ルッキング・グラス(Looking glass)-1972年、1973年

ルッキング・グラス
(Looking glass)
1969年に、ニュージャージー州ニューブランズウィックで結成されたロックバンド(1969年~1974年まで活動)。
まだラトガース大学の学生
Guitar, Vocals – Elliot Lurie
Keyboards, Vocals – Larry Gonsky
Bass, Vocals, Harmonica – Piet Sweval
Drums – Jeff Grob
が結成メンバー。
当時のコロンビア・レコード社長のクライブ・デイビスが気に入り、彼らをエピック・レコードからデビュー。1972年にアメリカでヒットした「Brandy (You're A Fine Girl)」が1位、また、「Jimmy Loves Mary-Anne」が73年に33位を記録。リードギター,ソングライター,バンドリーダーの「Elliot Lurie/エリオット・ルーリー」は解散後は映画音楽プロデューサーに転向、85年公開の「Perfect」や90年代のパラマウント映画でサウンドトラックを担当しています(「エイリアン3」「ダイ・ハード2」等)。他メンバーはソロになったりSTARZというパワーポップ~メロハーバンドを結成します。Looking glassは2枚のアルバムをリリースしてバンドは74年に寂しく解散。現在は、2003年に再結成し活躍中との事(エリオット・ルーリー以外のオリジナルメンバー3人は参加していません。そのうちの1人のベーシストPiet Swevalは1990年にHIVで他界しています。
.......................................................................................................................................

活動期間は69年から74年 という、ロック観点からすると微妙な年代に活動していた彼ら。1972年のデビュー・アルバム『Looking Glass』は、<Brandy>以外はパッとした曲がなく、まだ方向性が定まっていない感じ。ですが72年にアメリカでヒットした<Brandy>は素晴らしい名曲!ヴォーカルの甘く太 い声とホーン隊、コーラスが曲を際立たせているキメテ。後にレッドホットチリペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)も同曲をカバーしています。

1972.
Looking Glass
"Looking Glass"
1. Jenny-Lynne (P. Sweval)
2. Brandy (E. Lurie) (Hit #1 - 1972)
3. Catherine Street (P. Sweval)
4. Don’t It Make You Feel Good (E. Lurie)
5. Golden Rainbow (E. Lurie)
6. Dealin’ With the Devil (P. Sweval)
7. From Stanton Station (E. Lurie)
8. One By One (P. Sweval)

Personnel
Elliot Lurie—Guitars, vocals
Larry Gonsky—Keyboards, vocals
Piet Sweval—Bass, vocals, harp
Jeff Grob—Drum kit
Chuck Connolly—Backup vocals on "Brandy"
Tasha Thomas—Backup vocals on "Don't It Make You Feel Good"
Barbara Massey—Backup vocals on "Don't It Make You Feel Good" (credited as Tasha Thomas and the Feel Good Girls)
Carolyn Davis—Backup vocals on "Don't It Make You Feel Good" (credited as Tasha Thomas and the Feel Good Girls)
Eddie Hinton—(w/ Elliot Lurie) Guitar on "Golden Rainbows"
James Giampa—Congas on "Brandy"
Tim Geelan—Engineer
Wayne Tarnowski—Engineer
Billy Radice-Engineer
Don Ellis—Special thanks
Karmic Guardians—Special thanks
Steve Baron—Special thanks
Steve Paley—Special thanks/Back cover photo
Sandy Linzer—Special thanks
Ed Lee—Cover design
KLN Photos Inc.—Cover photo
Bob Liftin—Producer/Audio Consultant
Mike Gershman—Executive producer
Larry Fallon—Horns/Strings arrangements

Brandy (You're a Fine Girl)

Brandy (You’re A Fine Girl) (ブランディー) 72年1位。アダルト・コンテンポラリで7位を記録。
(バンド・リーダーのElliot Lurie が書いた作品)ゴールドディスク。港のバーで働く女の子ブランディーの歌。ホーンやストリングスも交えたポップなロックの名曲。しかし、彼らの本領はハード・ロックだったため、持ち味の違うこの曲が大ヒットしてしまったことが、解散を早めてしまったらしい。レッドホットチリペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)のカヴァーでも有名。

Catherine Street


Golden Rainbow


One By One

............................................................................................................................

翌1973年の2作目では、バラエティ感はそのままに、全編、抑制の効いたのアダルト感覚のロック(所謂AORとはまた違った雰囲気)が展開されていて、捨て曲は1曲もないといっても過言ではない程。特にルーリー作品だけを取り出すと、後のソロ作に繋がるプレAOR的な楽曲のオンパレード。<City Lady>なんてスティーリー・ダン風の曲があったり、滅茶滅茶メロウなジャジー・ボサ<Sweet Somethin'>があったり。これに「ブランディ」加えたアルバムがデビュー盤としてリリースされていたら、彼らの評価も大きく変わっていたと思うけど・・・・・・。

1973
Looking glass
"Subway Serenade"
1, Jimmy Loves Mary-Anne (E. Lurie) (Hit #33 - 1973)
2. City Lady (E. Lurie)
3. For Skipper (P. Sweval)
4. Sweet Somethin’ (E. Lurie)
5. Who’s Gonna Sing My Rock N’ Roll Song (Gonsky/Nalence)
6. Are You Dreamin’ (Money In My Pockets) (Lurie/Gonsky)
7. Rainbow Man (P. Sweval)
8. Wait (E. Lurie)
9. Sweet Jeremiah (P. Sweval)
10. Wooly Eyes (L. Gonsky/N. Nalence)

Producer Arif Mardin

Personnel
Elliot Lurie--Guitars, vocals
Larry Gonsky—Keyboards, vocals
Piet Sweval—Bass, vocals, harp
Joe Dube--Traps
Maxine Dixon—Additional background vocals
Nancy Nalence—Additional background vocals
Nancy Farrell—Additional background vocals
Steve von Schreiber—Additional background vocals
Ralph MacDonald--Conga and Percussion on Jimmy Loves Mary-Anne and City Lady
Seldon Powell--Saxophone on Sweet Jeremiah
Arif Mardin--Horns and strings arrangements
Peggy Byrnes—Special Thanks
Don Ellis--Special Thanks

Jimmy Loves Mary-Anne

Elliot Lurieのオリジナル。73年33位

Sweet Somethin' (1973) Smooth and Sweet Rarity!

Elliot Lurieのオリジナル

Who's Gonna Sing My Rock 'n' Roll Song


Rainbow Man


Sweet Jeremiah


Wooly Eyes

.....................................................................................................................

本領はハード・ロックだったため、持ち味の違うこの曲"Brandy (You’re A Fine Girl) (ブランディー)"が大ヒットしてしまったことが、解散を早めてしまった。ルーリー自身も、自分たちをハード・ロック寄りのグループと規定した上で、「ポップで異色な<Brandy>が売れてしまったことが悲劇だった」と語っている。しかしすぐに彼自身も、“それが私の生きる道” だと悟り、ソロ活動に踏み出す。
..........................................................................................................................

アルバム

1972 Looking Glass
1973 Subway Serenade
.........................................................................................................................

72年作1stと73年作2ndとをカップリングした2in1CD

【メール便送料無料】Looking Glass / Looking Glass/Subway Serenade (輸入盤CD) (ルッキング・グラス)
あめりかん・ぱい
2009/11/10 発売輸入盤収録曲:1. Jenny-Lynne - 3:042. Brandy


楽天市場


Brandy
Sony Special Product
Looking Glass

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Brandy の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

Golden Classics
Collectables
Looking Glass

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Golden Classics の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック