ジョン・リー・フッカー(John Lee Hooker)

ジョン・リー・フッカー
(John Lee Hooker)
1917年8月22日生まれ
ミシシッピ州コアホマ郡出身
2001年6月21日死去、(享年83歳老衰)
ブルースシンガー/ソングライター/ギタリスト/バンドリーダーとして活動。
「King Of Boogie」などの尊称でも知られブルースロック系ミュージシャンに多大な影響を与えています。南部の人種差別を嫌い1943年ミシガン州デトロイトに移住。昼は仕事をして、夜はクラブにてライブ活動という生活。1948年プロデューサー「Bernard Besman」に認められ、モダンレコードと契約して、1946年「Hoogie Boogie」でデビュー。1949年「Boogie Chillen」,1951年「I'm In The Mood」がR&Bチャート1位など爆発的にヒットし、一躍、世界に知られるようになった。 他に例を見ない独特のブギ・スタイル奏法や時に節を無視したスロー・ブルースのスタイルを用いて活躍、1952年頃まで数多くの曲を吹き込みます。心の底から沸きあがる製作意欲を抑えられなかったのか、所属レコード会社での製作だけに飽き足らず、《ジョニー・ウィリアムス》《テキサス・スリム》《デルタ・ジョン》《ジョンリー・ブッカー》等、複数の変名を用いて他社で録音を敢行しています。1950年代の中盤以降徐々にバンド形式の演奏スタイルに移行、1962年にはシングル「Boom Boom」をポップ・チャートにまでランク・インさせています(3年後の1965年にはアニマルズがカバーして全米でヒットを記録)。1955年頃からヴィー・ジェイにレコーディングを始め、この頃には白人層にも知られるようになりました。1970年代はカルフォルニア州に移り、ロック・ミュージシャンとの交流を深め、1978年にはロサンジェルスに永住。1991年にリバイバルされた「I'm In The Mood」はグラミー賞を獲得し、同年、ロックンロールの殿堂入りを果たした。1998年にはヴァン・モリスンとの共演作「Don't Look Back」がベスト・ポップ・コラボレーション賞を受賞。トレードマークとなった独特の情感を醸し出す歌い回しとギターの反復フレーズがフォーク・ブルースとR&Bの世界をつなぎ、ひいては60年代の白人フォークやブルース・ロックに多大な影響を及ぼした。70年近くにわたり、100枚を越えるアルバムを発表。2000年度グラミー賞では生涯活動に対する「Lifetime Achievement Award」を受賞していました。1984年には来日公演も行っている。

因みに、シカゴ・ブルース界でも屈指のギタリストと呼ばれた「アール・フッカー」とは従兄弟になります。
....................................................................................................

1948年録音のデビュー曲、『ブギー・チレン』から51年までの初期の曲が聴かれます。ギター1本の弾き語りですが、ジョン・リー・フッカーのブギー世界が、すでに完成されています。同じデザインのCD盤24曲入っています。かなりお得だと思います

1963
The Great John Lee Hooker
Aside:
1. Sally Mae
2. Boogie chillun
3. Hobo blues
4. Crawling king snake
5. Whistling and moaning
6. Hoogie boogie
Bside
1. Weepping willow
2. House rent boogie
3. Queen bee
4. I'm in the mood
5. Anybody seen my baby
6. Cold chills

Modern recordings from:
1948: track A2;
1949: track B4;
1950: track B1 (alternate title: Wednesday Evening);
1951: tracks A4, A5, B5;
1952: tracks A3, B2;
1954: tracks A1, B3.

Boogie Chillen original 1948 version


Crawlin' King Snake


Hoogie Boogie


I'm In The Mood


.....................................................................................................

John Lee Hooker ‎– Sings Blues
本作は48年~50年の録音。Texas Slim(テキサス・スリム)の変名で録音したキング時代は別格であり彼の絶頂期である。

John Lee Hooker Sings the Blues
A1 Wandering Blues
A2 I'm Gonna Kill That Woman
A3 Heart Trouble Blues
A4 Don't You Remember Me
A5 Slim's Stomp
A6 The Numbers
A7 Shake 'Em Up
A8 Happy Blues
B1 Nightmare Blues
B2 Moaning Blues
B3 Don't Go Baby
B4 Thinking Blues
B5 Late Last Night
B6 Devil's Jump
B7 Who's Been Jiving You
B8 Race Track

Wandering Blues


Texas Slim (John Lee Hooker) -"Slim's Stomp"(1949)


Texas Slim (John Lee Hooker)- "Devil's Jump"

...................................................................................................................

John Lee Hooker ‎–The Healer
1989年のカムバック作品です。カルロス・サンタナ( Carlos Santana )、ボニー・レイット( Bonnie Raitt )、ロバート・クレイ( Robert Clay )、キャンド・ヒート( Canned Heat )らが参加しています。翌90年ロックの殿堂入りをお膳立てした、キャリア晩年の代表作。

1989
John Lee Hooker
"The Healer"
1. The Healer(with Carlos Santana) (Hooker, Roy Rogers, Santana, Chester Thompson)
2. I'm In The Mood (with Bonnie Raitt) (Hooker, Bernard Besman)
3. Baby Lee(with Robert Cray) (Hooker, James Bracken)
4. Cuttin' Out (with Canned Heat)
5. Think Twice Before You Go(with Los Lobos)
6. Sally Mae(with George Thorogood) (Hooker, Besman)
7. That's Alright (with Charlie Musselwhite)
8. Rockin' Chair
9. My Dream
10. No Substitute

Producer-Roy Rogers

Personnel
John Lee Hooker – vocals, guitar, steel guitar
Carlos Santana – guitar
Jose Areas – timbales
Armando Peraza – congas
Ndugu Chancler – drums
Chester Thompson – keyboards, synthesizers
Bonnie Raitt – vocals, slide guitar
Roy Rogers – guitar, slide guitar
Scott Mathews – drums
Robert Cray – guitar
Richard Cousins – bass
Henry Vestine – guitar
Larry Taylor – bass
Adolfo de la Parra – drums
Charlie Musselwhite – harmonica
Cesar Rosas – guitar
David Hidalgo – guitar, accordion
Louie Pérez – drums
Conrad Lozano – bass
Steve Berlin – saxophone
George Thorogood – guitar
Steve Ehrmann – bass

John Lee Hooker, Carlos Santana & The Santana Band- The Healer

Vocals – John Lee Hooker
Congas – ArMando Peraza
Drums – Ndugu Chancler
Guitar – Carlos Santana
Keyboards – Chester Thompson
Timbales – Chepito Areas
Vocals – John Lee Hooker

I'm In The Mood

John Lee Hooker - Vocals, Guitar
Bonnie Raitt - Vocals, Slide Guitar
Roy Rogers - Guitar
Scott Mathews - Drums

John Lee Hooker & Canned Heat-Cuttin' out

Vocals, Guitar – John Lee Hooker
Bass – Larry Taylor
Drums – Fito de la Parra
Guitar – Henry Vestine, Roy Rogers
Harmonica – Charlie Musselwhite
..................................................................................................................

おまけ

John Lee Hooker - serves me right to suffer

1966年にインパルス・レコードからリリースされた『It Serves You Right to Suffer』
J・ガイルズ・バンド · 1970年のLiveアルバム"フルハウス"の中でカバーしている。

Boom Boom (1966)

"Boom Boom " (オリジナルは1961年に発表)。 その時々で歌詞を変えることが多いため、どれが正しいというものはありません。歳を重ねた楽曲を再録音もあり、The Blues Brothersの映画に出演、ZZ Topもカバーしている。
........................................................................................................................
ザ・グレイト・ジョン・リー・フッカー [ ジョン・リー・フッカー ] - 楽天ブックス
ザ・グレイト・ジョン・リー・フッカー [ ジョン・リー・フッカー ] - 楽天ブックス^

John Lee Hooker ジョンリーフッカー / John Lee Hooker Sings Blues 【CD】
ローチケHMV 1号店
基本情報ジャンルロックフォーマットCDレーベルクリンク発売日2014年09月24日商品番号ODR-6


楽天市場 by John Lee Hooker ジョンリーフッカー / John Lee Hooker Sings Blues 【CD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




The Healer
Import [Generic]
1991-10-15
John Lee Hooker

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Healer の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Boom Boom/the Healer
Virgin
2001-10-15
John Lee Hooker

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Boom Boom/the Healer の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック