ココ・テイラー(Koko Taylor)

ココ・テイラー
(Koko Taylor)
1928年9月28日生まれ
テネシー州メンフィス出身
本名は旧姓で(コーラ・ウォルトン/Cora Walton)
2009年6月3日死去
女性シンガー(ブルース,ゴスペル,R&B),バンドリーダーとして活動。
1964年に初シングル「I Got What It Takes / What Kind Of Man Is This」、1965年にはチェッカーから出した「Wang Dang Doodle/ワン・ダン・ドゥードル」が、ウィリー・ディクソンがハウリン・ウルフに作った曲で、ココ・テイラーはR&B風に仕上げています。これが大ヒット。1969年に初アルバム「Koko Taylor/ココ・テイラー」をリリース。1975年にはアリゲーターに移籍し看板女性歌手として活躍。1988年に交通事故で重症を負いますが、1990年には復活して活動を続けLPも発売。米国ビルボード・ブルース・アルバム.チャートでは、2000年8月12日「Royal Blue」が3位、2007年4月21日「Old School」が11位を記録。また1985年のオムニバス形式アルバム「Blues Explosion/ブルース・エクスプロージョン」では、他5アーティストと共にグラミー賞「Best Traditional Blues Album/最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム賞」を受賞。また映画「ブルースブラザーズ2000」にも出演。とにかくパワフル。1991年、2007年来日しています。
.................................................................................................................................
本作“I Got What It Takes”は、ココ・テイラーの黄金期ともいえるAlligator Records(アリゲーター)から発表した'75年の代表作であり、彼女のシャウトするロッキン・ブルースが満載。アリゲーターに移籍したことで、サウンドがより基本に忠実になり、正統派ブルース・シンガーである彼女の魅力が生かされる結果となった。

1975
Koko Taylor
"I Got What It Takes"(Alligator)
SideA
1.Trying to Make a Living (Pubblico dominio)
2.I Got What It Takes (Willie Dixon)
3.Mama, He Treats Your Daughter Mean(Johnny Wallace, Herb Lance,Charlie Singleton)
4.Voodoo Woman(Koko Taylor)
5.Be What You Want to Be (Koko Taylor, Willie Dixon)
6.Honkey Tonkey(Koko Taylor)
SideB
1.Big Boss Man (Al Smith, Luther Dixon)
2.Blues Never Die (Otis Spann)
3.Find a Fool (Denise Lasalle)
4.Happy Home (Joe Josea)
5.That's Why I'm Crying(Samuel Maghett (Magic Sam))

Producer: Bruce Iglauer, Koko Taylor, Joe Young

Personnel
Koko Taylor - vocals
Mighty Joe Young
Sammy Lawhorn - guitar
Bill Heid - keyboards
Abb Locke - saxophone
Vince Chappelle - drums
Cornelius "Mule" Boyson - bass

I Got What It Takes


Voodoo Woman:


Honky Tonky


Big Boss Man


Blues Never Die(ブルースは二度死ぬ)

..............................................................................................................................
#9 Wang Dang Doodle の世界的ヒットで出世作となったアリゲーターでの1978年発表の2ndアルバム。リトル・ミルトンやアルバート・キングでも有名な 「Walking the Back Streets」 のマイナー・ブルースも良いです。

1978
Koko Taylor
"The Earthshaker"
1. Let the Good Times Roll
2. Spoonful
3. Walking the Back Streets
4. Cut You Loose
5. Hey Bartender
6. I'm a Woman
7. You Can Have My Husband
8. Please Don't Dog Me
9. Wang Dang Doodle

Producers: Bruce Iglauer, Richard McLeese, Koko Taylor.

Koko Taylor - vocals
Pinetop Perkins - keyboards
Sammy Lawhorn - guitar
Abb Locke - saxophone
Johnny B. Moore
Mervyn "Harmonica" Hinds - harmonica
Vince Chappelle - drums
Cornelius "Mule" Boyson - bass

Spoonful


Walking the Back Streets


I' m a Woman


Wang Dang Doodle

........................................................................................................................................

おまけ

Hound Dog (Studio Version)

1993年にアリゲーターレコードアルバム"Force Of Nature"から。Big MaMa Thornton とは若干変えて持ち味を充分発揮
.............................................................................................................................................

【輸入盤CD】Koko Taylor / I Got What It Takes (ココ・テイラー) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】Koko Taylor / I Got What It Takes (ココ・テイラー) - あめりかん・ぱい

【輸入盤CD】Koko Taylor / Earthshaker (ココ・テイラー) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】Koko Taylor / Earthshaker (ココ・テイラー) - あめりかん・ぱい

【輸入盤CD】Koko Taylor / Jump For Joy (ココ・テイラー) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】Koko Taylor / Jump For Joy (ココ・テイラー) - あめりかん・ぱい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント