追悼、ラッキー・ピータースン(Lucky Peterson)

ラッキー・ピータースン
(Lucky Peterson)
本名、ジャッジ・キニース・ピータースン( Judge Kenneth Peterson )
1963年生まれ
ニューヨーク州バッファロー出身
2020年5月17日死去、享年55歳
ブルースマン、ギター&キーボード奏者
父親のジェイムズ・ピータースンはブルースマンであり、ブルース・クラブを経営で、幼い時からブルースに親しんでいた環境で育ちました。5歳の時にはウィリー・ディクスンのプロデュースで「アワ・フューチャー/Our Future: 5 Year Old Lucky Peterson」という曲で1971年デビュー。高校は地元の芸術高校に通い、フレンチ・ホルンなども吹いたらしい。その後、Etta James 、 Bobby "Blue" Bland 、 Little Miltonのバンドにバックアップギターとキーボードで参加。1984年『Ridin'/ライディン』を発表。その後1989年にシカゴのアリゲーターより発表した『ラッキー・ストライクス』で本格的にソロとして活動を始める。1990年代に入るとフランスのポリグラムが彼のプロダクツ群を送り出したこともあり、欧州でも広く活動。1993年発表の『ビヨンド・クール』は90年代のコンテンポラリー・ブルースの名盤として挙げられる。2000年以降はフランスのドリフュス・ジャズや英国のJSPなどからアルバムをリリース。精力的に多くのアルバムを発表している。95年と00年に来日公演をしています。なにもないときはテキサス州ダラスでに住んでおり、家で病気に伏せっていたところ、危篤で病院に運ばれた。
..................................................................................................................................
彼のFacebookページで発表によると
米国のブルースマン、ギター&キーボード奏者のラッキー・ピータースン(Lucky Peterson)が 2020年5月17日、米テキサス州ダラスで死去。、病気になって自宅にいた彼は、危篤状態で病院に運ばれましたが、残念ながら回復することはありませんでした。死因は不明。55歳。
.....................................................................................................................................

1999年のアルバム" Lucky Peterson "
2000年12月来日記念盤となる移籍第1弾アルバム・リリース!!メンフィスとニューヨークで録音された、南部テイストと都会的な感覚が絶妙にブレンドされた新世代のブルース・アルバム。

1999年
Lucky Peterson
"Lucky Peterson"
1. Deal With It
2. The Otherside
3.Tribute To Luther Allison
4. Shake
5. Funny How Time Slips Away
6. Why Can't We Live Together
7. Ask Me Nothing 'Bout The Blues
8. She's Giving Me The Blues
9. Seduction
10. Ta' Ta' You
11. Don't Cry No More
12. Ode To Billy Joe

Vocals, Organ [Hammond B-3], Clavinet [Hohner Clavinet], Electric Piano [Wurlitzer Piano], Lead Guitar – Lucky Peterson
arranged By – Lucky Peterson
Bass – Johnny B. Gayden*
Drums – Steve Potts (2)
Guest [Special Guest], Vocals – Joe Louis Walker (tracks: 5)
Horns – The Late Night Horns (2) (tracks: 4, 7, 11)
Tenor Saxophone, Baritone Saxophone – Jerry Vivino (tracks: 4, 7, 11)
Trombone – Richie "La Bamba" Rosenberg* (tracks: 4, 7, 11)
Trumpet – Mark "The Loveman" Pender* (tracks: 4, 7, 11)
Rhythm Guitar – Butch Bonner (tracks: 1, 6, 7, 10), Rico McFarland (tracks: 2, 6, 11)

Tribute To Luther Allison


Why Can't We Live Together


Ask Me Nothin' Bout The Blues


Ta' Ta' You

...............................................................................................................................................

2014年のアルバム"The Son of a Bluesman "
ウィルソン・ピケット“Funky Broadway”のヒップでタイトなファンク解釈から最後のゴスペルまで、彼らしい多面性を見せながらブルースマンとしての原点に立ち返ったような内容だ。ボビー・ブランド“I Pity The Fool”のカヴァーなどでのレイドバックした歌唱から滲み出る渋味よ! 一方でリトル・リチャードばりに絶叫するブギウギや、ジョニー・ナッシュ“I Can See Clearly Now”のカヴァーで聴かせる骨太で豪快な歌の迫力も凄い。ブルースの楽しさを教えてくれる快作。

2014年
Lucky Peterson
"The Son of a Bluesman "
1. Blues In My Blood
2. Funky Broadway
3. Nana Jarnell
4. I Pity The Fool
5. Boogie-Woogie Blues Joint Party
6. I'm Still Here
7. The Son Of A Bluesman
8. I Can See Clearly Now
9. Joy
10. You Lucky Dog
11. I'm Still Here (Gospel)

Lucky Peterson: Guitar, Producer, Mixing Producer, Hammond Organ, Vocals, Arranger
Gregg Smith: Vocals
Raul Valdes: Drums
Chris Curiel: Trumpet
Shawn Kellerman: Guitar, Producer, Mixing Producer, Arranger
Bill Eden: Saxophone
Seydou Barry: Producer, Executive Producer
Catherine Vallon-Barry: Producer, Executive Producer
Romain Castéra: Mixing Producer
Remon Hearn: Hammond B3 Organ, Keyboards
Faith Jefferson Houston: Vocals
Bahiyyahn Stovall Moss: Backing Vocals
Tamara Peterson: Backing Vocals, Arranger
Lashonda Reese: Backing Vocals
Calvin Sexton: Trombone
Timothy Waites: Bass

Blues in My Blood


Funky Broadway


I Pity The Fool


Boogie-Woogie Blues Joint Party


I Can See Clearly Now

ジョニー・ナッシュ“I Can See Clearly Now”のカヴァー
.......................................................................................................................................
おまけ

Lucky Peterson -Yer Blues

ビートルズの楽曲(1968年に発表された式オリジナル・アルバム『ホワイト・アルバム』に収録された曲のひとつでジョン・レノン作

Who's Been Talkin

シカゴ"ブルースを代表する"ハウリンウルフ"の60年の作品

.......................................................................................................................................

追悼

Live au New Mornin(28-Julliet 2004,Paris)

LUCKY PETERSON - Vocal,Guitar Keyboard
RICO Mc FARLAN - Guitar
CHARLES NAVIS - Bass
LINUS IRAN NANCE - Keyboard
ALPHONSO LAVELL JONES - Drums

Tracks
1 - Real Motherfucker
2 - Ta Ta You
3 - Truly a Friend
4 - Lucky in Love
5 - Ain't No Stopping Us Now
........................................................................................................................................
USED【送料無料】ディール・ウィズ・イット [Audio CD] ラッキー・ピーターソン; ジョー・ルイス・ウォーカー; ブッチ・ボナー; リコ・マクファーランド; ジョニー・B・ガイデン and スティーヴ・ポッツ - ブックサプライ
USED【送料無料】ディール・ウィズ・イット [Audio CD] ラッキー・ピーターソン; ジョー・ルイス・ウォーカー; ブッチ・ボナー; リコ・マクファーランド; ジョニー・B・ガイデン and スティーヴ・ポッツ - ブックサプライ

【送料無料】 Lucky Peterson / Son Of A Bluesman 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
【送料無料】 Lucky Peterson / Son Of A Bluesman 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

USED【送料無料】I'm Lucky [Audio CD] Lucky Peterson; Wilbur Bascomb, Jr.; Illinois Jacquet; Arno Hecht; Larry McCray; Laurence Etkin; Tony Coleman; Crispin Cioe; Crusher Green; Paul Ossola; Bob Funk; Jim Saporito and John Snyder - ブックサプライ
USED【送料無料】I'm Lucky [Audio CD] Lucky Peterson; Wilbur Bascomb, Jr.; Illinois Jacquet; Arno Hecht; Larry McCray; Laurence Etkin; Tony Coleman; Crispin Cioe; Crusher Green; Paul Ossola; Bob Funk; Jim Saporito and John Snyder - ブックサプライ

【送料無料】 Lucky Peterson / 50 - Just Warming Up ! 【LP】 - HMV&BOOKS online 1号店
【送料無料】 Lucky Peterson / 50 - Just Warming Up ! 【LP】 - HMV&BOOKS online 1号店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック