ウォーターズ(The Waters)-"Waters"1977

ウォーターズ
(The Waters)
1970年代から1980年代にかけてLAを拠点に数多くのレコーディング・セッションで活躍したヴォーカル職人4兄妹のThe Waters(ウォーターズ)。The WatersはLuther Waters、Oren Watersという男性2人、Julia Tillman Waters、Maxine Willard Watersという女性2人から成る兄妹ソウル・グループ。

また、セッション・シンガーとしても、数多くの作品でバック・コーラスを務めていて、ジャンルを問わず様々なアルバムに参加。ハード・ロック系では、Guns N' Rosesの1991年の大作『Use Your Illusion II』に収録の「Knockin' On Heaven's Door」や、David Lee Rothの1986年のヒット作『Eat 'Em And Smile』のラスト・ナンバー「That's Life」も。また、Marlena Shaw『Who Is This Bitch, Anyway?』(1974年)、Barrabas『Heart of the City』(1975年)、Coke Escovedo『Comin' At Ya』(1976年)、Santana『Festival』(1976年)など。

グループは『Waters』(1975年)、『Waters』(1977年)、『Watercolors』(1980年)、『Welcome Home』(1988年)といったアルバムをリリースしています。
.........................................................................................................................................

本作は彼らの1977年の傑作2ndアルバム。
プロデュースはリズム・ヘリテッジのスティーヴ・ヴァリとマイケル・オマーティアンで、このコンビは、同年のAlan O'Dayのアルバム『Appetizers / アンダーカヴァー・エンジェル (恋のメニュー)』や、Dionne Warwickのアルバム『Love At First Sight』のプロデュースも手掛けている。そのマイケルが鍵盤の他、ジェフ・ポーカロ(ds)、エド・グリーン(ds)、スコット・エドワーズ(b)、ジェイ・グレイドン(g)、レイ・パーカーjr(g)らが演奏に参加。

1977
Waters
"Waters"
1. The Other Side Of Midnight - 3:51
2. I Just Wanna Be The One (In Your Life) - 3:50
3. What Am I Doing Wrong - 3:56
4. One Good Reason - 3:44
5. If There's A Way - 4:19
6. Could It Be The Magic - 4:26
7. Party, Party - 4:02
8. We Can Change It - 4:41
9. Peace At Last - 5:20

Produced by Steve Barri & Michael Omartian

The Waters
Julia Waters, Luther Waters, Maxine Waters, Oren Waters

The Other Side Of Midnight


I Just Wanna Be The One in Your Life


If There's A Way


We Can Change It


Peace At Last

(Jeff Porcaro on drums)

..............................................................................................................

おまけ

The Waters - Baby You Got It (funky)

1988年、アルバム"Welcome Home"から
.....................................................................................................................

1977
Waters"Waters"
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カレン・プランクトン
2019年10月14日 10:50
先日、BBC2のpetshopboysのドキュメンタリー番組を聴いていたら、Niel TenanntがThe Watersの事を話していました。この番組はパーロフォン時代のアルバムをpsb自ら解説する内容だったのですが、2012年の"Elysium"に収録されている"Hold On"という曲でコラボしているのが"The Waters"だという事です。彼らの情報がほとんどない中、貴重な情報を有難うございます。"Hold On"の曲調と歌詞に、古き良きアメリカの空気を感じさせるコーラスがぴったりはまっていて大好きな曲です。ファミリーグループという事なので、すでに彼らの子供達が参加しているかも知れませんね。 あの時代、オズモンド・ブラザーズとかジャクソン5とか、ファミリーバンドの全盛時代でしたね。"Waters 1977"も探してみたいと思います。

この記事へのトラックバック