ピュア・プレイリー・リーグ(Pure Prairie League)-1976年、1981年

ピュア・プレイリー・リーグ
(Pure Prairie League)
1969年、オハイオ州コロンバスで結成されたカントリーロックバンド。
1972年にデビュー。後にリトル・フィートに加入する「Craig Fuller/クレイグ・フラー」を中心に「George Powell」,「Jim Lanham」,「Tom McGrail」が結成メンバーとして参加。デビュー前からメンバー変遷がありますが1987年まで活動。1972年「Craig Fuller/クレイグ・フラー」は、セカンドアルバム「Bustin' Out」収録後に脱退。他に「Mike Reilly」が遅くとも1975年のサードアルバム「Two Lane Highway」から参加。また1979年から84年まで後のカントリー界のスター「Vince Gill/ビンス・ギル」が在籍。「Craig Fuller/クレイグ・フラー」は1975年に音楽界に復帰、翌76年ロックバンド「American Flyer/アメリカン・フライヤー」に結成メンバーとして参加。71年から81年にかけて8曲(トップ40内4曲)がチャートイン。80年に「Let Me Love You Tonight/恋のスターライト」が10位(A/C:1位)を記録。アルバムは72年から81年にかけて米国で9枚(カントリー2枚)がチャートイン。代表曲「Let Me Love You Tonight/恋のスターライト」では、アルトサックス奏者「David Sanborn」がゲスト参加。

前述のとおり、「Craig Fuller/クレイグ・フラー」はバンド脱退後にエリック・カズとともにア「American Flyer/アメリカン・フライヤー」を結成、さらには再編成リトル・フィートにも参加する実力派アーティスト。
....................................................................................................................
ヴィンス・ギル
(Vince Gill)
本名、ヴィンセント・グラント・"ヴィンス"・ギル (Vincent Grant "Vince" Gill)
1957年4月12日生まれ
オクラホマ州ノーマン出身
カントリー・ミュージックのシンガーソングライター、マルチプレイヤー。
1979年からカントリー・ロックバンド「Pure Prairie League:1969--87」に参加。1984年からソロシンガーとして活動。
1990年代以降の米国カントリー・ミュージックを代表する一人。1984年アルバム「Turn Me Loose:カントリー64位」,シングル「Victim of Life's Circumstances:カントリー40位」でデビュー。以降1984年から2007年現在まででカントーチャートで40曲(コラボ含む)以上がチャートイン、ソロクレジットで4曲,コラボクレジットで1曲が1位を記録。1994年以降は米国一般チャート,英国チャートでもヒットを記録。アルバムの総売り上げは2,200万枚を越える。カントリーミュージック協会主催のCMAアワードに2回の最高賞エンターテイナー・オブ・ザ・イヤーと5回の男性ヴォーカリスト賞を含む18回入賞。また男性カントリー歌手で最高の20回グラミー賞を受賞。2007年、カントリー・ミュージック殿堂入り。

アルバム
1984: Turn Me Loose
1985: The Things That Matter
1987: The Way Back Home
1989: When I Call Your Name
1991: Pocket Full of Gold
1992: I Still Believe in You
1993: Let There Be Peace on Earth
1994: When Love Finds You
1995: The Essential Vince Gill
1995: Souvenirs
1996: High Lonesome Sound
1998: The Key
1998: Breath of Heaven: A Christmas Collection
2000: Let's Make Sure We Kiss Goodbye
2000: 'Tis The Season
2003: Next Big Thing
2006: These Days
2011: Guitar Slinger
2016: Down To My Last Bad Habit

Go Rest High On That Mountain

video by Vince Gill performing Go Rest High On That Mountain. (C) 1995 MCA Nashville
.......................................................................................................................
プロデューサーがアラン・アブラハムに代わり、南部風な香りを漂わせるピュア・プレイリー・リーグの76年5作目"Dance"。ファンキーな曲やロック的な曲が入ってきているが、A?「フェイド・アウェイ」のようなスティール・ギターが効いたシミジミとした曲も入れている。彼らのトレードマークとなったノーマン・ロックウェル風のカウボーイ・ジャケは変わらない。ピュア・プレイリー・リーグ入門用にもいいと思います。

1976
Pure Prairie League
"Dance"
01. Dance
02. In the Morning
03. Living Each Day
04. Fade Away
05. Tornado Warning
06. Catfishin’
07. Help Yourself
08. San Antonio
09. All the Lonesome Cowboys

Producers: Alan V. Abrahams, John Boylan

Personnel
George Ed Powell - guitar, vocals
Larry Goshorn - guitar, vocals
John David Call - steel guitar, banjo, dobro, vocals
Michael Connor - keyboards
Michael Reilly - bass, vocals
William Frank (aka, Billy) Hinds - drums

Additional personnel
Andy Stein - violin on "In the Morning"
Charles Veal, Jr. - concertmaster
Clarence McDonald - horn arrangements
David Campbell - string arrangements
Acy Lehman - art direction
Barney Plotkin - cover illustration

01. Dance


06. Catfishin’


08. San Antonio


09. All the Lonesome Cowboys

...........................................................................................................................   
このアルバムはピュア・プレイリー・リーグの通算10作目のアルバム" Something In The Night"。このアルバムではヴィンス・ギル、ジェフ・ウィルソンらを軸としていて最早、オリジナル・メンバーは誰もいない。初期・中期は泥臭ささがあるカントリー・ロックサウンド・スタイルでしたがヴォーカリストでギタリストのVince Gillが1978年に加入し、翌79年に発表した"Can't Hold Back"からはウエストコースト・ロックのAOR雰囲気いっぱいのサウンドに変化。これで果たして「Pure Prairie League 」を名乗って良いのだろうか?などと固いことは抜きにして
本当に素晴らしいポップ・ロックアルバム。個別にみてもいい曲は多く 2. Love Me Again や 3. Hold on to Our Hearts 7. Still Right Here in My Heart 9. Feel the Fire などは充分ウェスト・コーストだし 10. Tell Me One More Time は涙を誘うようないい曲でもっと売れても良かったと思うのだが・・。1981年アルバム Billboard72位、シングル"Still Right Here in My Heart"アダルト・コンテンポラリーチャート4位。

1981
Pure Prairie league
"Something In The Night"
1. Don't Keep Me Hangin'
2. Love Me Again
3. Hold on to Our Hearts
4. Something in the Night
5. Do You Love Me Truly, Julie?
6. You're Mine Tonight
7. Still Right Here in My Heart
8. I Wanna Know Your Name
9. Feel the Fire
10. Tell Me One More Time

Producer: Rob Fraboni

Personnel
Vince Gill - banjo, guitar, violin, vocals
Jeff Wilson - guitar, vocals
Michael Reilly - bass, vocals
Michael Connor - keyboards
Billy Hinds - drums

Additional personnel
Kristine Arnold - vocals
Ricky Fataar - percussion
Renée Geyer - vocals
Nicky Hopkins - piano
Gary Mielke - synthesizer
Janis Oliver-Gill - vocals
Mickey Raphael - harmonica
David Sanborn - saxophone
Johnny Lee Schell - guitar
Dick Sims - organ
Fredrioco Spumani - percussion

1. Don't Keep Me Hangin'

ロックンロールした結構カッコ良いナンバー。

2. Love Me Again

ポップのナンバー。

3. Hold on to Our Hearts

ファンキーな曲。

4. Something in the Night

ブギー調のナンバー。

5. Do You Love Me Truly, Julie?

ノリの良いご機嫌なロックンロール・ナンバー。

6. You're Mine Tonight

ミディアム・スロウのメロディアスなナンバー、バックのアルトサックス奏者「デビッド・サンボーン/David Sanborn」のサックス・プレイも見事。

7. Still Right Here in My Heart

ディアム・テンポのポップなナンバー。アダルト・コンテンポラリーチャートで4位を記録。

8. I Wanna Know Your Name

カントリー・タッチのロックンロールしたナンバー。

9. Feel the Fire

ミディアム・テンポのAORしたポップなナンバー。

10. Tell Me One More Time

アルトサックス奏者「デビッド・サンボーン/David Sanborn」の奏でるサックスが渋いバラード。
...........................................................................................................................
おまけ

初めてのヒット曲
Amie (愛しのエイミー)

1972年2枚目のアルバム「Bustin' Out」アルバムを1975年に再発、「愛しのエイミー」をシングル化。27位を記録

"Let Me Love You Tonight" (1980)

80年に「Let Me Love You Tonight/恋のスターライト」が10位(A/C:1位)を記録。アルトサックス奏者「デビッド・サンボーン/David Sanborn」がゲスト参加。
....................................................................................................................................
【送料無料】 Pure Prairie League / Pure Prairie League / Bustin Out / Two Lane 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
【送料無料】 Pure Prairie League / Pure Prairie League / Bustin Out / Two Lane 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

Pure Prairie League / Firin' Up / Something In The Night 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
Pure Prairie League / Firin' Up / Something In The Night 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

【輸入盤CD】Pure Prairie League / Live: Takin The Stage (ピュア・プレイリー・リーグ) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】Pure Prairie League / Live: Takin The Stage (ピュア・プレイリー・リーグ) - あめりかん・ぱい

【輸入盤CD】Pure Prairie League / Best (ピュア・プレイリー・リーグ) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】Pure Prairie League / Best (ピュア・プレイリー・リーグ) - あめりかん・ぱい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック