エリック・アンダースン(Eric Andersen)-1970年、1972年、1975年、1973年

エリック・アンダースン
(Eric Andersen )
1943年生まれ
ペンシルヴァニア州ピッツバーグ出身
シンガー・ソングライター
1963年、サンフランシスコのコーヒーハウスでトム・パクストンに見初められて翌年ニューヨークに移り、ボブ・ディランやフィル・オクスらと並んでグリニッジ・ヴィレッジのフォーク・シーンの一員となり、愛や放浪をテーマにした内省的 でロマンティックな作風を貫き後のシンガー・ソングライター・ブームの先鞭をつける。
1965年、ヴァンガードからデビュー・アルバ ム『Today is the Highway』を発表。その後、いくつかのレーベルを移籍しながらも多くの作品を発表。1972年にコロムビアからリリースされた『ブルー・リヴァー』は高い評価を受けるが、アルバム・チャート最高169位までしか上がらなかった。続いて制作されたアルバム『Stages』がマスターテープ消失という憂き目に遭う(91年にようやく発見されて日の目を見た)。80年代にはノルウェーに移住し、その後はアメリカとヨーロッパを往き来しながら活動を継続。90年代には、リック・ダンコ、ヨナス・フィエルとユニットを組み、トリオ名義でのアルバムも2枚発表している。1976年に最初の来日、2005年の日本ツアーでは全国17箇所で公演を行っている。アルバムは1972年「Blue River」, 1991年「Stages: The Lost Album」、1998年「Memory of the Future」、2000年「You Can't Relive The Past」、2002年「Beat Avenue」、2011年「The Cologne Concert - live」などがあります。
.............................................................................................................................................................................

今回、下記の4枚を紹介します。
Eric Andersen (1970)
Blue River (1972)
Be True To You (1975)
Stages: The Lost Album (1991) mostly recorded in 1972-73, with three brand new tracks


資料データーより一部抜粋
69、70年のエリック・アンダースンは、「カナダ版ウッドストック」とも呼ばれる「フェスティバル・エクスプレス」(1970年夏、当時のアメリカのトップ・アーティスト達がカナダ各地を列車でサーキットしたフェスティバル・ツアー)にも出演。ザ・バンド、グレイトフル・デッド、フライング・ブリトー・ブラザーズら多くのミュージシャンとの共演や親交で、それまでのオーセンティック・フォーク一辺倒の姿勢から脱却し、よりヴァラエティと機知に富んだサウンドを模索し、吸収していた時代にいた
................................................................................................................................

古巣VanguardからWarnerに籍を移し1970年の『Eric Andersen』では、「Don't Leave Me Here for Dead」、「She Touched Me」、「I Was the Rebel」など、カントリー・ロック/フォーク・ロックとの接近をはかったナンバーがずらりと並ぶ。

1970
Eric Andersen
"Eric Andersen "
Side1
1. Don't Leave Me Here For Dead
2. It Wasn't a Lie
3. Sign of a Desperate Man
4. I Will Wait
5. What is It Like To Be Free?

Side2
1. She Touched Me
2. Lie With Me
3. I Was the Rebel (She Was the Cause)
4. Secrets
5. Go Now, Deborah

Paul Tannen/ producer

Eric Andersen/ guitar, piano, vocals, writer
Norbert Putnam/ bass
Kenny Buttrey/ drums
Charlie McCoy/ guitar
Andy Johnson/ guitar
Weldon Myrick/ steel guitar
Paul Harris/ piano, string arrangements, horn arrangements
David Briggs/ piano
Debbie Green/ piano
Hurshel's Group/ backing vocals

I Will Wait


Sign of a Desperate Man


Go Now, Deborah


.....................................................................................................................................................................


1972年、コロンビア移籍後の最初の作品で永久のマスト・アイテムと言える「Blue River」でさえ、アルバム・チャート最高169位までしか上がらなかった。

1972
"Blue River"
1. Is It Really Love at All
2. Pearl's Goodtime Blues
3. Wind and Sand
4. Faithful
5. Blue River
6. Florentine
7. Sheila
8. More Often Than Not
9. Round the Bend

Eric Andersen - acoustic guitar, electric guitar, piano, harmonica, vocals
David Bromberg - dobro, acoustic guitar
Andy Johnson - electric guitar, acoustic guitar, vibraphone, background vocals
David Briggs - organ, keyboards, celeste
Weldon Myrick - steel guitar
Norbert Putnam - bass
Glen Spreen - organ, harpsichord, keyboards, woodwinds
Eddie Hinton - acoustic guitar, electric guitar
Grady Martin - gut string guitar, acoustic guitar
Kevin Kelly - accordion
Mark Sporer - bass
Kenneth Buttrey - drums, percussion, tambourine
Jim McKevitt - drums
Rick Shlosser - drums
Deborah Andersen - piano, background vocals
Joni Mitchell - vocals, background vocals
Farrell Morris - vibraphone, background vocals
Jerry Carrigan - percussion
Millie Kirkham - background vocals
Sonja Montgomery - background vocals
Laverna Moore - background vocals
Florence Warner - background vocals
Temple Riser - background vocals
The Jordanaires - background vocals
The Holidays - background vocals

Producer: Norbert Putnam

Is It Really Love at All


Wind and Sand


Blue River

Joni Mitchell (vocals, background vocals)

...........................................................................................................................................

1975年にリリースしたアリスタ移籍第1弾アルバム。ジャクソン・ブラウン、ジョニ・ミッチェル、マリア・マルダー、ジェニファー・ウォーンズ、トム・スコットら豪華ゲストを迎えた作品。

(1975)
Eric Andersen
"Be True To You"
A1 Moonchild River Song
A2 Be True to You
A3 Wild Crow Blues
A4 Ol' 55
A5 Time Run Like a Fright Train
B1 Liza, Light the Candle
B2 Woman, She Was Gentle
B3 Can't Get You Out of My Life
B4 The Blues Keep Fallin' Like the Train
B5 Love Is Just a Game

Eric Andersen/ acoustic guitar, 12 string guitar, harmonica, fender rhodes, vocals, backing vocals, illustration, writer, producer
John Guerin/ drums
Russ Kunkel/ drums
Scott Edwards/ bass
Dean Parks/ electric guitar
Tom Hensley/ piano
Howard Emerson/ acoustic guitar, Dobro
Gary Coleman/ percussion
Tom Scott/ tenor saxophone
Tom Sellers/ producer, arranger, Clavinet
Jennifer Warren/ backing vocals
Andy Robinson/ backing vocals
Ginger Blake/ backing vocals
Maxine Willard Waters/ backing vocals
Julia Tillman Waters/ backing vocals
Doug Haywood/ backing vocals
Jackson Browne/ backing vocals
Herb Pedersen/ backing vocals
Mike Condello/ backing vocals
Deborah Andersen/ backing vocals
Joni Mitchell/ backing vocals
Ray Buckwich/ backing vocals
Orwin Middleton/ backing vocals
Maria Muldaur/ backing vocals
Emanuel Moss/ concertmaster, 1st violin

Be True to You


Ol' 55


Time Run Like a Fright Train


Moonchild River Song

..............................................................................................................................................

『Stages』がマスターテープ消失という憂き目に遭う(91年にようやく発見されて日の目を見た)。CBSからのリリース第二弾になる予定だったライブアルバムだが、マスターテープの紛失によってリリース不可となった。その後、1991年にマスターテープが発見された事でリリースが実現した。 ゲストに、ジョーン・バエズ、レオン・ラッセル、ダン・フォーゲルバーグなど

1991(1973年録音)
Eric Andersen
"Stages: The Lost Album "
1 Baby, I'm Lonesome
2 Moonchild River Song
3 Can't Get You Out of My Life
4 Woman, She Was Gentle
5 Time Run Like a Freight Train
6 It's Been a Long Time
7 Wild Crow Blues
8 Be True to You
9 I Love to Sing My Ballad, Mama (But They Only Wanna Hear Me Rock and Roll)
10 Dream to Rimbaud
11 Make It Last (Angel in the Wind)
12 Lie With Me
13 Soul of My Song

Personnel
Eric Andersen - acoustic guitar, electric guitar, piano, harmonica, vocals
Andy Johnson - acoustic guitar
Leon Russell - organ, piano, guitar
David Briggs - piano, Hammond organ, clavinet
Rick Danko - bass guitar, background vocals
Garth Hudson - accordion
Pete Drake - steel guitar
Weldon Myrick - pedal steel guitar
Norbert Putnam - upright bass, cello
Eddie Hinton - acoustic guitar
Grady Martin - gut string guitar, acoustic guitar
Joe Spivey - acoustic guitar, fiddle
Kenny Malone - drums, percussion
Kenneth Buttrey - drums
Deborah Andersen - piano, background vocals
Farrell Morris - percussion
Steve Addabbo - synthesizer
Eric Bazilian - mandolin, concertina, background vocals
Tommy Cosgrove - bass guitar
Teddy Irwin - acoustic guitar
Mike Leech - bass
Charlie McCoy - percussion
Andy Newmark - drums
Willie Nile - electric guitar
Troy Seals - electric guitar
Glen Spreen - Hammond organ
Reggie Young - electric guitar
Jonas Fjeld - acoustic guitar, electric piano
Dan Fogelberg - background vocals
Joan Baez - background vocals
Shawn Colvin - background vocals
Florence Warner - background vocals

Can't Get You Out of My Life


................................................................................................................................

Eric Andersen
Dbk Works
2008-01-22
Eric Andersen

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Eric Andersen の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブルー・リバー
ソニー・ミュージックレコーズ
1989-09-01
エリック・アンダースン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブルー・リバー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



愛と放浪の日々
SMJ
2016-09-07
エリック・アンダースン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 愛と放浪の日々 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Stages: The Lost Album
Sony
1991-04-23
Eric Andersen

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Stages: The Lost Album の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック