ゲイリー・ロッシントン(Gary Rossington)-Take It On Faith2016

ゲイリー・ロッシントン
(Gary Rossington)
1951年12月4日生まれ
フロリダ州 ジャクソンビル出身
ギタリスト
レーナード・スキナードの創立メンバーの一人であり、唯一 生存するオリジナル・メンバー。
10代の頃からバンド活動、 ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンに憧れ、直接影響を受けたのは バッドカンパニーのポール・コゾフとモットザフープルのミック・ラルフと云われています。 1964年ロニー・ヴァン・ザント、ゲイリー・ロッシントン、ボブ・バーンズ、アレン・コリンズ、ラリー・ヤンストロムの5名によりレーナード・スキナードを結成。(当時はBob's Backyardというバンド名。レーナード・スキナードは1970年から)
1977年航空機事故でメンバーを失いバンドは解散。 ゲーリー・ ロッシントンは1980年にロッシントン・コリンズ・バンドを結成し2枚のアルバムをリリース。僅か2年で解散。現在は再生レーナード・スキナードとして活動。ゲイリー・ロッシントンは2003年に心臓のバイパス手術を受けており、また2015年10月には重度の心臓発作を起こし、再び心臓手術を受けていた。
.......................................................................................................

2016年、アルバム『Take It On Faith』をリリース
レーナード・スキナードのギタリスト、ゲイリー・ロッシントンが妻のデール・クランツ・ロッシントンと組むデュオアルバム。 ZZトップのビリー・ギボンズ(Billy Gibbons)と共作した「Good Side of Good」ほか12曲入り。プロデュースとエンジニアはデヴィッド・Z(Prince、Etta James、Buddy Guy)が手がけています。

以下メーカー資料より抜粋
「二人でまた何か作品を作るとはまったく考えていなかった。LYNYRD SKYNYRDのショウではいつもミート&グリートをやるんだけど、「いつになったらまた二人の作品が聴けるんだ?」といつもファンから聞かれていたんだ。その時はいつも「予定は全然ないよ」って答えてたんだけど、しばらくするうちにバンド・メンバーからも同じような意見が出始めて...、そこで、LYNYRD SKYNYRDとしての活動が落ち着いたら、ちょっとやってみようか、という事になったのさ。だからこのアルバムは俺達のために作った作品ではなくて、純粋にファンのために作った作品なのさ」 ─ Gary Rossington

2016
Rossington-Take It on Faith:
01. Highway of Love
02. I Should’ve Known
03. Take It On Faith
04. Light A Candle
05. Dance While You’re Cookin’
06. Shame On Me
07. Good Side of Good
08. Through My Eyes
09. Something Fishy
10. Too Many Rainy Days
11. Where Did Love Go
12. Two Very Different Things

参加アーティスト
Gary Rossington – guitar
Dale Rossington – vocals
Jack Holder – guitar
Richie Hayward – drums
Bruce McCabe – piano, keyboards
Delbert McClinton- harmonica
Gary Nicholson – guitar
David Smith – bass
Reese Winans – organ
Kenny Greenburg – guitar overdubs
Michael Rojas – piano
Gordon Mote – piano and B3 overdubs
Shawn Camp – dobro
Bekka Bramlett & Vicki Hampton – additional vocals

Shame On Me


Two Very Different Things


Too Many Rainy Days

........................................................................................................................................

おまけ

Lynyrd Skynyrd の1作目『Lynyrd Skynyrd 』
そしてこのファースト・アルバムは名曲ぞろい。ラストの「フリー・バード/Free Bird」はバンドを代表する名曲。序盤は美しく、後半から激しく高みに上り詰めていく。怒涛のトリプル・ギターは圧巻の一言。
アルバム:米27位、 シングル:Free Bird 米19位、英21位

1973
Lynyrd Skynyrd
Side A
1. I Ain't the One
2. Tuesday's Gone
3. Gimme Three Steps
4. Simple Man

Side B
1. Things Goin' On
2. Mississippi Kid
3. Poison Whiskey
4. Free Bird

Personnel
Ronnie Van Zant – lead vocals
Gary Rossington – lead guitar, rhythm guitar, slide guitar
Allen Collins – lead guitar, rhythm guitar
Ed King – lead guitar, bass
Leon Wilkeson – bass
Bob Burns – drums
Billy Powell – keyboards

Al Kooper (Roosevelt Gook) – bass, Mellotron, back-up harmony, mandolin, bass drum, organ
Robert Nix – drums
Bobbye Hall – percussion
Steve Katz – harmonica

Produced by Al Kooper

Simple Man


Free Bird

...............................................................................................................................................

Take It on Faith
Loud & Proud Records
2016-11-11
Rossington

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Take It on Faith の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




輸入盤 LYNYRD SKYNYRD / PRONOUNCED LEH-NERD SKIN-NERD [LP] - ぐるぐる王国DS 楽天市場店
輸入盤 LYNYRD SKYNYRD / PRONOUNCED LEH-NERD SKIN-NERD [LP] - ぐるぐる王国DS 楽天市場店




Gibson Custom ShopGary Rossington (Lynyrd Skynyrd) 1959 Les Paul Aged 2002年製【中古・USED】【ギブソン】【ゲイリー・ロッシントン 1959 レスポール】 - クロサワミュージックパラダイス
Gibson Custom ShopGary Rossington (Lynyrd Skynyrd) 1959 Les Paul Aged 2002年製【中古・USED】【ギブソン】【ゲイリー・ロッシントン 1959 レスポール】 - クロサワミュージックパラダイス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック