デイブ・メイソン(Dave Mason)-Part1(1970年~1973年)

デイブ・メイソン
(Dave Mason)
本名「David Thomas Mason/デヴィッド・トーマス・メイスン」
1946年5月10日生まれ
イギリス ウスター出身
シンガーソングライター/ギタリスト
バーミンガム地区で音楽活動を展開。ヘリアンズやディープ・フィーリングというバンドで活動後、67年バークシャーに行き、スティーヴ・ウィンウッド( Steve Winwood )、ジム・カポールディ( Jim Capaldi )、クリス・ウッド( Chris Wood )と共にトラフィック( Traffic )を結成に参加。69年からソロ活動をスタート、その後、米国に移住すると、デラニー&ボニー( Delaney and Bonnie )と行動を共にし、1970年にはアルバム「Alone Together」を出しレコード・デビュー。その後、数年間はママ・キャス( Cass Elliot )、続いてデレク&ドミノス( Derek and the Dominos )と共演。。アメリカン・ミュージック志向を強く表わした明るくポップなギター演奏と歌声で70年代後半に確固たる地位を築く。95年フリートウッド・マックに参加。アルバムは、1974年「Dave Mason」、1973年「It's Like You Never Left」、1975年「Split Coconut」があります。ソロでは70年から80年にかけて米国で7曲(トップ40内2曲)がチャートイン、77年に「We Just Disagree」が12位を記録して代表曲となっています。
.......................................................................................................................

今回、大好きなデイブ・メイソンを紹介します!、ソロ活動時に発表した作品を中心にとりあげたいと思いますが、何回か分けて紹介、今回は、Part1として"ブルーサム・レコード時代(1971年~1973年)"、次回はPart2として"コロンビア・レコード時代(1973年~1976年)"で、また3部構成でPart3・・・・・・・・?。
............................................................................................................................
今回、Part1で、"ブルーサム・レコード時代(1970年~1973年)"
このレコード会社とその後トラブルを起こし裁判沙汰にもなってしまう。

トラフィック脱退後アメリカに渡りキャスエリオットの仲介でデラニー&ボニーと知り合い、この初ソロアルバムを作った。1970年にデイヴ・メイソンがリリースした1stソロアルバム「Alone Together」。メンバーも豪華なもので、デラニー&ボニー、レオン・ラッセルは元よりジム・ゴードン、カール・レイドル、ジョン・サイモン、ジム・ケルトナー、トラフィック仲間のジム・キャパルディらが参加。後にジョージ・ベンソンの「Breezin'」などのプロデュースを手がけたトミー・リピューマがプロデュースを担当

1970
Dave Mason
"Alone Together"
1. Only You Know and I Know
2. Can't Stop Worrying, Can't Stop Loving
3. Waitin' on You
4. Shouldn't Have Took More Than You Gave
5. World in Changes
6. Sad and Deep as You
7. Just a Song
8. Look at You, Look at Me

Produced By Tommy LiPuma&Dave Mason

Dave Mason(vo,g)
Delaney Bramlett(g,vo)
Don Prestong)
Michael DeTemple(g)
Chris Ethridge(b)
Carl Radle(b)
Leon Russell(key)
John Simon(key)
Larry Knechtel(key)
Jim Keltner(dr)
Jim Gordon(dr)
Jim Capaldi(dr)
John Barbata(dr)
Bonnie Bramlett、Rita Coolidge、Mike Coolidge、Claudia Lennear(backing vo)

1. Only You Know and I Know


2. Can't Stop Worrying, Can't Stop Loving


3. Waitin' on You


8. Look at You, Look at Me

................................................................................................

1971年発表の「Dave Mason & Cass Elliot」。
フライング・ブリトー・ブラザース のグラム・パーソンズ の紹介で出会った元ママス&パパスのキャス・エリオットとのコラボレーションを実現させたのがこのアルバム「Dave Mason & Cass Elliot」1971年に発表。ラス・カンケル(dr)、ポール・ハリス(key)、ブライアン・ギャロ(b)をバックに迎え、そのサウンドを特徴付けているのがキャス・エリオットの存在でリードヴォーカルを取るのは④と⑥の中間部と⑦、聴かせてくれている透明で美しいコーラス・ワークはデイヴ・メイスンのヴォーカルと見事に調和。デイブ・メイソンは個人的に、時代の流れをキャッチする感受性の豊かさと、それを自分流に消化するセンスの良さはピカイチ。なぜなら、このアルバムでも、後に来るウエスト・コースト・ロックのブームを予見しているようなサウンドを展開しています。

1971
Dave Mason & Cass Elliot
"Dave Mason & Cass Elliot"
1. Walk to the Point
2. On and On
3. To Be Free
4. Here We Go Again
5. Pleasing You
6. Sit and Wonder
7. Something to Make You Happy
8. Too Much Truth, Too Much Love
9. Next to You
10. Glittering Facade

Produced By Dave Mason & Cass Elliot

Dave Mason(Vocals, Lead and Acoustic guitars)
Cass Elliot(Vocals)
Paul Harris (Keyboards)
Bryan Garo (Bass)
Russ Kunkel (Drams)

walk to the point


On and On

唯一のカヴァー曲「On And On」はネッド・ドヒニーの作品。ネッドはこの二人に加わりバンド結成の噂もあったようです。(ネッド・ドヒニーがこの曲を収録した自身のファースト・アルバムを発表するのは1973年)

Pleasing You

キャス・エリオット、デイヴ・メイソンとの共作

something to make you happy


Too Much Truth, Too Much Love


Glittering Facade
.
デイヴ・メイソン作、アコースティック・ギターのソロ、オルガンの音色、メイソンとママ・キャスのコーラス・ワークが印象的
..........................................................................

1972年2月リリースの「Headkeeper」 は、スタジオ録音の新曲と、前年にハリウッドのザ・トレバドールで行われたライヴを半数ずつ収録(当時所属するブルーサム・レコードとの間にトラブルがあり、デイヴは本作のリリースを拒んでいたという説もある)。プロデュースはトミー・リピューマ&デイヴ・メイソン、エンジニアはアル・シュミットでアルバム全10曲中5曲がスタジオ・レコーディング、5曲がライヴ・レコーディングという変則的な収録内容。

1972
Dave Mason
"Headkeeper"
1. To Be Free
2. In My Mind
3. Here We Go Again
4. A Heartache, A Shadow, A Lifetime
5. Headkeeper
6. Pearly Queen [Live]
7. Just a Song [Live]
8. World in Changes [Live]
9. Can't Stop Worrying, Can't Stop Loving [Live]
10. Feelin' Alright [Live]

Produced By Tommy LiPuma & Dave Mason
Engineer Al Schmitt

Personnel
Dave Mason - electric and acoustic guitar, vocals
Felix Falcon aka "Flaco" - conga and percussion
"Dr." Rick Jaeger - drums
Mark Jordan - piano and keyboard instruments
Lonnie Turner - bass

Background vocals (Special thanks to):
Rita Coolidge
Spencer Davis
Kathi McDonald
Graham Nash

To Be Free

リタ・クーリッジとキャシー・マクドナルドの2人のゴスペル風のコーラス

Here We Go Again


Pearly Queen [Live]

....................................................................................................................................................................,

1973年の" Dave Mason Is Alive" もトラブルの渦中にデイヴの承諾なしにリリースされた3rdアルバムで、前作と2曲重複するザ・トレバドールでのライヴを収録。主にアルバム Alone Together の曲を取り上げている。

1973
"Dave Mason Is Alive"
Side one
"Walk to the Point"
"Shouldn't Have Took More than You Gave"
"Look at You Look at Me" (Mason, Jim Capaldi)

Side two
"Only You Know and I Know"
"Sad and Deep as You"
"Just a Song"
"Feelin' Alright"

Produced by Tommy LiPuma and Dave Mason

Personne
Dave Mason - electric and acoustic guitar, vocals
Felix Falcon aka "Flaco" - conga and percussion
"Dr." Rick Jaeger - drums
Mark Jordan - keyboards
Lonnie Turner - bass
....................................................................................................................

1972.年のアイランド・レコード編集盤 Scrapbook は、トラフィックにおけるデイヴの曲を1枚目、アルバム Alone Together と Headkeeper の曲などソロ作品を2枚目に収録している。Feelin’ Alright はアルバムとは別ヴァージョンでの収録、また初ソロシングル Just For You のB面曲 Little Woman は、英フォークとインド音楽のミクスチャに成功した曲といえる。ファミリーのメンバーが録音に参加しており、スティーヴ・ウィンウッドは「英国トラッド風の美しい曲」とコメントしている。最後の Just A Song はザ・トレバドールにおけるライヴヴァージョンを収録。

1972.
Dave Mason Scrapbook - Orange Label UK 2-LP vinyl record set (Double Album)
1. Hole In My Shoe
2. Utterly Simple
3. Hope I Never Find Me There
4. Cryin' To Be Heard
5. You Can All Join In
6. Feelin' Alright?
7. Little Woman
8. Vagabond Virgin
9. Just For You
10. Only You Know And I Know
11. Can't Stop Worrying, Can't Stop Loving
12. World In Changes
13. Sad And Deep As You
14. To Be Free
15. Shouldn't Have Took More Than You Gave
16. In My Mind
17. Just A Song

DAVE MASON backed by FAMILY Little Woman 1969

...............................................................................................................................................................

同ブログで、Part2として"コロンビア・レコード時代(1973年~1976年)を紹介してます。
↓         ↓         ↓
http://51036951.at.webry.info/201708/article_5.html


同ブログで,Part3として"コロンビア・レコード時代(1977年~1980年)を紹介してます。
↓          ↓         ↓
http://51036951.at.webry.info/201708/article_6.html
...............................................................................................................................................................
.
アローン・トゥゲザー
USMジャパン
2010-11-24
デイヴ・メイスン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アローン・トゥゲザー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Dave Mason & Cass Elliot
Rev-Ola
2008-06-17
Dave Mason

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Dave Mason & Cass Elliot の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ヘッドキーパー(紙ジャケット仕様)
USMジャパン
2010-09-22
デイヴ・メイスン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヘッドキーパー(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Dave Mason Is Alive! [LP]
Blue Thumb
Dave Mason

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Dave Mason Is Alive! [LP] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Scrapbook [LP]
Island
Dave Mason

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Scrapbook [LP] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • デイブ・メイソン(Dave Mason)-Part2(1973年~1976年)

    Excerpt: デイブ・メイソン (Dave Mason) 本名「David Thomas Mason/デヴィッド・トーマス・メイスン」 1946年5月10日生まれ イギリス ウスター出身 シンガーソングラ.. Weblog: JAMES TERRA racked: 2017-08-11 18:28