シモーネ・コップマイヤー(Simone Kopmajer)-2007年、2014年

シモーネ・コップマイヤー
(Simone Kopmajer)
1981年9月生まれ
オーストリアシュラートミンク出身
ジャズ・シンガー
両親がともに音楽教師で、特に父親は音楽学校の校長の一方、ビッグバンドのリーダーとして活躍しているという。8歳でピアノを始め、12歳からは父親のバンドで歌っていたという。 17歳で、父のジャズバンドと定期的に演奏する。
オーストリアのグラーツ音楽大学を卒業後、ユーロビッグバンドでオランダに2回滞在し、ヨーロッパのいくつかのジャズフェスティバルに出演。2000年、アメリカに渡り、クラブで歌う仕事をスタート。「ヴィーナス・レコード」の目にとまり、2003年「ムーンライト・セレナーデ/Moonlight Serenade」でデビュー。日本のレーベルVenusのためにさらに6枚のアルバムを録音する。 2011年、アルバム「Nothing's Gonna Change」をリリース。 北米、東南アジア、オーストラリア、ヨーロッパでライブ活動を行う。現在はオーストリア、アメリカ、両方で活動。

★因みに、ブラジルの女性シンガー「シモーネ」とは別人
.........................................................................................

2007年の通算3枚目のアルバム"Taking A Chance On Love"。ニューヨークで活躍する名手たちの伴奏を得て、新旧のスタンダードをキュートに歌う。甘いヴォイスに都会的に洗練された歌唱、ジャズ・クラブの雰囲気を満喫できる一枚だ。

2007
Simone Kopmajer
"Taking A Chance On Love"
01.Don't Let Me Be Lonely Tonight
02.Our Love Is Here To Stay
03.The Very Thought Of You
04.Fotografia
05.Little Boy
06.Close To You
07.Taking A Chance On Love
08.I Wish You Love
09.No More Blues
10.Blame It In My Youth

Producer – Tetsuo Hara, Todd Barkan

Credits
Bass – George Mraz
Drums – Tim Horner
Flute [Alto], Saxophone [Alto], Saxophone [Soprano] – Dick Oatts
Piano – John Di Martino
Producer – Tetsuo Hara, Todd Barkan
Saxophone [Tenor] – Houston Person
Vocals – Simone Kopmaje

Don't Let Me Be Lonely Tonight


I Wish You Love


................................................................................................................................

2014年作品、Simone Kopmajer - Emotion
本作では、イーグルスの“I Can't Tell You Why"や、シャナイア・トゥエインの“You're Still The One"、プレスリーの“Can't help Falling in Love"などのラヴ・スタンダードを中心にセレクトしたカヴァー・アルバムとなっています。バックをつとめるのはこれまでの作品にも参加してきた名手ジョン・ディ・マルティーノを筆頭に不動とも言えるバック・メンバーに加え、本作ではジャズ・ギタリスト、ウルフ・ワケーニウスも参加!と、さらに死角なしの豪華メンバーがアルバム全体を彩ります。そしてなにより曲ごとの歌心をそれぞれに表情を変えて表現するシモーネの圧巻のヴォーカルが際立つ、注目ヴォーカル作品です!(メーカー資料より)

2014
Simone Kopmajer
"Emotion"
1.Valentine
2.Emotion
3.Go
4.Sleepwalk
5.Change The World
6.Hello
7.I Can't Tell You Why
8.You're Still The One
9.Words
10.Rolling in The Deep
11.Can't help Falling in Love
12.Lately
13.You Raise Me Up
14.Stairway to Heaven

Simone Kopmajer (vo)
John Di Martino (p)
Herfried Knapp (b)
Reinhardt Winkler (ds)
Wolfgang Puschnig (fl, as)
Ulf Wakenius(g)

Emotion - Simone Kopmajer Album

.............................................................................................................

アルバム紹介
2004年、ファースト・アルバム『ムーンライト・セレナーデ(Moonlight Serenade)』をヴィーナス・レコードからリリース。
2005年、『ロマンス(Romance)』をリリース。「コーリング・ユー(Calling You)」を収録。
2007年、『恋のチャンス(Taking A Chance On Love)』をリリース。
2008年、『恋をしましょう(Let's Fall In Love)』をリリース。
2009年、『ディドント・ユー・セイ(Didn't You Say)』をリリース。
2011年、『ナッシングズ・ゴナ・チェンジ(Nothing's Gonna Change)』をリリース。
2011年、『ニュー・ロマンス(New Romance)』をリリース。
2012年、『スイングしなけりゃ意味ないね~ライブ・アット・ジャズクラブ・ハイジ(Live at Heidi's Jazzclub)』をリリース。
2013年、『エモーション(Emotion)』をリリース。
2014年、『ザ・ベスト・イン・ユー(The Best in You)』をリリース。
2017年4月、『グッド・オールド・タイムズ(Good Old Times)』をリリース。「リアリティ(Reality)」を収録。

.........................................................................................................

恋のチャンス
ヴィーナス・レコード
2007-05-23
シモーネ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恋のチャンス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



恋のチャンス/恋をしましょう(The Best Coupling Series)
ヴィーナスレコード
2016-04-20
シモーネ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恋のチャンス/恋をしましょう(The Best Coupling Series) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Emotion
Hitman Jazz
Simone (Simone Kopmajer) シモーヌ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Emotion の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック