カラパナ(Kalapana)-1975年、1976年、1977年

カラパナ
(Kalapana)
ハワイ出身のロックバンド。
ハワイアンAORの代表的バンドとして日本でも人気を博す。
1973年に、ハワイで結成され、75年にファースト・アルバム「Kalapana/ワイキキの青い空」でデビュー

★オリジナル・メンバー★
Malani Bilyeu マラニ・ビリュー/リード・ヴォーカル、ギター、パーカッション
Mackey Feary マッキー・フェアリー/リード・ヴォーカル、ギター、ピアノ、パーカッション
David John Pratt デヴィット・ジョン・プラット(D.J.プラット)/ギター、ヴォーカル、パーカッション、クラヴィネット
Kirk Thompson カーク・トンプソン/キーボード、ヴォーカル
ファースト・アルバムには,、マイケル・パウロ Michael Paulo (sax)とアルヴィン・フェジャラング Alvin Fejerang (ds)も参加。
........................................................................................................................................
1975年にアルバム『Kalapana/ワイキキの青い空』でデビューで「Nightbird」や「Juliette」などのヒットで米国本土や日本でも人気を集める。76年リリースの2ndアルバムには、名曲「ジュリエット」 が収録されている。このヒットで、カラパナは日本やアメリカ本土にも紹介され、ビルボード誌にもその高い音楽性を取り上げられた。この2枚のアルバムをリリースした時点で、バンドの要であるマッキー・フェアリーが脱退してしまう。これにより、バンドのスタイルがフュージョン色をより強く帯びたものとなるが、当時の流行も相まって人気は高まっていった。その後、ランディ・アロヤ Randy Aloya (b)を加え、人気絶頂期の77年に来日公演も果たした。その後、メンバーチェンジを繰り返しながらも、オリジナル・メンバーであるマラニ・ドリューやD・J・プラットを中心に現在も活動中
................................................................................................................................,

マッキー・フェアリーのカラパナのメンバーとしての活動は、1stアルバム「Kalapana(邦題:ワイキキの青い空)」と、2ndアルバム「Kalapana II(邦題:ワイキキの熱い砂)」の2枚となります。その後、マッキーはカラパナを脱退し、以降はソロとして活動しました。そして「マッキー・フェアリー・バンド」の結成となります。しかし、1999年にマッキーがドラッグの乱用により獄中で自殺してしまう。

当ブログでマッキー・フェアリー(Macky Feary)の『Macky Feary Band』(1978年)、『From The Heart』(1979年)2枚のアルバムを紹介しております。よろしかったら覗いてみてください。
   ↓               ↓
http://51036951.at.webry.info/201707/article_7.html
..........................................................................................................................................

Kalapanaのアルバムと言えば1975年、『Kalapana(ワイキキの青い空)』又は1976年『Kalapana II(ワイキキの熱い砂)』というMacky Feary在籍時の2枚の支持が高く。また1977年『Kalapana III(褐色の誓い)』*Macky Feary脱退後5人編成となり、よりフュージョン色が強まったアルバムとして人気があります。今回、3枚紹介します。
.....................................................................................................................................................

結成して2年後の1975年に、1stアルバム『Kalapana / ワイキキの青い空』を発表。シングル・ヒットした「Nightbird / 恋のナイト・バード」をはじめ、溌剌とした冒頭の「Going Going Gone / こころ焦がす愛」や、風の音とストリングスを加えたせつないバラードの「Naturally / ナチュラリー」など、全体的にウエスト・コースト色の強いソフトでグルーヴィーなサウンドが特徴、自他ともに認める最高傑作として高く評価されいる。

Kalapana "Kalapana" (1975)
01 - The Hurt (Mackey Feary)
02 - What Do I Do (Mackey Feary)
03 - Nightbird (Mackey Feary)
04 - When The Morning Comes (Daryl Hall)
05 - Kona Daze (Malany Bilyeu)
06 - Going Going Gone (Mackey Feary & Curt Cost)
07 - Naturally (Malany Bilyeu)
08 - All I Want (Mackey Feary, D.J. Pratt, Kirk Thompson & Malani Bilyeu)
09 - To Be True (Mackey Feary)
10 - You Make It Hard (Malany Bilyeu)
11 - Everything Is Love (Mackey Feary, D.J. Pratt, Kirk Thompson & Malani Bilyeu)

Produced by Barry Alan Fasman for Kahuku Productions, Inc.

Kalapana :
Malani Bilyeu : Lead & Background vocals, Acoustic Guitar & Congas
Mackey Feary : Lead & Background vocals, Acoustic Guitar & Acoustic Piano
D.J. Pratt : Electric & Acoustic Guitar, Congas & Background vocals
Kirk Thompson : Electric & Acoustic Piano, Clavinet, Organ & Background vocals

Additional musicians
Larry Brown : Drums
Percussion & Beard Bill Perry : Bass

01The Hurt

要チェックの1曲です

02 What Do I Do

個人的にはかなり好きな1曲

03 Nightbird

メロウなアコースティック・チューン。当時はシングルヒットしたようです

04When The Morning Comes

Daryl Hall & John Oatesの名曲カヴァー(オリジナルはアルバム『Abandoned Luncheonette』収録)こちらは海の香りがする爽快な仕上がり

05Kona Daze

Malani Bilyeu作&リード・ヴォーカル

06Going Going Gone

爽快なロック・チューン

07Naturally

シングルヒット曲

09To Be True

シンプルなアコースティック・チューン

10 You Make It Hard

....................................................................................................................................

1976年には、2ndアルバム『Kalapana II / ワイキキの熱い砂』をリリース。傑作「Luv' Em / ラヴ・エム」に始まり、アグレッシヴなインスト・ナンバーに仕上げた「Black Sand / ワイキキの熱い砂」や、大ヒットしたソフト・ラテン・タッチの「Juliette / 愛しのジュリエット」など、デビュー作に劣らない名曲を多数収録。こちらも彼らの代表作として紹介されることが多い。収録された12曲のうち、Mackey Fearyが5曲(1, 4, 7, 9, 11)、Malani Bilyeuが4曲(3, 5, 10, 12)、Kirk Thompsonが2曲(6, 8)を作曲しており、「Freedom」についてはFeary, Bilyeu, Prattの3人で共作している

1976
Kalapana
"Kalapana II"
01 Love 'Em
02 Freedom
03 (For You) I'd Chase A Rainbow(虹を追う男)
04 Way I Want It To Be
05 Dorothy Louise
06 Play It Sing It
07 Moon And Stars
08 Black Sand(ワイキキの熱い砂)
09 Lost Again
10 Wandering Stranger(愛はさすらい人)
11 Juliette(愛しのジュリエット)
12 Nathan's Lament

Prodeuced by Kalapana

Malani Bilyeu (vo. ag, eg, cong)
Mackey Feary(vo, b, ag, p)
D.J. Pratt(ag, eg, cong, clavinet, vo)
Kirk Thompson(ag, eg, p, elp, synth, vo)
Alvin Fejerang(ds)
Michael Paulo(ts, as, ss, fl)

Love 'Em


Freedom'


(For You) I'd Chase A Rainbow


Moon and Stars


Black Sand


Lost Again


Juliette


しかし、本作リリース後にバンド・サウンドの核になっていたマッキー・フェアリーが脱退し、残った3人を中心にカラパナを継続
..............................................................................................................................................................................

1977年『Kalapana III(褐色の誓い)』
マッキー・フェアリー (mackey feary)脱退後6人編成で作られたアルバムながら、POP、JAZZ、SOUL色が強く打ち出され、よりインプロヴィゼーションを重視したフュージョン寄りのクロス・オーヴァー・サウンドで洗練されたタイトなアルバム

1977
『Kalapana III(褐色の誓い)
1. GIRL
2. SONGBIRD
3. THOUGHTS OF YOU
4. MANA
5. ANOTHER TIME
SIDE B
1. INARAJAN (THE VILLAGE)
2. SEASONS
3. DILEMMA
4. UP TO YOU
5. ALISA LOVELY

Prodeuced by Kalapana

Malani Bilyeu (vo. ag, eg, perc)
D.J. Pratt(vo, ag, eg, cong, perc)
Kirk Thompson(ag, p, synth, vo)
Alvin Fejerang(ds, perc)
Michael Paulo(ts, as, ss, fl),Randy Aloya(b, vo)
and David Wheatley(p, elp)
Al Garth(fiddle)
Tom Collier(marimba)

Girl


Songbird


Thoughts Of You


Another Time


seasons


Dilemma


Alisa Lovely

.............................................................................................................................

Kalapana
Punahele Productions
1997-03-18
Kalapana

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Kalapana の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Kalapana 2
Punahele Productions
2003-11-04
Kalapana

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Kalapana 2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



褐色の誓い(カラパナIII)
SOLID
2013-04-24
カラパナ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 褐色の誓い(カラパナIII) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック