ルビー&ザ・ロマンティックス(Ruby and the Romantics)

ルビー&ザ・ロマンティックス
(Ruby and the Romantics)
1961年に、オハイオ州アクロンで結成されたR&Bヴォーカル・グループ。当初は「ルビー・ナッシュ・カーティス/Ruby Nash Curtis」を中心にした女性ヴォーカルグループでしたが、最終的には男性バックコーラス4人を加えた5人編成となり1971年まで活動。63年の全米第1位の大ヒット「アワ・デイ・ウィル・カム」で知られる。

★女性リードヴォーカル
「ルビー・ナッシュ・カーティス/Ruby Nash Curtis」
1939年11月12日ニューヨーク市生まれ
彼女の妹,及び友人が参加して「Embers」の名前で活動を始め、その後「Supremes」と改名、更にデビュー時に「Ruby & The Romantics」としています。

低音から高音までをカバーするフルレンジのハーモニーと、スムースでリッチなボーカルが醸す優美な世界はグループの独断場で、後のテディー・ランダッツオォやMORの音楽観にも影響を与えているといわれています。
................................................................................................................................................

Our Day Will Come: Very Best of
(ザ・ベリー・ベスト・オブ)
このCDは1963-66の黄金の時代Kappレコードに残した音源のコレクション。ナンバー・ワン・ヒット曲「Our Day Will Come」やエディー・ホールマンのヒットで知られる「Hey There Lonely Girl」などのオリジナル・ヴァージョンも聞くことが出来る。

Our Day Will Come: Very Best of
DISC ONE
01. When You re Young And In Love
02. Moonlight And Music
03. Till Then
04. Our Day Will Come
05. Every Day s A Holiday
06. Think
07. Lonely People Do Foolish Things
08. My Summer Love
09. Much Better Off Than I ve Ever Been
10. I Cry Alone
11. Sweet Love And Sweet Forgiveness
12. Remember Me
13. Does He Really Care For Me
14. No More
15. Dream
16. Your Baby Doesn t Love You Anymore
17. Our Everlasting Love
18. Hey There Lonely Boy
19. By The Way
20. Two Different Worlds
21. Nobody But My Baby

DISC TWO
01. Baby Come Home
02. Day Dreaming
03. Not A Moment Too Soon
04. Young Wings Can Fly (Higher Than You Know)
05. Moonglow
06. We Can Make It
07. Stranger On The Shore
08. The End Of The World
09. Till There Was You
10. What A Difference A Day Makes
11. We ll Love Again
12. Imagination
13. We ll Meet Again
14. My Prayer
15. Heartaches
16. I m Sorry
17. (I m Afraid) The Masquerade Is Over
18. P. S. I Love You
19. Chances Are
20. Time After Time
21. How Deep Is The Ocean

DISC ONE
01. When You re Young And In Love


DISC ONE
02. Moonlight And Music


DISC ONE
03. Till Then


DISC ONE
04. Our Day Will Come

邦題「燃ゆる恋」。'63年の全米チャートNO.1
1963年にUS KAPPレーベルからリリースしたシングルで、一連のヒットを手がけるアレン・スタントンのプロデュースにより、全米ポップチャートで最高1位を記録したグループの代表作品。ボビー・ダーリン、ブレンダ・リー他、カバーも多いポップスのスタンダードの元祖オリジナル・バージョンです。ボブ・ヒリアード=モート・ガーソンが作曲したメロディアスな楽曲を、ブラジルのボサノヴァ・リズムに乗せて、ジャジーさもあるヴォーカルで艶っぽく歌う60'sガールズ・ポップ・クラシックス!

DISC ONE
18. Hey There Lonely Boy

エディー・ホールマンのヒットで知られる「Hey There Lonely Girl」のオリジナル・ヴァージョン

DISC ONE
15. Dream


DISC TWO
05. Moonglow


DISC TWO
08. The End Of The World

スキーター・デイヴィスのカヴァー
.................................................................................................................

「Hurting Each Other」聴き比べ
1972年にThe Carpentersによって大衆化された曲。この曲はGary Geld & Peter Udellという作曲家コンビの作品
Jimmy ClantonとThe Guess Whoの前身バンドであるChad Allan & The Expressionsが共にすでに、65年に発表していたようです。他のアーティストにもカヴァーされていて、Little Anthony & The Imperials、B.J. Thomas、Jeffrey Foskettなどがあります。

ジミー・クラントン/Jimmy Clanton -Hurting Each Other(1965)


69年にA&M からは唯一のリリースとなるシングルオンリー
Ruby And The Romantics Hurting Each Other(1969)

Ruby and The Romanticsの1969年にリリース。ヒットせず。アレンジはあのニック・デカロ

Carpenters - Hurting Each Other(1972)

4thアルバム「A Song For You」からのシングル。邦題は『ハーティング・イーチ・アザー』
全米シングルチャート(Billboard Hot 100) 第2位
全米年間シングルチャート 第65位(1972年)
.............................................................................................................................

Our Day Will Come: Very Best of
アワ・ディ・ウィル・カム:ベリー・ベスト [ ルビー&ザ・ロマンティックス ] - 楽天ブックス
アワ・ディ・ウィル・カム:ベリー・ベスト [ ルビー&ザ・ロマンティックス ] - 楽天ブックス

Ruby & Romantics / Go! Go! Radio Days Presents Ruby And The Romantics 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
Ruby & Romantics / Go! Go! Radio Days Presents Ruby And The Romantics 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック