなサウンドとアリサのゴスペルシンギングを融合させる作戦が見事に大成功した。マッスルショールスでのでは地元のミュージシャン達とアリサ達の間で一悶着あり、収録曲の半分は場所を変えてニューヨークで録音。

ソウル史上最高のアルバム。オーティスの(1)ではじまり、スペンサー・ウィギンズがカバーした(3)、とても生身の人間が歌っているとは思えない珠玉のバラード(6)。(9)の“Do Right Woman, Do Right Man”もリズムトラックだけは、マッスル・ショールズで録音、やはり流れる空気が少し違う気がする。もし最後までマッスル・ショールズで録音をしていたら・・・・・・・・。

1967
Aretha Franklin
"I Never Loved A Man The Way I Love You"
1. Respect
2. Drown in My Own Tears
3. I Never Loved A Man (The Way I Love You)
4. Soul Serenade
5. Don't Let Me Lose This Dream
6. Baby, Baby, Baby
7. Dr. Feelgood (Love Is a Serious Business)
8. Good Times
9. Do Right Woman, Do Right Man
10. Save Me
11. A Change Is Gonna Come

Produced by Rick Hall (FAME Studios, Muscle Shoals, AL)

Personnel
Aretha Franklin – piano, vocals
Spooner Oldham – keyboards, piano
Jimmy Johnson – guitar
Chips Moman – guitar
Tommy Cogbill – bass
Gene Chrisman – drums
Roger Hawkins – drums
Melvin Lastie – trumpet
Charles Chalmers – tenor saxophone
King Curtis – tenor saxophone
Willie Bridges – baritone saxophone
Carolyn Franklin – background vocals
Erma Franklin - background vocals
Cissy Houston – background vocals

Aretha Franklin - I Never Loved A Man The Way I Loved You

1. Respect - 0:00
2. Drown in my own tears - 2:27
3. I never loved a man (the way I love you) - 6:34
4. Soul serenade - 9:26
5. Don't let me lose this dream - 12:05
6. Baby, baby, baby - 14:28
7. Dr. Feelgood (Love is a serious business) - 17:22
8. Good times - 20:45
9. Do right woman, do right man - 22:55
10. Save me - 26:11
11. A change is gonna come - 28:32
....................................................................................................................................................

PS

George Michael, Aretha Franklin - I Knew You Were Waiting (For Me) (Official Video)

ジョージ・マイケルとのデュエット・ソングとして1986年に発表した楽曲。米国,英国共に1位を記録。「ジョージ・マイケル」にとっては1986年「Wham!/ワム!」正式解散後の初1位、また「アレサ・フランクリン」にとっても英国で初1位、翌1988年に「Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal/最優秀R&Bパフォ-マンス(デュオまたはグループ=ヴォーカル)」を受賞
.........................................................................................................................................................




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

コロンビア
2019年06月05日 18:47
時代もなかなかよろしいですよ 一聴の価値あると思います

この記事へのトラックバック