ジョー・イングリッシュ(Joe English)-1980年、1982年

ジョー・イングリッシュ
(Joe English)
1949年生まれ
ニューヨーク州シラキュース出身
シンガーソングライター/ミュージシャン
1975年から2年間、ポール・マッカートニー&ウイングスにてドラマーとヴォーカルとして活躍。
その後、体調不良を理由にウイングスを脱退後、Kingfish~ジャズロックグループSea Levelで数作作品を残し、'80年代に入るとソロでの活動でJoe English Bandバンドを結成して活動しますが1990年後半に足を痛めたためドラムからは引退。
.......................................................................................................................................

1970代後半「Paul McCartney & Wings 」や、「Sea Level」でドラマーとして活躍した「ジョー・イングリッシュ」の1980年発表の1stアルバム。同時期のCCMアルバムの中でも、頭一つ抜け出した内容の作品です。ジノ・ヴァネリ風な転調が素晴らしいロマンティック・ハードネス A-1.「To Love Is to Live」や、CCMチャートで大ヒットしたA-2.「Shine On 」、ベスト・トラックA-4.「Is There Not One Good Man」等を収録作品。

1980
Joe English
" Lights In The World"
01.To Love Is to Live
02. Shine On
03. Dyin'
04. Is There Not One Good Man
05. Midnight Angel Choir
06. Get Ready
07. Is the King Your Friend
08. The Lord Never Leaves
09. Praise Him
10. Keep in Touch

Musicians:
Bonnie Bramlett: Background Vocals
George Cocchini: Guitar
Joe English: Drums, Vocals
Vicki Hampton: Background Vocals
Scott Hendricks: Engineer, Songwriter
Shane Keister: Prophet 5
Donna McElroy: Background Vocals
Phill McHugh: Songwriter, Acoustic Guitar
Terry McMillan: Percussion, Harmonica
Kenny Mims: Guitar
Greg Nelson: Producer, String Arranger, Vocal Arranger, Songwriter
Ray Nenow: Executive Producer
Larry Paxton: Bass
Dave Perkins: Guitar
Don Rogers: Songwriter
John Rosasco: Songwriter, String Arranger, Track and Horn Arranger, Keyboards, Prophet 5
Brent Rowan: Guitars
Sheldon Kurland Strings: Strings
Alan Steinberger: Micro-Moog
Russ Taff: Background Vocals


1.To Love Is to Live


2,Shine On


3,Dyin'


4,Is There Not One Good Man


5,Midnight Angel Choir


6,Get Ready


7,Is the King Your Friend


8,The Lord Never Leaves


9,Praise Him


10, Keep in Touch

.................................................................................................................................................

今回は彼のアルバムの中でも2枚目にあたる「Held Accountable」(1982)を紹介します。このアルバムの特徴はなんと言っても、明るさと力強さが良いです。基本的には彼が持つポップス色の濃いナンバーが印象に残ります。自らプロデュースした2作目には自分の思いが詰まっている。彼の熱いドラムと共に名曲「My Strength Is In The Load」は聴きどころです。個人的見解ですが。

1982
Joe English
"Held Accountable"
Side 1
01 Best Things 3:09
02 We Live When We Die 3:15
03 My Strength Is In The Lord 4:55
04 First Love 3:53
05 Voice Of Triumph 3:48
Side 2
01 Wake Up 3:53
02 Learn To Celebrate 2:40
03 Where You Gonna Run 3:29
04 Thief In The Night 4:28
05 The Best Is Yet To Come 3:42

The Joe English Band
Joe English - Lead vocals, drums
Tim Smith - Bass
George Cocchini - Guitars
Paul Brannon - Guitars
John Lawry - Keyboards

Production details
Executive producer: Ray Nenow
Produced by Joe English and John Rosasco for Primacy Productions

Best Things

爽やかなAORナンバー

My Strength is in the Lord

美しいメロディのスローナンバー(後半部分のジョー・イングリッシュ自らが聴かせるドラムが、一番の聴きどころ)

First Love


Voice of Triumph

ゆったりとしたナンバー

Wake Up


Learn to Celebrate


Where You Gonna Run

懐かしさを感じる楽曲
........................................................................................................

■Discography

★Paul McCartney & Wings:
Venus and Mars (1975)
Wings at the Speed of Sound (1976)
Wings over America (1976)
London Town (1978)

ポール・マッカートニー&ウィングス脱退後は・・・・
★Kingfish:
Trident (1978)

★Sea Level:
on the Edge (1978) (Capricorn)
long Walk on a short Pier (1978) (Capricorn)
Ball Room (1980) (Arista)
Best of Sea Level (1997) (Capricorn)

シー・レヴェルを脱退直後に・・・・・・
★Joe English Band:
Lights in the World (1980)
Held Accountable (1982)
Press on (1983)
Live (1984)
what you need (1985)
the Best is yet to come (1985)
back to Basics: English 101 (1988)
Lights in the World / Held Accountable (1991)

★Compassion All Star Band:
one by one (1988)
......................................................................................................................................
1980
Joe English
" Lights In The World"
画像



1982
Joe English
"Held Accountable"
画像



Joe English
Lights In The World/Held Accountable
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック