デイビット・パック(David Pack)-1985年、2005年

デイビット・パック
(David Pack)
1952年7月15日生まれ
カリフォルニア州ハンティントン・パーク出身
ロックシンガー/ギタリスト/作曲家/プロデューサー
ロックバンド「Ambrosia/アンブロシア」の結成メンバー。
1971年「Ambrosia」のオリジナルメンバー(ダブル・リードボーカル)として活動。
1975年のデビュー以降アルバム・シングル共に成功を収めますが、1978年「How Much I Feel/お前に夢中」が米国3位、1980年「Biggest Part Of Me/ビッゲスト・パート・オブ・ミー」が米国3位(A/C:3位)、など作詞・作曲家としてもトップ10ヒット2曲を記録。「Ambrosia」解散後の1984年「Clif Magness」,「Glen Ballard」とのライターチームで「Jack Wagner」にデビュー曲「All I Need」を提供。同曲は翌85年に米国2位を記録してソングライターとして引き続き活動。ソロミュージシャンとしては1985年初アルバム「Anywhere You Go」、2004年セカンドアルバム「Unborn」、2005年サードアルバム「The Secret Of Movin' On」、他に2007年EP「David Pack」などをリリース。プロデューサーとしてもフィル・コリンズ、アレサ・フランクリン、リアン・ライムス、フェイス・ヒルといったそうそうたるアーティストを手掛けており、グラミーもゲットしている。
...................................................................................................
★Ambrosia★
アンブロージア(アムブロシア)
1971年、ロサンゼルスで結成されたロック・バンド。
ダブル・リードボーカル「David Pack」,「Joe Puerta」がデュオとして活動を始め、その後「Christopher North」,「Burleigh Drummond」が参加。メンバー変遷を経て1982年に解散していますが、1997年に再結成。
...................................................................................................

今回、1985年初アルバム「Anywhere You Go」、2005年3rdアルバム「The Secret Of Movin' On」を紹介します。
.....................................................................................................

アンブロージアを率いたデヴィッド・パックが活動停止後の1985年にリリースした初のソロ・アルバム「Anywhere you go」。デヴィッドはここでも「Anywhere You Go」「I Just Can't Let Go」「That Girl Is Gone」などのAORファンにはたまらない名曲を盛り込みます。特に個人的にオススメしたいのが、5曲目美メロ、キーボードとベースのあまりに気持ちよいタッチに包まれた超絶バラード「That Girl Is Gone」など!ジェフ・ポーカロ、マイク・ポーカロ、スタンリー・クラーク、パウリーニョ・ダ・コスタ、アーニィ・ワッツ等が参加し、極上サウンドを作り出しています。この1枚により、アンブロージアの甘いムードやAOR的センスの良さがデヴィッドの才能であったことを決定づけることになります。

1985
David Pack
"Anywhere You Go"
01. Anywhere You Go
02. I Just Can’t Let Go
03. Won’t Let You Lose Me
04. My Baby
05. That Girl Is Gone
06. She Don’t (Come Around Anymore)
07. Do Ya
08. Prove Me Wrong
09. No Direction (No Way Home)
10. Just Be You

Producers: David Pack and Michael Verdick

Drums: Prairie Prince, George Perilli, John Robinson, Jeff Porcaro
Guitars: David Pack, Kerry Livgren
Bass: Mike Porcaro, Joe Puerta, David Pack, Will McGregor, Stanley Clarke
Keyboards: David Pack, Kerry Livgren, Jai Winding, James Newton Howard
Synthesizers: David Pack, Jamie Bernstein, Hawk Wolinski
Percussion: Burleigh Drummond, Paulinho Da Costa
Sax: Ernie Watts
Background Vocals: Michael McDonald, James Ingram, Joe Puerta, Royce Jones, Buleigh Drummond, John Elefante, Jennifer Holliday, Lisa Harrison, Cynthia Rhodes

01. Anywhere you go


02..I Just Can't Let Go

( feat Michael McDonald, James Ingram)

04.My Baby

おすすめ曲

05. That Girl Is Gone

素晴らしい超絶バラード

06. She Don’t (Come Around Anymore)


08. Prove me wrong


.....................................................................

クインシー・ジョーンズの勧めもあり、プロデュースや曲の提供をするなどの活動に専念していた。2003年には過去の音源をまとめた「Unborn」を発表し、完全なソロ作品が待たれていた作品。Ambrosia解散後、1985年の『Anywhere You Go』以来、David Packが2005年に、実に20年振りに発表したアルバム"The Secret of Movin' On "はリラックスした作風が長年の実績を感じさせた。元JourneyのSteve PerryやAmericaのDewey Bunnell、EaglesのTimothy B. Schmit。さらにHeartのAnn Wilsonがゲスト・ミュージシャンとしてレコーディングに参加。

2005
David Pack
" The Secret of Movin' On"
1.The Secret of Movin’ On (Travelin’ Light)
2.Vertical Disbelief (That’s Not Me)
3.Biggest Part Of Me
4.Tell Her Goodbye
5.A Brand New Start (featuring Steve Perry)
6.You’re The Only Woman
7.When Your Love Was Almost Mine
8.Where We Started From
9.Everlasting
10.Thing Of U (Song 4 Kaitlyn)
11.Elizabeth

Producer/Steve Perry; David Pack

David Pack (guitar, keyboards, vocals)
Steve Perry (vocals, background vocals)
Dewey Bunnell, Michael Zuanich, Timothy B. Schmit, Stacey Hymes (vocals)
Beth Pack (spoken vocals)
Alex Al (bass guitar)
Ann Wilson (vocals)
Russ Freeman (guitar)
Eric Marienthal (saxophone)
David Benoit (keyboards)
Steve Ferrone, Vinnie Colaiuta (drums)
Luis Conte (percussion)

1,The Secret of Moving On


3,.Biggest Part Of Me

軽やかなラテン・タッチにアレンジして聴かせてくれています(アンブロージア時代の1980年(「One Eighty」)に発表した曲)

5.A Brand New Start (featuring Steve Perry)

元ジャーニーのスティーヴ・ペリーとの共作でペリーと見事なハーモニーを披露

6.You’re The Only Woman

1980年のアンブロージア時代のナンバー

8.Where We Started From

イーグルスのティモシー・B・シュミットと共演

10.Thing Of U (Song 4 Kaitlyn)

娘のケイトリンへ捧げた曲(デヴィッド・べノワのキーボードとエリック・マリエンタルのサックス)

11.Elizabeth

イントロ作品(同じ名前の娘に捧げたナンバー)
..........................................................................................................................
David Pack / Anywhere You Go 【SHM-CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
David Pack / Anywhere You Go 【SHM-CD】 - HMV&BOOKS online 1号店


Secret of Movin on
Peak Records
2005-08-09
David Pack

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Secret of Movin on の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック