追悼、ウォルター・ベッカー(Walter Becker)-"11 Tracks Of Whac"1994

ウォルター・ベッカー
(Walter Becker)
本名、ウォルター・カール・ベッカー(Walter Carl Becker
ニューヨーク州出身
1950年2月20日生まれ
2017年9月3日死去、67歳没
スティーリー・ダンを結成したウォルター・ベッカー(G/B)が、2017年9月3日亡くなった。死因は未発表で、年齢は67歳での逝去。
ウォルター・ベッカーは、言わずと知れたSteely Danのギタリスト(ベースも演奏する)ですが、そもそもSteely Danは最初は複数名でのバンド形態から、紆余曲折を経て実質的にはドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカー2人のユニットという形に落ち着いて、77年の「Aja」、80年の「Gaucho」などで商業的に成功を収めたアメリカのロックバンド。
.......................................................................................

哀悼の意をこめて、ウォルター・ベッカーの1994年のソロアルバム"11 Tracks Of Whack"を紹介。
ベッカーは2枚のアルバムを出している。本作は1枚目「11 Tracks of Whack」は94年に、2枚目の「Circus Money」は08年に出されております。スティーリー・ダンやドナルド・フェイゲンとは微妙に違う音世界を目指したウォルター・ベッカーが80年代から90年代にかけて生み出してきたレア・トラックス10曲を収録(1980s-1993 Outtakes & demos)。

1994
Walter Becker
"11 Tracks of Whack"(邦題「11の心象」)
1."Down in the Bottom"
2."Junkie Girl"
3."Surf and/or Die"
4."Book of Liars"
5."Lucky Henry"
6."Hard Up Case"
7."Cringemaker"
8."Girlfriend"
9."My Waterloo"
10."This Moody Bastard"
11."Hat Too Flat"
12."Little Kawai"

Producer – Donald Fagen, Walter Becker

Personnel
Walter Becker – bass, guitar, ukulele, vocals
Dean Parks – acoustic guitar, electric guitar
Adam Rogers – electric guitar
John Beasley – keyboards
Donald Fagen – keyboards
Fima Ephron – bass
Ben Perowsky – drums
Paulinho Da Costa – percussion
Bob Sheppard – saxophone, woodwinds
Bruce Paulson – trombone
Jon Papenbrook – horns/brass
Catherine Russell – background vocals
Brenda White-King – background vocals

Down in the Bottom


Junkie Girl


Book of liars


Girlfriend


Hat too flat

.............................................................................................
おまけ
2017年9月3日にウォルター・ベッカー(:Walter Becker)が 67歳の若さで亡くなってしまったのを受け,亡くなる 11年前の映像。

Steely Dan - Sugartooth Final:St. Louis 2006
『 Sugartooth Final:St. Louis 2006(Gift DVDR) 』 は,2006年7月7日ウィスコンシン州はミルウォーキーのサマーフェスト公演を皮切りに,9月4日ミズーリ州はセント・ルイスのUMBバンク・パビリオン公演まで,初期メンバーであったマイケル・マクドナルド(:Michael cDonald)と一緒に,全33公演 行われた 「 Steelyard "Sugartooth" McDan Summer Tour 」 から,最終公演である 9月4日セント・ルイスのUMBバンク・パビリオン公演をマルチ・カメラによるプロ・ショット映像を収録。ウォルター・ベッカー(:Walter Becker)が亡くなる 11年前の映像。

Steely Dan: "Live" St. Louis, MO, Sept. 4th, 2006, Full Concert, (HD)

1. Turtle Talk
2. Bodhisattva
3. Time Out Of Mind
4. Aja
5. Hey Nineteen
6. I Got The News
7. Home At Last
8. Black Friday
9. Chain Lightning
10. Green Earrings
11. Dirty Work
12. Member Introduction
13. Show Biz Kids
14. Do It Again
15. Peg
16. Don't Take Me Alive
17. Kid Charlemagne
18. Pretzel Logic
19. FM
20. My Old School

 Donald Fagen : Keyboards,Vocals
 Walter Becker : Guitar
 Jon Herington : Guitar
 Freddie Washington : Bass
 Keith Carlock : Drums
 Jeff Young : Keyboards,Backing Vocals
 Walt Weiskopf : Sax
 Michael Leonhart : Trumpet
 Jim Pugh : Trombone
 Roger Rosenberg : Baritone Sax
 Carolyn Leonhart-Escoffery : Backing Vocals
 Cindy Mizelle : Backing Vocals
 Michael McDonald : Keyboards,Vocals

メーカー情報
2006年7月から9月にかけて行われた、Steelyard "Sugartooth" McDan サマー・ツアーより、ツアー最終日となる9月4日セントルイス公演を完全収録。ツアー関係者よりもたらされたオリジナルビデオマスターをダイレクトに使用しています。マイケル・マクドナルドとスティーリー・ダンのカップリングによって行われたツアーで、「Show Biz Kids」以降、マイケル・マクドナルドが全面的に参加するステージをマルチカメラによるプロショット映像で完璧に捉えています。固定のセットリストに、前半/後半と日替わりのトラックを組み入れて構成されたステージですが、この日の終盤の日替わり曲は「Pretzel Logic」の予定が、メンバーの勘違いにより「Don't Take Me Alive」がスタートしてしまい、ドナルド・フェイゲンの意向で前半部のみの演奏で終結する珍しいシーンを収録しています。ステージのクオリティは語るべくも無く、全日程においてベストな演奏が繰り広げられたツアーの最終公演を、ワイド画面のプロショット映像で収録したタイトルです。
......................................................................................................................................................

【中古】 【輸入盤】Eleven Tracks of Whack /WalterBecker 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 【輸入盤】Eleven Tracks of Whack /WalterBecker 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店

Walter Becker / Circus Money 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
Walter Becker / Circus Money 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック