JAMES TERRA

アクセスカウンタ

zoom RSS トレイシー・チャップマン(Tracy Chapman)1988年〜1995年

<<   作成日時 : 2017/07/08 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トレイシー・チャップマン
(Tracy Chapman)
1964年3月30日生まれ
オハイオ州 クリーブランド出身
黒人女性フォーク・シンガー/シンガーソングライター/オルガン奏者.
1987年にエレクトラ・レコードと契約、1988年アルバム『トレイシー・チャップマン』でデビュー。ギター1本で歌う社会や政治の問題や荒廃する人々の生活を描いた歌詞で注目され、シングル「ファスト・カー」がトップ10ヒットとなり、アルバムは1988年に米国で1位,英国で1位。1995年のアルバム『New Beginning/ニュー・ビギニング』からシングル「ギヴ・ミー・ワン・リーズン」がヒット。米国で4位を記録。1996年「Give Me One Reason」でグラミー賞「Best Rock Song」を受賞しています。88年から96年にかけて米国で5曲(トップ40内2曲),英国で4曲がチャートイン。米国で2曲,英国で1曲がトップ10ヒットを記録。※2000年以降も英米共にチャートインヒットがあります。

愛・孤独・人種・階級・貧困・家庭内暴力などの社会問題を歌詞に託す、アコースティック・ギター一本で唱うシンプルなアコースティック・サウンドが特色と言われている。
.....................................................................................................................

"Tracy Chapman"(1988)
デビューアルバムにして最高傑作と言われている作品。全世界で1,000万枚以上売れたと言われている。それまでの生い立ちで経験してきた社会の矛盾や、大学で学んだアフリカの知識などをベースに、社会問題をストレートかつシンプル表現したこのアルバムは大ヒット、批評家などからも高い評価を受けた。翌年、このアルバムは第31回グラミー賞の、「最優秀新人賞」「最優秀女性ポップス・ヴォーカル賞」「最優秀コンテンポラリー・フォーク賞」の3部門を獲得した。Nice & Smooth「Sometimes I Rhyme Slow」でサンプリングされていたA2「Fast Car」は、アコースティックギターのフレーズがとても心地良い名曲!!他にも同系統の楽曲を収録。

1988
Tracy Chapman
"Tracy Chapman"
1. Talkin' Bout A Revolution
2. Fast Car
3. Across The Lines
4. Behind The Wall
5. Baby Can I Hold You
6. Mountains O' Things
7. She's Got Her Ticket
8. Why?
9. For My Lover
10. If Not Now...
11. For You

Personnel
Tracy Chapman – acoustic guitar, percussion, rhythm guitar, vocals
Ed Black – steel guitar
Paulinho Da Costa – percussion
Denny Fongheiser – percussion, drums
Jack Holder – organ, dulcimer, dobro, piano, electric guitar, Hammond organ, sitar
Steve Kaplan – harmonica, keyboard
Larry Klein – bass guitar
David LaFlamme – electric violin
Bob Marlette – keyboard

Carol Bobolts – art direction
David Kershenbaum – production
Brian Koppelman – executive production
Matt Mahurin – photography
Don Rubin – executive production
Kevin Smith – engineering, mixing

Talkin’ ’bout a Revolution

シングル(全米75位、全英85位)

Fast Car

シングル(全米6位、全英4位)
貧困層の労働者階級。彼女の楽しみは、彼の車で街中をぶっ飛ばすこと。その瞬間だけは、辛い現実を忘れさせてくれる。違う自分になれる…・・・


Baby Can I Hold You

シングル「Baby Can I Hold You」(全米48位、全英94位)

Mountains O' Things Remix


She's Got Her Ticket 1988(live)


For My Lover


For You 1988(live)


...........................................................................................................................................

1989年、トレイシー・チャップマンの2nd作"Crossroads"(全米9位、全英1位)。デビュー作での注目の高さを反映し、ラス・カンケル、ラリー・クラインら西海岸の腕利きのセッションマンがバックアップした、地味ながらも確実なステップアップを感じさせるアルバム。ニール・ヤングも友情出演。

1989
Tracy Chapman
"Crossroads"
1. Crossroads (4:11)
2. Bridges (5:24)
3. Freedom Now (4:02)
4. Material World (3:02)
5. Be Careful Of My Heart (4:39)
6. Subcity (5:09)
7. Born To Fight (2:46)
8. A Hundred Years (4:20)
9. This Time (3:43)

Producers: Tracy Chapman, David Kershenbaum

Personnel
Tracy Chapman – acoustic guitar, harmonica, electric guitar, vocals, background vocals, 12 string guitar
Charlie Bisharat – violin, viola, electric violin, pizzicato violin
Peggie Blu – background vocals
Marc Cohn – piano
Paulinho da Costa – tambourine
Carolyn Dennis – background vocals
Denny Fongheiser – drums
Bobbye Hall – percussion, conga
Jack Holder – banjo, piano
Larry Klein – bass
Danny "Kootch" Kortchmar – electric guitar
Russ Kunkel – drums
Jim Lacefield – cello
Tim Landers – bass
Steve Lindley – electric piano
Bob Marlette – keyboard
Frank Marocco – accordion
Sheila Minard – background vocals
Scarlet Rivera – violin
Roz Seay – background vocals
G.E. Smith – acoustic guitar, mandolin, electric guitar
William D. "Smitty" Smith – organ
John X. Volaitis – piano
Elesecia Wright – background vocals
Snooky Young – trumpet
Neil Young – Acoustic Guitar, Piano

Crossroads

悪魔に魂を売るな、自分の信じる道を進め、という

Subcity


Born To Fight 1988 (live)


This Time.

...........................................................................................................................

1992年の3rdアルバム『Matters Of The Hear』(1992年 全米53位、全英19位)

1992
Tracy Chapman
"Matters Of The Heart"
1. Bang Bang Bang
2. So
3. I Used to Be a Sailor
4. The Love That You Had
5. Woman's Work
6. If These Are the Things
7. Short Supply
8. Dreaming on a World
9. Open Arms
10. Matters of the Heart

Producers: Tracy Chapman, Jimmy Iovine

Personnel
Tracy Chapman – acoustic guitar, vocals
Manu Katché – drums (tracks: 1 to 4, 7 to 10)
Omar Hakim – drums (tracks: 6)
Alejandro "Alex" Acuña – percussion (tracks: 8, 9)
Mino Cinelu & Steve Thornton – percussion (tracks: 1 to 4, 7 to 10)
Michael Fisher – percussion (tracks: 5, 6, 9)
Nellee Hooper – percussion (tracks: 9)
Tony Levin – bass (tracks: 2, 3, 7, 10)
Randy "The Emperor" Jackson – bass (tracks: 1, 8, 9)
Larry Klein – bass (tracks: 6)
Bob Glaub – bass (tracks: 4)
Roy Bittan – accordion (tracks: 5), keyboard
Charles Judge & Larry Williams – keyboard (tracks: 9)
Mike Campbell – bouzouki (tracks: 2), mandolin (tracks: 3, 5), electric guitar (tracks: 1, 2, 6, 7)
Vernon Reid – electric guitar (tracks: 1, 7, 8)
Waddy Wachtel – electric guitar (tracks: 1, 6)
Bobby Womack – acoustic Guitar (tracks: 9)

Bang Bang Bang

アルバム冒頭に収録されててシングルにもなった曲

I Used To Be A Sailor


Dreaming On A World


Open Arms


Matters of the Heart


..................................................................................................................................

1995年発表の4作目、アルバム(New Beginning)(1995年全米4位)
前述のアルバム以来、低迷していたと言われていたが、この作品内におさめられている”give me one reason”などのヒットにより、シンガーソングライターとしての地位を不動にしたと言われている名作。以後、他のアーティストに比べると新作リリースは少ない方だが、その内容の濃さから納得できる作品が多い。1996年のグラミー賞で"Give Me One Reason"がBest Rock Songを受賞、今では代表作と受け取られているアルバム。

1995
Tracy Chapman
"New Beginning"
1. Heaven’s Here On Earth (5:23)
2. New Beginning (5:33)
3. Smoke And Ashes (6:39)
4. Cold Feet (5:40)
5. At This Point In My Life (5:09)
6. The Promise (5:28)
7. The Rape Of The World (7:07)
8. Tell It Like It Is (6:08)
9. Give Me One Reason (4:31)

Producers: Tracy Chapman, Don Gehman

Personnel
Tracy Chapman – organ, acoustic guitar, electric guitar, vocals, background vocals
Rock Deadrick – percussion, drums, background vocals
Lili Haydn – violin
Steve Ferrone – drums
Adam Levy – electric guitar, background vocals
Eric Rigler – Tin whistle, Uilleann pipes
Scott Roewe – didgeridoo
Glenys Rogers – percussion, background vocals
John Philip Shenale – keyboard
Andy Stoller – bass, background vocals, tamboura
Cameron Stone – cello
John Thomas – piano

New Beginning (Paris, December 10, 1998)


Smoke and Ashes -Cool Video


The Promise


Give Me One Reason

.................................................................................................................

この人はずっとギター1本のスタイルですね。

1988年 Tracy Chapman
1989年 Crossroads
1992年 Matters of the Heart
1995年 New Beginning
2000年 Telling Stories
2002年 Let It Rain
2005年 Where You Live
2008年 Our Bright Future
........................................................................................................................

Tracy Chapman
Elektra / Wea
1994-07-08
Tracy Chapman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Tracy Chapman の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Crossroads
Elektra / Wea
1995-02-16
Tracy Chapman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Crossroads の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Matters of the Heart
Elektra / Wea
1995-02-17
Tracy Chapman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Matters of the Heart の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



New Beginning
Elektra / Wea
1995-11-10
Tracy Chapman

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by New Beginning の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トレイシー・チャップマン(Tracy Chapman)1988年〜1995年 JAMES TERRA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる