マイケル・バークス(Michael Burks)

マイケル・バークス
(Michael Burks)
1957年7月30日生まれ
ウィスコンシン州 ミルウォーキー出身
2012年5月6日死去, 享年54歳
シンガー/ギタリスト、モダン・ブルース
デルタ・スタイルのブルースマンを祖父に持ち、父はしばしばサニーボーイ2とも仕事をしたベースマンだったとのこと。主にアーカンソー州を拠点に活動。フライングVを弾き、94年のアルバート・キング・アワードを受賞したほどアルバート・キング色が強い。自己レーベルで初アルバム97年があり、ヴェントより99年に再発。アリゲータ01年から本格的にデビュー。2008年に4作目の「Iron Man」があります。ヨーロッパ巡業を終えて米国に戻った時に、アトランタ空港で倒れ、病院に搬送されましたが、2012年5月6日にアトランタのサウスフルトン・メディカル・センターで死去。54歳でした。アルバム(Alligator Records, 2012)が、まさに新作発売直前のことだった。
...............................................................................................................................
全曲でその粘り気たっぷりの伸びやかなギターが曲を盛り上げていきますが、出色はアルキンの"As the Years Go Passing By"の変形#10.Icepick Through My Heartに於ける後半のソロ、ギターでここまでドラマを作ってしまうとは!しかも彼は歌もスモーキー。#9.Hard Come Easy Go、ズシッとしたソウルはまさに、ブルースかと。

2008
Michael Burks
"Iron Man"
01. Love Disease 03:20
02. Strange Feeling 04:29
03. Empty Promises 06:15
04. Salty Tears 04:33
05. No More Crying 04:27
06. Ashes In My Ashtray 06:07
07. Don't Waste My Time 04:38
08. Quiet Little Town 05:40
09. Hard Come, Easy Go 05:05
10. Icepick Through My Heart 06:52
11. Fire And Water 04:04
12. Changed Man 04:45

Producer – Bruce Iglauer, Michael Burks

Lead Guitar, Vocals – Michael Burks
Bass – Don Garrett
Drums – Chuck Louden
Organ, Piano – Wayne Sharp (4)
Percussion – Frank Donaldson

Love Disease


Strange Feeling


Empty Promises


Salty Tears


Hard Come, Easy Go


Icepick Through My Heart

ソウルはまさに、ブルース

Fire & Water (2010)

Michael "IronMan" Burks: Vocals and Guitar -
Wayne Sharp: Hammond Organ & some vocals -
Oscar Huguet: Bass Guitar -
Chuck "Popcorn" Lowden: Drums -
An amateur footage - shot at Frederikshavn Blues Festival in Denmark - November 2010.
.....................................................................................................................
2001年発表のデビュー作"Make It Rain"、フライングVを弾きまくりのファンキーブルースからソウルフルなバラード。スタイルはアルバート・キング、雰囲気はカール・ウェザズビーというまさに21世紀のブルースマン。凄まじいパワーのぶりぶりのファンク・ブルースが炸裂。

2001
Michael Burks
"Make It Rain"
1.Hit The Ground Running
2.Got A Way With Women
34.What Can A Man Do?
5.Mean Old Lady
6.Everybody's Got Their Hand Out
7.Thank God For Fools
8.Make It Rain
9/Heartless
10.Don't Let It Be A Dream
11.Pack It Up
12.Voodoo Spell

Producer – Jim Gaines, Michael Burks

Lead Guitar, Vocals – Michael Burks
Bass – David Smith
Drums – Steve Potts (2)
Flugelhorn, Trumpet – Scott Thompson
Keyboards – Ernest Williamson
Rhythm Guitar – Vasti Jackson
Tenor Saxophone, Baritone Saxophone – Jim Spake

Hit The Ground Running


Got A Way With Women


Make It Rain


Voodoo Spell

.......................................................................................................................................
フライングVを弾きまくりのファンキーブルースからソウルフルなバラード。新録のモダンなファンク・ブルースでここまで完成度の高いアルバム。オリジナルを含む全12曲、どれもこれも手応え充分。特に#10のシビれるソウル・フィーリングには何度も何度も聴きたくなってしまいました。

2003
Michael Burks
"I Smell Smoke"
1) All Your Affection Is Gone (4.31)
2) One More Chance (3.41)
3) I Smell Smoke (3.50)
4) Time I Came In Out Of The Rain (6.08)
5) Hard Love (3.24)
6) Miss Mercy (4.02)
7) Let The Doorknob Hit You (5.10)
8) Lie to Me (5.20)
9) Willing To Crawl (4.14)
10) I Hope He's Worth My Pain (3.26)
11) Good Man, Bad Thing (3.55)
12) Snake Eggs (4.00)

Producer – Bruce Iglauer, Michael Burks

Lead Guitar, Vocals – Michael Burks
Bass – David Smith
Drums, Percussion – Steve Potts (2)
Guitar – Vasti Jackson
Keyboards – Ernest Williamson
Percussion – Frank Donaldson

All Your Affection Is Gone


Miss Mercy


Let The Door Knob Hit You


I Smell Smoke


Good Man, Bad Thing


Lie to Me


Willing To Craw


I Hope He's Worth My Pain

............................................................................................
貫禄といってもいい、全盛期のアルバート・キングを思わせる堂々とした姿にはとてつもなく説得力がある。
..................................................................................................

おまけ

Micheal "Iron Man" Burks and Lucky Peterson - Safeway Waterfront Blues Festival 2010

※ラッキー・ピーターソン
(Lucky Peterson)
5歳で天才オルガン奏者としてデビュー、『アワ・フューチャー』を発表する。リトル・ミルトン、ボビー・ブランドのバックを勤め、1984年『ライディン』を発表。その後1989年にアリゲーターより発表した『ラッキー・ストライクス』で本格的にソロとして活動を始める。キーボードのみならずギターもこなし、ギターを弾きながら会場を練り歩くというエネルギッシュなライヴは定評がある。1993年発表の『ビヨンド・クール』は90年代のコンテンポラリー・ブルースの名盤として挙げられる。


ブルースマンとして脂が乗りきろうという50代半ば、2012 年 5 月に天に召されてしまった 。遺作となってしまった2012 年のアルバム" Show Of Strength"からラスト曲"Feel Like Going Home"をお聞きください。R.I.P

Feel Like Going Home(From the 2012 album, Show Of Strength)

Michael Burks: Guitar
Scott Dirks: Harmonica
Wayne Sharpe: Organ
Roosevelt Purifoy: Keyboards
Terrence Grayson: Bass
Chuck "Popcorn" Louden: Drums

米カントリー・シンガーのチャーリー・リッチ(1932-1995)作。
英カントリーロック・バンド、ノッティング・ヒルビリーズの唯一リリースされた’90年の傑作アルバム ”Missing...Presumed Having a Good Time”(ミッシング)から、ラストを飾る名曲 "I Feel Like Going Home"(アイ・フィール・ライク・ゴーイング・ホーム)をヒットしています。

但し、マディ・ウォーターズのブルーズ名曲とは同名異曲
..........................................................................................................
DISCOGRAPHY
Show Of Strength (Alligator Records, 2012)
Iron Man (Alligator Records, 2008)
I Smell Smoke (Alligator Records, 2003)
Make It Rain (Alligator Records, 2001)
From The Inside Out (Vent, 1997)
.......................................................................................................

【送料無料】 Michael Burks / Iron Man 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
【送料無料】 Michael Burks / Iron Man 輸入盤 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

Make It Rain by MICHAEL BURKS (2001-03-13) - MICHAEL BURKS
Make It Rain by MICHAEL BURKS (2001-03-13) - MICHAEL BURKS

I Smell Smoke - Burks, Michael
I Smell Smoke - Burks, Michael

【輸入盤CD】【ネコポス送料無料】Michael Burks / Show Of Strength (マイケル・バークス) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】【ネコポス送料無料】Michael Burks / Show Of Strength (マイケル・バークス) - あめりかん・ぱい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック