トミー・ニルソン(Tommy Nilsson)-1982年

トミー・ニルソン
(Tommy Nilsson)
1960年3月11日生まれ
スウェーデン出身
ロックシンガー/ソングライター/俳優、音声の俳優
元Horizontのリード・シンガーです。その後Kee Marcelloが結成したハードロックバンド"EASY ACTION"にリード・ヴォーカルとして参加。解散後は、再びソロ活動に戻り、現在でも活躍中
...........................................................................................................

本日は、スウェーデン出身のTommy Nilssonの1982年作の2ndアルバムを紹介いたします。このアルバムは、1982年に、この日本では、「シーサイド・ストーリー」というタイトルで出されたアルバム。(当時リリースされた国内盤のジャケットは青空をバックにした海岸の景色で、想像するに当時活躍していたエア・サプライのイメージを踏襲していたのではないか・・・・・・個人的見解)レコーディングはL.A.(キャプテン&テニール所有のルンボ・リコーダー)と故郷であるスウェーデンはストックホルムのスタジオの2ヶ所。L.A.においてはMichael Landau、Mike Porcaro、Mike Baird、Richard Page、Steve Georgeなど豪華なメンバーが集い、まんまTOTOです。特に、Pagesの二人は、全曲バッキング・ヴォーカルを務めています。アルバムの佳曲となるA1「Radio Me」、B1「I Know That You Know」が吹き込まれています。完全にウェストコーストなAORを聴かせてくれる。自作曲はイマイチですがペイジスのコーラスを全編で堪能できる一枚です。

1982
Tommy Nilsson
"Tommy Nilsson"
1 Radio Me 3:29
2 Dark Angel 3:24
3 Don't Leave Me Now 3:41
4 I Know That You Know 3:30
5 Stop Thinking About You and Me 3:42
6 Street Law 3:40
7 Willing to Try 3:38
8 Is This the Way 5:14
9 Leaving It Up to You 3:10

Producer: Alec Costandinos & Tommy Nilsson

Musician :
Michael Landau/Dennis Herring(guitar)
Randy Kerber(keyboards)
Michael Porcaro(bass)
Michael Baird(drum)....
Jonas Isacksson/Seven Holm(guitar)
Anders Elljas(keyboards)
Tommy Gallhgen(bass)
Rolf Alex/Thomas Lofgren(drum)
Richerd Page/Steve George(background vocal)

Radio Me

一押しのナンバーで爽やかなウエストコースト・サウンド

Dark Angel

バックのMichael Landauのギター・ソロはカッコ良いです。

Don't Leave Me Now

美しいバラード・ナンバー

I Know That You Know

メロディが美しいナンバー

Stop Thinking About You and Me


Is This the Way

メロディアスなAORナンバー

Leaving It Up to You

ファンキーなナンバー
..................................................................................................................................
.
Tommy Nilsson
Hawk Records
2014-12-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Tommy Nilsson の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック